愛媛県愛南町 高級魚スマ=「伊予の媛貴海」養殖成功!青空レストランで紹介!



テレビ番組「青空レストラン」では、愛媛県愛南町養殖に成功した

高級魚スマが紹介されます。

 

マグロや、カツオ、カンパチなどはスーパーでも購入できますけれども、

スマというのはかなり珍しい品種で高級魚とされています。

 

日本の海ではスマを大量に捕獲することは難しいために、

伝説的な漁師だけが知る、美味しい魚と言われてきましたが、

 

愛媛県愛南町では養殖に成功をしています。

いつか、一般家庭でもスーパーを経由して、

購入できるようになるのでしょうか?

 

地元では、愛南町のスマに「伊予の媛貴海(ひめたかみ)」という

愛称をつけて、養殖に励んでいます。

 

愛媛県愛南町 スマがテレビ「青空レストラン」で紹介!

愛媛県で幻の魚を発見!本来日本近海ではめったに水揚げされず、

われわれが口にすることはなかったが、

漁師の間では「うまい」と知られていた「スマ」という魚。

愛媛県ではその「スマ」の養殖に成功。

全身トロとも言われる「スマ」のうまさはマグロにもカツオにもひけをとらない。

獲れたてを「握りずし」「なめろう丼」「竜田揚げ」「兜焼き」「タタキ」とフルコースでいただく。

そのうまさに一同大絶賛!

出典:http://tv.yahoo.co.jp/program/20717467/

 

愛媛県愛南町で

養殖がおこなわれています。

地図で見てわかる通り、愛媛の南西の端にある海辺の町で、

高知県宿毛市と隣接しています。

 

愛媛県愛南町は海の町!特産品はスマではなく、カツオ?

愛南町は牡蠣やカツオの産地として知られています。

高級魚のスマが食べられるのはもちろん、

牡蠣、カツオ、ブリ、真鯛、ヒオウギ貝の産地です。

 

スマはまだ、ふるさと納税の返礼品にも採用されていないので、

これから愛南町の知名度を上げてくれる高級魚になって

くれるのではないでしょうか?

 

愛媛県愛南町 スマはメディアでも紹介!ライバルは和歌山?

「幻の魚」といわれるスマは全身がマグロのトロのようで、

クロマグロの代替品として期待されている。

人工的に産卵・ふ化させて養殖する研究を和歌山県や

愛媛県がそれぞれ進めている。

 (中略)

愛媛県漁政課の担当者は15日、取材に

「粛々と出荷・販売をしていきたい。失礼ながら、

技術的には愛媛県の方が進んでいると確信しています」と話した。

出典:「全国初」先越された…「幻の魚」スマ販売をめぐり和歌山と愛媛“バトル”

 

スマは全身がマグロのトロのようだというのは、

非常に魅力的ですね。

 

スマの刺身の見た目は、カツオのようにも見えます。

記者会見で愛媛県が和歌山よりも養殖技術で先行していると

語っているのは、愛媛大学というアカデミックなバックグラウンドがあって、

 

南予水産研究センター、愛媛県、愛南町が

連携して養殖の研究をしているからでもありますね。

 

愛南町のスマは「伊予の媛貴海」として養殖!

なんと、愛南町のスマには「伊予の媛貴海(ひめたかみ)」という

相性がつけられて、養殖に注力していくことになりました。

 

愛南町の飲食店への提供も2016年3月にスタートしたばかりです。

提供店舗の一つが「ゆらり内海」(須ノ川)です。

 

刺身といえば、

⇒鹿児島県垂水市のカンパチは刺身、あら煮、粕漬けがうますぎと評判?
もご参照ください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析