卓球男子メダリスト 水谷隼シューズはバタフライ!丹羽、吉村のラケットメーカーは?



卓球男子はリオ五輪で、団体銀メダルを獲得、シングルでも、

水谷隼が銅メダルを獲得するなど日本の卓球の歴史史上初の

快挙を上げてくれました。

 

選手を支えているのはラケットシューズのメーカーです。

 

卓球男子団体で銀メダルを獲得した

水谷隼、丹羽孝希、吉村真晴選手が利用していた

ラケットはバタフライ、ウエアはミズノでした。

 

シューズはミズノ、アシックス、バタフライなどがありますが、

どのメーカーを利用しているのでしょうか?

 

 

卓球男子銅メダルの水谷隼が愛用するラケットメーカーはバタフライ!

卓球はバドミントンやテニスのように、あまりラケットが注目されることが

少なかったかもしれません。

 

日本選手のリオ五輪でのメダル獲得で、

男子卓球選手が愛用するラケットやシューズに注目があつまります。

 

男子シングルで銅メダルを獲得したエースの

水谷選手が愛用するラケットはバタフライ(BUTTERFLY)というメーカーです。

中国の卓球選手も含めて、世界の卓球選手のおよそ50%以上は

利用しているのではないかと

言われている日本のメーカーです。

 

また、水谷選手が利用するウエアはミズノですし、

日本のメーカーの技術力が卓球男子のメダル獲得を

サポートしているといってもいいでしょう。

 

水谷準さんがラケットに利用しているラバーももちろん、

バタフライ製品です。

 

ラバーについては中心部分が摩擦で摩耗して、

切れが悪くなるために、2~3日で自分で張り替えるということ。

 

水谷隼が愛用するシューズもバタフライ

スポーツ選手が愛用するシューズといえば、

アシックス、ミズノ製品が多いのですが、

 

卓球でメダルを獲得した水谷選手のシューズはバタフライ製の

「エナジーフォースXI」を利用しています。

 

止まりたい時に泊まれるグリップ力が

売りのシューズです。

 

卓球ほど、足元で踏ん張る力が入る競技も少ないかもしれませんので、

卓球専用のスポーツ用品メーカーbutterfly製品は

卓球ならでは工夫が施されているのでしょう。

 

卓球男子団体銀メダルを獲得した丹羽孝希、吉村真晴選手のシューズとラケットのメーカーは?

吉村真晴選手は水谷選手と同じく、ラケットはバラフライ製品を利用しています。

また、シューズもバラフライ製を利用しています。

 

丹羽孝希選手は吉村、水谷両選手とは違っていて、

シューズはアシックスを利用しています。

 

ラケットはVICTAS製のカルテット AFCを愛用しています。

 

卓球女子が利用するシューズについては

⇒卓球女子メダリスト福原、伊藤のシューズメーカーはミズノ!石川佳純はアシックス!
をご参照ください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析