寒天はエクオール産生菌を増やし、がん予防、便秘、美肌、ダイエット効果!



2017/5/15に放送されたテレビ東京系「主治医が見つかる診療所」では、

腸内環境を改善して、乳がんや前立腺がんなどの病気を予防して、

 

便秘解消やダイエット効果もある腸内細菌の1つである

エクオール産生菌」が「若返り菌」として、

紹介されています。

 

解説をしてくれたのは、微生物に詳しい、

理化学研究所の辨野義己(べんのよしみ)先生です。

 

がんを予防してダイエットにもつながる「若返り菌」を

腸内で増やすために、寒天を利用した

方法が紹介されています。

 

 

エクオール産生菌は若返り菌として、主治医が見つかる診療所で紹介!がん予防、便秘、美肌に効果?

主治医が見つかる診療所で「エクオール産生菌」=「若返り菌」が注目されたのは、

浜松市にある松田病院での取り組みです。

 

便秘に悩む患者さんに対して腸内フローラの状況を改善するために、

松田病院の河上医師は患者さんの「エクオール産生菌」の比率に注目をし、

 

「エクオール産生菌」の比率を高めることで、

便秘を改善するアドバイスをし、

 

結果的には便秘が改善するだけではなく、

肌荒れなどのトラブルも解消する効果が

患者さんの実感として確認されています。

 

また、「エクオール産生菌」は

乳がんや前立腺がんを抑制することも

紹介されています。

 

そして、便秘気味で困っている患者さんに対して、

揚げ物を控えるようなど個別に食事のとり方を助言する中で、

 

食べずにいられない人が多い状況を踏まえて、

食べて腸内フローラを改善する方法として、

寒天を食べてもらうようにしていることが

紹介されています。

 

参考記事⇒福田真嗣説ではダイエットの鍵は腸内フローラであり糖質制限ではない?

 

寒天にダイエット効果も!

主治医が見つかる診療所では、長寿県である長野県は

寒天の生産が日本一であることが紹介されました。

 

長野県諏訪市で糸寒天を生産する生産者さんは、

水で戻しただけの糸寒天を味噌汁などに入れるなどして、

20年間寒天を食べ続けて

 

20キログラムのダイエットを成功させていることも

あわせて紹介されました。

 

沢田亜矢子はエクオール産生菌を2倍に増やしたのは寒天!

沢田亜矢子さんは、腸内フローラを検査した所、

若返り菌であるエクオール産生菌の比率が

 

日本人の平均と比較して半分程度であることが指摘されていました。

 

実験的に寒天を5日間毎日食べることを日課にして

再度、腸内フローラを検査したところ、

 

エクオール産生菌が寒天を食べ始める前と比較して

2倍になったことがデータとして示されました。

 

このことからわかるのは、寒天を食べることで、

若返り菌=エクオール産生菌を増やすことができるということです。

 

更に、辨野義己先生は、長寿菌と呼ばれるビフィズス菌の比率も

増えていたということを指摘していました。

 

善玉菌を増やすという意味において、

寒天を継続して食べることには

意味がありそうです。

 

特に、便秘気味の人や下腹部の張りが気になる人は

腸内環境が良くない可能性が高いので、

 

寒天を試してみる価値はあります。

 

沢田亜矢子さんが寒天を作る方法は非常に簡単で、

毎日2gの粉寒天を溶かして寒天を作り、

レシピを考えて寒天を食事に取り入れるだけです。

 

 

沢田亜矢子さんが便秘に苦しんでいたなどの情報はありませんけれども、

エクオール産生菌を増やし、腸内フローラを改善することは

がん予防にもつながりますので非常に意味のある改善です。

 

エクオール産生菌を増やす方法まとめ

 

若返り菌と呼ばれるエクオール産生菌を増やすには、

毎日寒天を食べることです。

 

また、大豆製品はエクオールを作る原料にもなるので

食べたほうがいい食材です。

 

また、辨野義己先生の著書「100歳まで元気な人はなにを食べているか?」

という著書も非常に参考になります。

 

人間の健康は腸が決定しているといってもいいくらいに

重要性が認識されています。

 

健康寿命を延ばす意味でも是非、辨野義己先生の本で

紹介されている食材を一つでも多く取り入れていきたいものです。

 

エクオールを作り出せない人もいる?

沢田亜矢子さんの場合には寒天を食べることでエクオール産生菌を

増やすことができました。(エクオールを生産する能力が増えた)

 

しかし、必ずしも、全員が寒天を食べてエクオール産生菌が増え、

腸内環境が改善するとは限りません。

 

参考記事⇒エクオールを納豆で増やす秋田は乳がんとシワが少ない美肌県?

 

エクオールを生産できるとされる日本人は50%であるということが

わかっています。

 

寒天を食べても、下腹部の張りや便秘が解消しないなど、

すっきり感が実感できないときには、

自力でエクオールを増やせていないかもしれません。

 

自力でエクオールを増やせない人には、大塚製薬 エクエル 112粒などのように、

大手製薬メーカーが製造販売する

エクオールのサプリメントがあります。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ