中古軽トラックがアメリカに輸出され人気の理由とは?4WDはオフロードに強い!



日本の軽トラック(=軽トラ)は、発展途上国においては憧れの的です。

しかし、途上国ではなく、先進国であるアメリカでも、

 

なぜか、日本の4WD対応の軽トラックが人気だというのです。

しかも、製造から25年も経過している中古車が

売れに売れているというのですから不思議です。

 

日本の軽トラがアメリカへ輸出され、現地で

人気の理由、用途についてみていきます。

 

 

「所さん!大変ですよ」で中古軽トラがアメリカへ輸出されていることが紹介!

日本各地の中古車販売店にアメリカ人のバイヤーが出没しては、

あるタイプの自動車を買いあさっているという。

それは“軽トラック”。

しかも製造から25年を経過した古い軽トラックがもてはやされ、

次々とアメリカに輸出されている。

出典:「おんぼろ“軽トラ” 人気沸騰の謎!?」

所さん!大変ですよという番組では、日本人がもっている

既成概念が打ち砕かれる放送内容ですね。

 

日本人なら、製造から25年経過した古い軽トラなど

利用するわけがありません。

 

日本では新しいモデルがどんどんと軽トラメーカーである

スズキ、ダイハツなどから投入されてくるので、

買い替えも促進されるからです。

アメリカでは軽トラックは生産されていない!人気はピックアップトラック

アメリカで日本で使い捨てられた中古の軽トラックが

人気になる理由は、アメリカの道路交通法によります。

 

日本であれば、農家の人たちが農業の用途以外にも、

チョイノリで短距離の移動にも利用できます。

 

しかし、日本で乗車されている軽トラは、

アメリカでは衝突安全性能を満たしていないために、

 

公道を走ることができません。

 

日本の軽トラメーカーもアメリカへの新車輸出を

積極的にはできない法整備がありました。

 

軽トラのニーズがアメリカではピックアップトラックに!

アメリカでも、軽トラのように荷物を運んだりする用途の

4WDのオフロードに強い車が欲しいというニーズはあります。

 

衝突安全性能を満たしているのはピックアップトラックです。

 

アメリカでは、商業用ではなくても、

プライベート用に購入する人がいるくらいに人気です。

 

悪路を走る楽しみをアメリカ人日本人以上に知っていますね。

アメリカで中古4WD軽トラックが利用される使い道は?

アメリカでは、公道の走行に適さないことから、

ピックアップトラックのニーズが生まれていることが分かりましたが、

 

日本人が中古車を廃車にした軽トラが、アメリカに輸出され、

大いに活用されています。

 

農業畜産農家に利用される4WD中古軽トラ

軽トラが正式なナンバープレートが取れない中古軽トラでも、

使い道は、日本と同様に農業の用途もあります。

アメリカの広大な農場や牧場で利用されています。

 

日本でも軽トラは農村地帯の農業用に多く利用されているので、

足回りは、2WDから4WDへ変換できるものが多いです。

 

舗装されていない悪路に強いという点もアメリカでの農場や

牧場での使用に適していますね。

 

アメリカでは狩猟にも軽トラが利用!

また、趣味と実益を兼ねたで軽トラを利用したい人にとっての利用法は、

狩猟です。

 

狩猟で得た、獲物は、イノシシだたり、熊だったり、様々でしょうけれども、

仕留めた後に獲物を軽トラの荷台に乗せて持ち帰るという

便利さもあるのでしょう。

 

アメリカでは公園や大学構内でも軽トラを活用

4輪バギーよりも便利だとして利用される用途としては、

公園や大学構内での利用があります。

 

4輪バギーなどでは、雨の日に濡れてしまいますけれども、

軽トラなら二人乗車できて、雨にも濡れません。

 

また、4WDにも対応するので、雪道も走れます。

 

エアコンが正常に動く軽トラならなおのこと

広大な大学構内での移動でも、重宝するはずです。

 

日本では自転車で教室移動するクラスは筑波大学くらいでしょうか?

 

アメリカの土地の広大さは日本の比ではないですね。

 

公道使いができない軽トラもアメリカなら、

使い道が豊富です。

 

日本の軽トラメーカーとは?

  • スズキ
  • ダイハツ
  • ホンダ
  • 三菱自動車
  • 日産
  • スバル
  • マツダ
  • トヨタ

以上の普通自動車を製造する日本メーカーが

軽トラを販売しています。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析