小林麻央 乳がんの原因は遺伝子「Nrk」と関連か?妊娠で乳腺の過剰発達でがん化!



小林麻央さんは乳がんの発見が遅れた原因に、

授乳中のしこりが、実はがん化していることに

気が付かなかったことにあります。

 

実は、妊娠中に乳腺が過剰に発達すると

がん化して乳がんになる人もいることが分かっています。

 

東工大では、X染色体にある遺伝子「Nrk」を欠損させた妊娠後のマウスの乳腺に

時々こぶができることに注目して、

 

Nrk遺伝子からつくられる酵素が乳腺のがん化を

抑制することを発見しました。

 

小林麻央さんの乳がんの原因はNrk遺伝子からつくられる酵素が関連していたということは

断言できませんが、

 

症状としては、東工大の研究結果に似ているように

見受けられます。

 

小林麻央は乳腺炎を発症していた!妊娠中の乳がん発症リスクに注意!

小林麻央さんが乳がんを発見したのは、

出産後の授乳していた時期です。

 

そして、麻央さんはブログで乳腺炎を発症していたことも、

明かしています。

 

妊娠中に乳腺が過剰に発達するときにがん化する場合があることも

わかっているので、

 

妊娠中の女性でしこりがあるなどのときは

注意が必要になります。

 

⇒小林麻央 授乳中の乳腺炎は悪性はないが乳がんの原因にも?
もご参照ください。

 

小林麻央 遺伝子検査で乳がんの原因は遺伝性ではないとブログで公表!

若年性の乳がんといえば、遺伝性の乳がんが疑われます。

麻央さんの母親も乳がんを患っていることから、

 

母親からの遺伝性乳がんではと想像する人も多かったでしょうけれども、

麻央さんは遺伝子検査をした結果として、

 

遺伝性乳がんではないということを

ブログで明らかにしています。

 

遺伝子検査では、BRCA1遺伝子やBRCA2遺伝子に

変異があるかどうかを調べます。

 

⇒急増する乳がん予防には食事や食べ物が大切か?小林麻央 遺伝子検査で陰性!
もご参照ください。

 

遺伝子検査で陰性なのに妊娠直後に乳がんを発症する

原因が突き止められようとしています。

小林麻央 遺伝性のガンではないとの結果も、Nrk遺伝子からつくられる酵素が不足したのか?

女性のがんで最も多い乳がんの発症を抑える遺伝子を

マウス実験で突き止めたと、

東京工業大などの研究チームが発表した。

この遺伝子が働かないマウスは妊娠・出産後に

高い割合でがんを発症した。

同じ機能を持つ遺伝子は人にもあり、乳がんを発症する仕組みの解明や

治療などにつながる可能性があるという。

 同大の駒田雅之教授(細胞生物学)らは、

性別にかかわるX染色体にある遺伝子「Nrk」を欠損させた

妊娠後のマウスの乳腺に時々こぶができることに注目。

乳腺は妊娠すると母乳をつくるために急速に発達し、

通常はある程度の段階で成長が止まるが、

過剰に発達するとがん化につながる。

Nrk遺伝子からつくられる酵素との関連を調べた。

 酵素をつくれない変異マウスと通常のマウスをそれぞれ繰り返し妊娠・出産させ、

15カ月間飼育した。

変異マウスは10匹中9匹で乳腺にがんができたが、

通常のマウスは10匹中1匹だった。

変異マウスでも妊娠させなかった場合はがんができず、

この酵素が妊娠したマウスで乳腺のがん化を

抑制する働きがあるとわかった。

 駒田さんは「今後、酵素が乳腺の過剰な発達を防ぐ仕組みも解明したい」

と話している。

出典:乳がん発症を抑える遺伝子発見 東工大などマウス実験 朝日新聞社

 

乳がんの発症を抑える酵素の発見は今後の、

乳がん予防や、妊娠直後の乳がん予防に役立つ可能性が

でてきました。

 

小林麻央 乳腺ががん化して、乳がん発症は予防できなかった原因は?

小林麻央さんが当初、再検査した先生から乳がんの心配はないと

されたしこりですが、

 

今の医療では、乳腺の過剰な発達ががん化することは

経験上知られていても、

 

特定の遺伝子からでる酵素との関連があることまでは、

知られていなかったということが、

東工大の研究成果からも理解できます。

 

また、現時点では、乳腺の過剰な発達による

がん化を抑制する薬や医療技術も

 

確立されてないといことも

わかります。

 

よい抗がん剤の開発も重要ですけれども、

乳がんの予防技術はもっと重要です。

 

東工大の研究が一早く実用化されることを

期待します。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析