秋田県羽後町 高級きゅうり「ブラック」がテレビで紹介!道の駅で購入できる?



秋田県にある羽後町、聞いたことある人は少ない町ではないでしょうか?

大昔は秋田県の鹿角市と小坂町を除いた地域が羽後国とよばれてた

 

歴史があるために、「羽後」という言葉自体は聞いたことがあるかもしれません。

 

秋田県の南部にある羽後町は日本三大盆踊りの1つである、

西馬音内盆踊りがお盆過ぎに

開催されることで知られている町です。

羽後町 田園風景

羽後町 田園風景

 

羽後町は山も多いですが、平野の面積も広いので、農産物の生産が

盛んな場所でもあります。

 

テレビ「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」では、「ブラック

と呼ばれる高級きゅうりが紹介されます。

 

簡単には手に入らない高級きゅうりの購入方法について

見ていきましょう。

 

秋田県羽後町 特産品高級きゅうり「ブラック」がテレビ「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」で紹介!

羽後町は人口およそ16000人で、

緑豊かなこの町の夏の旬は真っすぐなきゅうり。

真っ黒な箱で出荷される「ブラック」は

東京の市場で最高値をつける超一級品である。

また毎年8月に行われる、「西馬音内踊り」は700年の歴史を持つ、

日本三大盆踊りのひとつで、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典:【日本列島 ダーツの旅 秋田県羽後町(うごまち)】

 

羽後町とは?

羽後町の人口は高齢化が速いために、

2016年6月現在では15000人を割り込みました。

 

ただ、市ではなく、町と呼ばれるなかでは、

1万人を超える人口は少なくない気がしますね。

 

西馬音内盆踊りが有名で、700年の歴史があるのは確かなのですけれども、

イマイチ、知名度や盛り上がりに欠けています。

 

(※日本三大盆踊りの1つである阿波踊りの知名度や

盛り上がり方との比較ですけれども。)

 

また、羽後町の特徴は古民家が多いことで、

古きよきものを大切にしていますね。

 

代表的なものには、「鈴木家住宅」があります。

 

政府主導で行われた、平成の大合併において、

県内でいち早く合併しないことを宣言という地元愛のある街でもありますね。

 

 

秋田県羽後町のブラックと呼ばれる高級きゅうり「ブラック」の特徴は?

羽後町の高級きゅうり「ブラック」は箱が黒いことでブラックという

通称名がついています。

 

黒い箱にしている理由は市場で目立つようにという

工夫です。

 

羽後町の高級きゅうりの特徴はどんなものでしょうか?

 

  • 東京の大田市場でも高値がつく高品質で超一流と評価されている
  • まっすぐで形がきれいであること
  • きゅうり表面のとげが多くざらざらしている
  • 羽後町は水がきれい→きゅうりの味がよくなる

 

ブラックという高級きゅうりとして出荷されるには、

羽後町で肥沃な土地で育つだけではだめで、

厳格なルールがありました。

 

ただし、0.1ミリ~9ミリの曲がりがあるものはB級品

曲がりがないものがA級品として最高の値段がつくといいます。

 

ブラックになれる高級きゅうりは曲がりが9ミリ以下のものまでです。

 

9ミリ以上曲がってしまったきゅうりは

普通のきゅうりとして出荷されています。

 

9ミリ以上曲がった普通のきゅうりと言えども、

味は羽後町の高級きゅうりと同じですから、

絶品でしょう。普通のスーパーで販売されています。

 

参考記事⇒秋田県湯沢市 三関のさくらんぼ直売所一覧!野菜や漬物も買える?

 

羽後町高級きゅりの購入は産地直売所!「道の駅うご」が2016年オープン!

羽後町のきゅうりを購入するには、羽後町に行くのが

一番確実です。

 

羽後町には、2016年7月1日に秋田県で31番目になる

「道の駅」ができました。

道の駅うご端縫いの郷

道の駅うご端縫いの郷

名前は、「道の駅 うご端縫いの郷」です。

 

写真は車の1台もなく、がらんとしています。

 

夕暮れ前のまだ明るい時間なのに、営業を終了するのは、

羽後町らしさですね。

 

田舎では、夕方はごはんを食べる時間で、

道の駅うごも例外ではなかった。

 

この道の駅には産地直売所がありますから、

羽後の高級きゅうりを購入できる場所になります。

 

ただし、ブラックと呼ばれるまっすぐなものだけを

購入できる保証はありません。

 

味については、ブラックという箱に入った高級きゅうりと

同等のものが購入できるはずです。

 

秋田でも山形や宮城、岩手に近い位置にあるので、

とうほく地方の人なら、ドライブを兼ねて

 

羽後町のブランド野菜を買いに行くのも

楽しいでしょう。

 

羽後牛については、

⇒秋田牛の1つに羽後町「羽後牛」の上級黒毛和牛あり!西馬音内そばもテレビで紹介!
をご参照ください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ