小林麻央 米飯の食欲に注意!ステージ4だった樹木希林さんの食事療法とは?



小林麻央さんは、肺や骨への転移もあることを

ブログで明かしているのですが、

読者の皆さんはとても心配になったのではないでしょうか?

 

麻央さんは心配をかけまいと、ご自身が食欲が旺盛であることも

報告してくれています。

 

抗がん剤タキソールの服用でがん細胞と闘っているのですけれども、

薬だけで戦うのではなく、

 

がん細胞に過剰に糖分などの栄養分を与えないことも、

大切な食事のとり方になります。

 

乳がんの再発で全身ガン(ステージ4)でも元気な樹木希林さんの

食事療法は参考になります。

 

小林麻央 ブログでご飯の食欲を語る!でも、がん細胞による食欲増大に注意を

米飯を 小 にされていました。

がーん。
大 を希望しよう!

私の取り柄は、
食欲です。皆様、安心してください(*^.^*)

出典:気づいたこと

麻央さんは、米飯が小にされたことで、

大を希望するというのですけれども、

 

麻央さんの食欲はがん細胞にコントロールされているものかもしれないのです。

 

がん患者さんの特徴として、アイスクリームなどの

甘いもの(糖分)が食べたくなるという

衝動があるといいます。

 

がん細胞は糖分がある部分に集中する傾向があって、

一般の細胞よりもエネルギーを多く消費して

増殖をしようとする傾向があるというのです。

 

亡くなった大橋巨泉さんもPET検査を受診した経験を語ったときに、

がん細胞は普通の細胞の7~8倍ものブドウ糖を取り込む性質を利用したものだと

語っていたことがあります。

 

つまり、麻央さんが、米飯を多く食べたいという食欲は、

ご飯が、消化吸収されブドウ糖へ変化して

 

がん細胞に取り込まれるための栄養分を欲しているからという

裏返しとも解釈できるのです。

 

個人的には、糖質ダイエットは賛成ではないのですけれども、

がん細胞と闘う麻央さんには、

 

意識的に、糖質は少なめにする方が、

がん細胞を元気にしなくて済むのです。

 

小林麻央 がん細胞に操られてはいけない!

シロップをかけて、
甘〜く。

食事療法をしていた時期もありますが、
今は、ある期間したりしなかったり、

自分を甘やかしながら。

そんな日は、

甘ちゃん、最高!!
わたし、今日は最高!!

って、自分を大いに許して言います。

出典:喜び

麻央さんの朝食を紹介したブログです。

 

甘いものはがんにかかってなくても、好きな人は大好き。

特に女性はそうかもしれませんね。

 

麻央さんが食べているのは病院食ですから、

実際には問題はないのでしょうけれども、

 

甘いものが食べたいという衝動や

食べたときの喜びは、

 

がん細胞が抗がん剤との戦いに勝つために、

操っているかもしれないのです。

 

がん細胞に負けないための作戦の1つは、

甘いものを食べる喜びを断つことかもしれませんよ。

 

ステージ4(全身ガン)だった樹木希林さんの食事療法を!

樹木希林さんは2004年1月に乳がんであることが発表されています。

 

その後、乳がんが再発して、ご本人曰く「全身ガン」だと発表しています。

 

全身ガンという状況は、乳がんからスタートして、

がん細胞が他の臓器などへ転移した状態(ステージ4)であった

という風にも解釈ができます。

 

樹木希林さんは、特殊な放射線治療を受けるために、

九州の「UMSオンコロジークリニック」という

病院へ通院したりもしているのですが、

 

食事の仕方についても非常に独特です。

 

樹木希林のガン克服法は激ヤセと食事の取り方!

もご参照ください。

 

樹木希林さんは、一時、痩せたと噂されたのですけれども、

全身ガンを治療するためにも、

 

体調を整える意味で、

敢えて、ダイエットしたのではないかと思われるのです。

 

効果的なダイエット法については、

⇒夏に簡単に5kg痩せ下腹部をダイエットする食事方法とは?玄米で便秘も解消!

をご参照ください。

 

小林麻央 ステージ4でも樹木希林と同様、楽観的?

この時点では、
まだ脇のリンパ節転移のみだった。
(その後、現在肺や骨などに転移あり)

出典:告知日

当初は、脇のリンパ節転移だけであったのが、

現在は、肺や、骨への転移があることを勇気をもって

ブログで告白した記事です。

 

ステージ4と推測される深刻な状況にもかかわらず、

麻央さんは、食欲を自虐的にブログで公開するあたりは、

強さを感じますね。

 

麻央さんは窮地に立たされても、楽観的で、自分を傍観者でいられる

強さは樹木希林さんと似ていますね。

 

がんは完治することがない病気です。

 

また、乳がんは初期の段階でも全身にがん細胞が飛び散っている

可能性があるので早期発見でも油断はできないです。

 

⇒小林麻央 乳腺炎は炎症性乳がんの可能性?誤診しやすく早期発見でもステージ3?
をご参照ください。

 

諦めるということではなく、

樹木希林さんのように、病気を受け入れて、

楽観的に生きるのががんに負けない秘訣なのでしょうか?

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析