小林麻央 オプジーボで肺と骨に転移した乳がんが消える可能性が!



小林麻央さんが自身のブログで、さらりと、

乳がんに転移していることを公開しています。

 

脇の下だけではなく、肺や骨にまで転移する段階では、

ガンの進行をしめすステージは

 

ステージ4の段階にあることになるので、

末期的な状況に近づいているという

悲観的な解釈もできるのです。

 

専門家の見方としては、末期がんの抗がん剤治療は、治癒を目指すものではなく、

延命治療だという常識があります。

 

麻央さんが利用しているとブログで紹介された

タキソールという抗がん剤のような昔からある

抗がん剤ではなく、

 

小野薬品が開発したオプジーボの投与によって、

がん細胞が消滅して、

がんが治ったのか?と思われるような症例も出ているのです。

 

オプジーボが乳がんの抗がん剤として承認される日は

来るのでしょうか?

 

また小林麻央さんのように乳がんが骨まで転移したケースでも

オプジーボでがん細胞が消滅するようなことがあるのでしょうか?

 

小林麻央 肺と骨まで転移した乳がんで延命治療という悲観論に包まれている!

小林麻央さんのネタは女性自身が強いのですけれども、

最近発売された、女性自身でも、

 

専門医の推測として、

小林麻央さんの肺と骨まで転移した乳がんの病状について、

がんの進行を遅らせる手法で、

現状は、延命治療が行われているのではないか?

 

という趣旨の記事が掲載されていました。

 

骨まで転移した乳がん患者にとってはがんが消滅するのは夢?延命治療しかないのか?

女性自身で解説をした医師のコメントしては、

骨まで転移した患者さんでも10年以上生きる場合があるので、

 

麻央さんも希望を捨てないでほしいと

治癒しないまでも、長生きできる可能性を示唆していました。

 

世間全般に麻央さんの病状は深刻で、楽観視する見方より、

悲観的に見る傾向があるのは否めません。

 

医師は、骨まで転移してもがんが消滅することがあるとは

コメントしていませんでした。

 

希望は本当にないのでしょうか?

 

骨まで転移した乳がんにオプジーボの適用はまだ!非小細胞肺がんには適用がある!

小野薬品が開発した抗がん剤オプジーボは、

現在、適応すると承認されているのは、

次のがんです。

 

  • 悪性黒色腫
  • 非小細胞肺癌
  • 腎細胞癌

 

麻央さんが肺に転移しているといわれているのですが、

非小細胞肺がん(腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん)

 

に該当するようなら、

オプジーボの適用の可能性はありえるのではないでしょうか?

 

オプジーボの投与で、骨まで転移した乳がんでがんが消滅する可能性は?実例はあるのか?

オプジーボがいかに優れた抗がん剤であるのかは、

オプジーボの薬の仕組みにあります。

 

がん細胞は免疫細胞の攻撃から身を守るために、

PD-1と免疫細胞を結合させて、

 

免疫細胞を不活性化してしまうことが

本庶佑教授によって発見されました。

 

オプジーボはがん細胞が免疫細胞から逃れるための

チェックポイントシグナルPD-1を抑制して、

 

免疫細胞を活性化して、がん細胞を攻撃する

仕組みであることが優れていて、これまでの

抗がん剤にはなかった新薬です。

 

この仕組みについては、どのガンにも効果がありそうにも

思えるのですけれども、正式に、

 

厚生労働省から医薬品として承認をうけるには、

製薬メーカーが臨床試験を行い、

 

これまでの抗がん剤と比較して明らかに、

治療効果があることを証明する必要があります。

 

2016年9月時点では、頭頸部がんの臨床試験フェーズⅢが終了して、

申請段階に入っています。

 

現在のオプジーボの臨床試験の対象とは?今後、乳がんで臨床試験フェーズⅢをクリアする可能性は?

現在、小野薬品がオプジーボの承認を受けるために、

臨床試験を進めているのは、次のような

種類のがんになります。

 

  1. 胃がん(フェーズⅢ)
  2. 食道がん (フェーズⅢ)
  3. 小細胞肺がん (フェーズⅢ)
  4. 肝細胞がん(フェーズⅢ)
  5. 膠芽腫 (フェーズⅢ)
  6. 尿路上皮がん(フェーズⅢ)
  7. 卵巣がん (フェーズⅡ)
  8. 固形がん(子宮頸がん、子宮体がん及び軟部肉腫) (フェーズⅡ)
  9. 悪性胸膜中皮腫 (フェーズⅡ)
  10. ウィルス陽性・陰性固形がん (フェーズ Ⅰ/Ⅱ)
  11. 胆道がん(フェーズ Ⅰ)

 

以上の11種類が現状での臨床試験中の

ガン種類になります。

 

臨床試験を行うのは、有効性が高いもの、

承認が得られる見通しが高い確率があると

思われるものから着手するはずです。

 

乳がんの臨床試験が行われている

というIRは小野薬品からはまだありません。

 

今後には期待したいところです。

 

どうしても乳がんでオプジーボを利用したい時は

国が承認していなくても、医師が認めれば、

オプジーボを自由診療という形式で投与を受けることができます。

 

そして、現実に医療機関のHPを見てみると、

乳がんの患者で骨まで転移したがんが

 

オプジーボの投与で消滅している画像などが

公開されている事例もありました。

 

非常にまれなケースなのかもしれませんけれども、

麻央さんにも、ステージ4から、がんが消滅したという

夢のような逆転劇が待ち受けているのかもしれないのです。

オプジーボのライバルメルク社「キートルーダ」は乳がんの臨床試験で先行か?

米製薬大手のメルクは侵攻性乳がんの女性患者を対象とした

「キートルーダ」(一般名:ペンブロリズマブ)の小規模の臨床試験(治験)で、

患者全体の18.5%で腫瘍が縮小したと明らかにした。

乳がんを免疫療法で治療する可能性を示している

出典:メルクの「キートルーダ」、乳がんの腫瘍を縮小

 

日本国内でも、米メルク社が小野薬品のオプジーボと同じ仕組みで作られた、

抗がん剤「キートルーダ」の臨床試験では、

 

乳がんで先行している状況です。

 

乳がんで、保険がつかえない高額な費用になっても

夢の新薬を試してみたいという方は

 

副作用をしっかりとコントロールできる

専門的な知識がある特定の病院で、

投与を受けることは可能です。

 

費用については、

⇒森喜朗元首相は肺がんを抗がん剤オプジーボで克服か?1回200万円する?
をご参照ください。

 

麻央さんや乳がんで苦しむ人たちで、

肺や骨に転移したがんが消滅するように、

蔭ならが、願っています。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析