島根県益田市「匹見わさび」は葵屋でお取り寄せが可能!人生の楽園でも匹見町が紹介!



テレビ朝日「人生の楽園」でも紹介された、

島根県益田市の山奥で栽培される「匹見わさび

が満天☆青空レストランでも紹介されます。

 

「匹見わさび」の名前の由来は、

島根県益田市匹見町という地域で栽培されることから

由来しています。

 

ワサビ加工場『葵屋』が栽培する「匹見わさび」は

なんと標高1000mの山奥であることで、

 

非常に空気と水がきれいなことも

おいしさの秘密になっているのです。

 

匹見わさびのお取り寄せ先についても

紹介していきます。

 

 

島根県益田市に移住しワサビ加工場『葵屋』の「匹見わさび」が人生の楽園でも紹介された!

京都から単身移住し、ワサビ栽培を始めた安藤達夫さん(50歳)が主人公です。

匹見町には達夫さんは鮎釣りで訪れたことがありました。

その匹見町が、かつてワサビの名産地だったことを知りました。

そしてワサビの講習会に参加しているうちに、新規就農を決意。

仕事をしている妻の久美子さんは京都に残ることになり、

単身移住になりました。

そして2009年10月、ワサビ加工場『葵屋』を始めました。

伝統の“匹見ワサビ”復活を目指す安藤達夫さんを紹介します。

『葵屋』には達夫さんを手伝う“相棒”がいます。

ワサビの講習会で出会った木暮貴之さん(38歳)です。

ふたりは標高1000メートルの山の上に茂る畑ワサビを収穫します。

そのときは、地元のお母さんたちも手伝いに来ます。畑ワサビは主に加工用で、

練りワサビなどに適しています。また達夫さんと木暮さんは、谷ワサビも育て始めました。

水分を吸い上げ、常に湿っている特性を生かし、

粉砕した瓦をワサビ田に敷き詰め栽培します。

ふたりは“匹見ワサビ”の復活を目指しながら、地域の活性化を願っています。

出典:葉月の伍 島根・益田市~単身移住でワサビ栽培~

 

「匹見わさび」の美味しさの秘密は、標高1000mの場所にありますね。

生活排水とは無縁の場所で水が澄んでいます。

 

満天☆青空レストランで島根県益田市「匹見わさび」が紹介される!

青空レストランでも、江戸時代後期から生産される匹見町の「わさび」は、

山の谷間の渓流に育つ超一級品として、匹見わさびが紹介されます。

 

さわやかな辛味を持つ「匹見わさび」で作られる料理として、

鶏わさ

とろろわさび

わさびご飯

 

などの絶品料理も紹介されます。

 

さらに島根の大人気ソウルフード「赤てん」も紹介されます。

「匹見わさび」のお取り寄せが可能な『葵屋』問い合わせ先情報は?

匹見わさびのお取り寄せ先や問い合わせ先は次の通りです。

基本は業務用で販売していますが、

個人での購入もOKです。

 

問い合わせ先:葵屋(あおいや)

住所:島根県益田市匹見町紙祖イ262

電話:0856-56-1411

営業時間:午前8時30分~午後5時30分

定休日:日曜

商品名:ワサビペースト、冷凍花ワサビ、冷凍葉ワサビ、花ワサビしょう油漬け

価格や送料については直接お問い合わせください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析