秋田牛の1つに羽後町「羽後牛」の上級黒毛和牛あり!西馬音内そばもテレビで紹介!



羽後町は農産物や畜産のブランド化に力を入れています。

代表的なものではテレビでも何度か紹介されている

高級きゅうりである通称「ブラック」などです。

 

畜産でも、秋田県は秋田牛というブランドを持っていますけれども、

羽後町で生産されたものを特に、羽後牛と呼んでいます。

 

秋田牛であればある程度は流通しているのですけども、

羽後牛は生産者も限られるために、

 

秋田県内で消費され外部には出ていない

希少な上級黒毛和牛です。

 

羽後牛とあわせて、西馬音内そばも紹介されます。

 

テレビ「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」で秋田牛ステーキが紹介!

町の野球少年団で今流行ってる芸人はビートたけし!

みんなで一緒に『ウゴマチ』!?嵐が大好きな女学生が見る夢にスタジオ大爆笑!

絶品地元飯は秋田牛ステーキ&かき揚げそば!

ここでまたまた出川にドッキリ!その結末は・・・。

出典:【日本列島 ダーツの旅 秋田県羽後町(うごまち)】

 

テレビ番組では、秋田県羽後町特産の

秋田牛ステーキが紹介されています。

 

かき揚げそばは、羽後町の

「西馬音内そば」のことです。

 

秋田牛のとは何か?基準は?

秋田牛の基準は、

  1. 品種が黒毛和牛であること
  2. 肉質が3等級以上であること
  3. 産地として、最長飼養地が秋田県であること
  4. エサの基準として飼料用米を一定量牛に供与したものであること

となっています。

 

羽後町のある畜産農家さんでは、

玄米をすりつぶしたものを

資料として与えているといいます。

 

人間でも食べられる玄米を牛に与えるわけですから

育てる費用はある程度かかっていることがわかりますね。

秋田牛の1つに羽後町も!羽後町では羽後牛と上級黒毛和牛ブランド化!

羽後町も秋田県にある町ですから、秋田牛の基準を満たせば、

秋田牛となります。

 

羽後町では、羽後町で飼育された上級黒毛和牛を羽後牛として

ブランド化しています。

羽後牛は格付けが高い!

牛肉には格付けの仕方が決まっています。

 

歩留等級と肉質等級です。

 

歩留等級の区別は、A、B、Cの3等級に

分類されます。

 

表-1 歩留等級区分
A 72以上 部分肉歩留が標準より良いもの
B 69以上72未満 部分肉歩留の標準のもの
C 69未満 部分肉歩留が標準より劣るもの

出典:牛肉の格付けの仕組みについて

 

また、肉質等級については、5~1の5段階でランク付けされます。

5が肉質等級が最も高い牛肉

1は肉質等級が最も低い牛肉

 

となります。

 

以上の2つの基準をミックスすると、

  •  A5 A4 A3 A2 A1
  •  B5 B4 B3 B2 B1
  •  C5 C4 C3 C2 C1

といった、15ランクに分類することができます。

 

つまり、a5ランクが最上級の牛肉ということになります。

 

羽後牛と呼ばれるのは、a4ランク以上の牛肉ですから、

ほぼ頂点にある牛肉の品質と言えるでしょう。

 

西馬音内そばが食べられるお店は?

1 弥助

 

営業時間 11:00~18:00※そばがなくなり次第終了

電話番号 0183-62-0669

 

2 小太郎

 

3 柏木

 

 

4 彦三

 

定休日 毎週水曜(※農家のため農繁期は不定休)

営業時間 11:30~※そばがなくなり次第終了

電話番号 0183-62-1520

 

テレビ番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」

彦三のかき揚げそばが番組で登場しました。

 

農家さんが営む蕎麦屋さんらしく、

そばの栽培から製粉・製麺までを

一通り行っているお店です。

 

 

ラーメンよりヘルシーな西馬音内そば。

てんぷらと一緒に食べたいですね。

 

羽後町の高級きゅうりについては、

⇒秋田県羽後町 高級きゅうり「ブラック」がテレビで紹介!道の駅で購入できる?
をご参照ください。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析