石川県珠洲市 農家民宿「古民家 奈良木」はパワースポットの岬まですぐ!



石川県珠洲市(すずし) 農家民宿古民家 奈良木」が

人生の楽園で紹介されます。

 

築年数不詳の「古民家 奈良木」は移築されたもので、

300年以上の年数が経過している正真正銘の

味わいのある古民家です。

 

今では農家民宿として限界集落が多い能登半島の

先端にある珠洲市で地域おこしをしています。

 

また、珠洲市には珠洲岬というパワースポットも存在していて、

メディアで取り上げられることがあります。

 

石川県珠洲市 農家民宿「古民家 奈良木」が人生の楽園で紹介される!

石川県珠洲市。のどかな山間にある代々受け継ぐ古民家で、

農業体験が出来る農家民宿「古民家 奈良木」を始めた

奈良木美津子さん(68歳)が主人公です。

珠洲市出身で四人姉妹の三女として生まれた美津子さんは、

奈良木家の跡継ぎになり、

隣町に住んでいた船員の延夫さんを婿に迎えました。

結婚後も、市役所勤めをしながら3人の子を育てます。

1999年、市役所から「大学生のグループがかやぶきの屋根に泊まって稲刈り体験がしたい」

という依頼があると美津子さんに相談が入り、

引き受けました。大学生はとても感激して帰っていったことをきっかけに、

農業体験や田舎暮らしを通して、

色々な方とのふれあいを持ちたいという思いが生まれました。

そして2009年、定年退職後に自宅をほぼそのまま活用して、

農家民宿「古民家 奈良木」を始めました。

宿の目の前は田んぼで、田植えや稲刈りの体験はもちろん、

季節に合った田舎暮らしを基にした様々な体験をすることができます。

宿の料理は、美津子さんと夫が作った米、

親戚や近所の方々の畑で採れる旬の野菜、そして奥能登の漁師さんから頂く海の幸、

これらを使った田舎料理です。

昔から自分たちが食べていた料理が、お客さんに喜ばれています。

まもなく実りの秋を迎え、稲刈りの準備も進んでいます。農業と民宿を両立しながら、奮闘する美津子さんの暮らしぶりを紹介します。

出典:石川県・珠洲市~ 米農家が始めた古民家の宿 ~

 

石川県珠洲市のある場所を地図で見てみましょう。

能登半島の(先端)東端にあることが分かります。

 

石川県珠洲市がある能登半島は限界集落のメッカ! 農家民宿「古民家 奈良木」で地域おこし!

能登半島といえば、珠洲市以外にも、能都町、輪島市などで

集落が消滅寸前か、消滅しているところもあることとしても

人口減少が深刻な場所です。

 

海の幸にも恵まれた珠洲市で農家民宿「古民家 奈良木」を

運営する意味は町をアピールする上でも大切な役割を果たしているといえるでしょう。

 

農家民宿「古民家 奈良木」から パワースポット 珠洲岬までのアクセスは?

珠洲市といえば、パワースポットとして名高い「珠洲岬」です。

 

農家民宿「古民家 奈良木」からも、珠洲岬まで

車で30分程度でアクセスできることがわかります。

 

 

パワースポット珠洲岬とは?

 

珠洲岬のある風景をみると、ツーリング好き、ドライブ好きなら

すぐにでも行きたくなる場所です。

 

 

どんなご利益があるのかは体験した人でないとわかりませんが、

1時間に1度吹き出す水は腐らないという

不思議な水として知られています。

 

 

石川県珠洲市 農家民宿「古民家 奈良木」基本情報

農家民宿名称:古民家「奈良木」

代表:奈良木延夫・美津子

住所:珠洲市若山町鈴内31-1

HP:http://www1.cnh.ne.jp/m-naraki/public_html/index.html

電話:0768-82-1441、090-8262-5390

料金などはHPから、ご確認ください。

 

農家民宿には男鹿の丸木舟も展示してあります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析