長野県茅野市 高原野菜「いしい農園」がテレビで紹介!蓼科高原で作ったカレーの素材は?



カレーといえば鶏肉や豚肉または牛肉

を使うのが常識ですけれども、

 

「ごはんジャパン」では、長野県蓼科高原高原野菜だけを

使ってカレーを作る様子が紹介されます。

 

長野県茅野市にある 「いしい農園」でシェフはどんな高原野菜

を素材として「リゾートホテル蓼科」の厨房でカレーをつくったのでしょうか?

 

 

長野県茅野市 高原野菜「いしい農園」が「ごはんジャパン」で紹介!

今回は、世界的に名高いフレンチの匠・吉野 建シェフと

大相撲の元大関・把瑠都さんが極上のカレー作りに挑戦。

シェフが目指すのは、肉を使わずに野菜だけで作る、究極の“野菜カレー”。

そのカレーに使う高原野菜を求めて、長野・蓼科高原を訪れる。

2人が訪ねたのは、蓼科高原野菜の“匠”、石井孝樹さんと妻の裕子さん。

江戸時代から600年続く農家の14代目で、

標高1200メートルにある、約2400坪にもおよぶ畑では、

シーズン(5~10月)を通して

140~150種類ほどの高原野菜を作っているという。

出典:『高原野菜を使ったカレー』ロケ地:長野県茅野市

 

蓼科高原で、高原野菜を作っているのが、「いしい農園」です。

 

蓼科高原「いしい農園」 問い合わせ先

会社名: 株式会社いしいナーセリー

農園名: 八ヶ岳奥たてしな農場 いしい農園

所在地: 長野県茅野市湖東白井出尾根2183-1

電 話: 0266-71-6260

FAX :0266-71-6261

 

千葉県市川市にも14代続く「いしい農園」がありますが、

こちらは息子さんが運営しています。

 

カレーを調理した場所は、リゾートホテル蓼科の厨房

ホテル名:リゾートホテル蓼科

住所:長野県茅野市北山4035

地図:

TEL:0266-67-2626

FAX:0266-67-2632

 

高原野菜「いしい農園」でカレーの素材にしたものとは?

リゾートホテル蓼科で、肉を使わないカレーが調理されましたけれども、

いしい農園を中心に調達された野菜は23種類。

 

コリンキー

黒皮栗カボチャ

夕顔

ミニトマト

米ナス

黒秀ナス

カラーニンジン

ジャンボピーマン

キュウリ

紅芯大根

ハラペーニョ

玉ネギ

スターアニス

クローブ

ローリエ

コリアンダー

赤大根

丸玉ズッキーニ

ブラックペッパー

カルダモン

ナツメグ

フェヌグリーク

チリペッパー

シナモン

クミン

 

などの素材が活用されました。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析