徳田竜之介動物病院は熊本地震時ボランティアでペット避難所に!評判は情熱大陸でも紹介!



熊本地震で被災された人たちは避難所での生活を

余儀なくされることになりました。

 

ペットを飼っている人たちは、避難所にすら入れず、

避難所の外で寝る人や、

車中泊を余儀なくされる人たちがいました。

 

徳田竜之介獣医師が経営をする竜之介動物病院では、

熊本地震の時に動物病院の建物をボランティア活動の一環として、

ペット同伴の人たちを緊急避難所として受け入れています。

 

熊本地震の時の徳田竜之介獣医師の評判

情熱大陸でも紹介されることになりました。

 

 

熊本地震でペットを飼う人が避難所に入れず車中泊に!

 熊本を中心とする地震で、ペット連れの避難者が行き場を失っている。

環境省はペットとの「同行避難」を推奨しているが、

多くの避難所が室内への連れ込みを禁止。

ボランティア団体などは一緒に生活できるよう支援に乗り出しているが

「車中泊」など不便な生活を強いられている。

(中略)

環境省は2013年、災害時はペットとの同行避難を原則とし、

自治体に態勢整備を促す指針を作った。

東日本大震災でペットとはぐれた人が多かったのが教訓だ。

 しかし「鳴き声がうるさい」「かまれた」といった苦情もあり、

室内への同行を認めない避難所は多い。

熊本県八代市は屋内に入れるのは「同伴避難」として禁止。

担当者は「アレルギーや感染症、臭いの問題に配慮した」と説明する。

出典:熊本地震 ペット連れ行き場失う 佐賀新聞

 

ペットを飼う人が避難所に入れないだけではなく、

熊本地震での巨大災害で、ペットが食欲がなくなっていたり、

怪我をしているケースもありました。

 

また、かかりつけの動物病院との連絡も取れない

状況が続いてしまいました。

 

竜之介動物病院は熊本地震でペットの避難所としてボランティア活動を実施!

一方で、徳田竜之介獣医師は東日本大震災を踏まえて、

竜之介動物病院をペット同伴の避難所として開放するという

ボランティア活動をおこなっていました。

 

徳田竜之介が動物病院を避難所として提供したことで評判は情熱大陸でも紹介!

 

傍らでは次々と運び込まれる被災動物の治療を続けながら、

一時は4階建て全フロアを開放。

約3週間で犬や猫、ウサギ、フェレットなどの

動物と飼い主のべ約1500組が避難した。

なぜそれだけ大規模な受け入れが出来たのか?

実は徳田は東日本大震災を機に自身の病院を耐震性にし

自家発電機や貯水タンク、災害用無線なども備えた。

「過剰投資だ」と周囲は冷ややかだったが、そのお蔭で

今回多くの家族が安心して避難生活を過ごせた。

出典:獣医師 徳田竜之介

 

竜之介動物病院の口コミが朝日新聞での紹介されていた!

愛犬もも(6)と避難してきた、市内の無職戸崎順一さん(67)は、

当初は車中で過ごしていた。しかし、ももの容体が急変。息が荒くなり、

ぐったりしたため、病院に連れてきた。熱中症だった。

ここで受け入れてくれるとわかっていれば、

最初から連れてきた。助かって良かった

出典:ペット連れ被災者200人超を受け入れ 熊本の動物病院

 

動物のことを考えて、万が一の時の為に、

東日本大震災が発生した時に、

 

病院の面積を3倍に増床したという危機管理能力と

ペット思いの獣医士が徳田竜之介氏という

評価が得られたのではないでしょうか?

 

竜之介動物病院の所在地など

名称:竜之介動物病院

所在地:熊本市中央区本荘6-16-34

ホームページ:http://www.ryunosuke.co.jp/

連絡先:TEL 096-363-0033

交通アクセス:熊本駅東口から徒歩10分 バス停から徒歩1分

 

ペットを飼っている人がこれから熊本市内で

引っ越しを考えているようでしたら、

 

大地震でも大丈夫な、竜之介動物病院の近くは

安心して暮らせるのではないでしょうか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析