小林麻央 抗がん剤タキソールに効果は?オートファジーでがん細胞は生存か?



小林麻央さんはステージ4でも奇跡を起こしたい、復活をしたいと

先生に心の叫びを伝えたとブログで語っています。

 

現在、抗がん剤タキソールなどを利用してがんを攻撃する

治療をおこなっているようなのですけれども、

 

簡単に、がん細胞が死滅しない理由は、

ノーベル生理医学賞を受賞した大隅良典教授が発見した、

オートファジーの仕組みに関連がありました。

 

従来の抗がん剤でがん細胞を完全に死滅させれれないのは、

なぜなのでしょうか?

 

逆に、オートファージを活用して、乳がんを予防するにはどうしたらよいのでしょうか?

 

 

小林麻央 抗がん剤タキソールでなぜ、がんが消滅しないのか?オートファジーに理由が!

関心が高まっているのががんとの関係だ。

オートファジーはがん細胞の増殖を助けてしまうことが

以前から指摘されている。

抗がん剤を投与すると、がん細胞は急激な栄養不足に襲われるが、

内部でオートファジーが起こり、

不要なタンパク質などを食べて生き延びてしまうのだ。

出典:「オートファジー」 医療への応用研究進む 神経疾患、がん治療に期待

 

小林麻央さんは、頭の毛や眉毛が抜けてしまうような

副作用にも耐えながら、タキソールなどの抗がん剤を利用して、

 

がん細胞を攻撃しているのですが、

がん細胞は抗がん剤の投与によって、

絶食状況にさらされると、

 

がん細胞がオートファジーという仕組みを活用して、

不要なたんぱく質を栄養源にして生き延びてしまうからです。

 

酵母から、人間に至るまで、あらゆる細胞は、

飢餓状況になったときに、

 

オートファジーという仕組みが働いてしまうのは、

がん細胞でも例外ではないことが分かります。

 

アメリカでは、がん細胞がオートファジーを阻害する抗がん剤の臨床試験も!

がん細胞がオートファジーで生き延びることができなくなれば、

がん細胞が消滅する可能性があります。

 

米国では「オートファジー阻害剤」でがんを治療する臨床試験が

既に数十例行われているといいます。

 

早期に実用化されれば、がん患者さんの

がん細胞が消滅して奇跡が起きる可能性が高まります。

 

大隅教授がノーベル賞を受賞した意味は

大きいことが分かりますね。

乳がんを予防するには、絶食でオートファジーを活用することではない!

大隅氏に師事した大阪大の吉森保特別教授らは25年、

細胞内にオートファジーを促進する物質と抑制する物質があり、

これらのバランスが崩れると、

がんなどの発症につながることを突き止めた。

出典:「オートファジー」 医療への応用研究進む 神経疾患、がん治療に期待

 

オートファジーは飢餓状況で起こるのではなく、定期的に

細胞の不要になったたんぱく質を食べることで、

細胞をきれいに大掃除してくれているとう側面があります。

 

だからといって、絶食や断食がいいというわけでもありません。

過度な栄養不足が、細胞内に異常なたんぱく質を増加させてしまい、

 

アルツハイマー病を発症させるリスクが高まるという

研究もあるからです。

 

吉森教授の研究結果にあるように、バランスの問題なのでしょう。

過食をしたり、常に満腹感がある状況では、

オートファジーが活発に機能しません。

 

飢餓状況ではオートファジーが活性化するとは言っても、

栄養不足がもたらすマイナス要因もあるので、

 

結論としては腹八分で、空腹を覚えたら

食べるというバランスが大切なのでしょう。

 

免疫療法であるオプジーボについては、

⇒小林麻央 奇跡を信じる根拠にオプジーボの存在か?

もご参照ください。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析