高畑淳子 都内一等地に新居建築中に息子の災難!60過ぎて豪邸新築ってどうよ?



 

高畑淳子さんは家族と一緒に住む新居を都内の一等地に建築中に

息子が前橋で不祥事を起こしてしまう災難に会い、

記者会見をする羽目になってしまいました。

 

高畑淳子さんは事件発生時に61歳では、厄年では

ありませんでした。

 

高畑淳子61歳は厄年でもないのに、息子の災難が発生!

高畑淳子さんは1954年10月11日生まれでです。

 

女性の厄年というのは、かぞえで、

60歳、61歳、62歳が厄年といわれています。

 

高畑淳子さんの場合には、平成13年が前厄、平成14年が本厄、平成15年が後厄で

厄年はあけて、いよいよ満を持して新居を建築しようとしたのかもしれません。

 

ところが、息子の裕太さんが前橋で不祥事を起こした2016年8月に

災難に遭遇してしまいます。

 

逮捕の一報を受け、高畑の自宅にはメディアが殺到したが、“家”を巡っても彼女の苦悩は深い。

高畑さん、今、都内の一等地に新居を建築中なんです。

“子供たちと一緒に暮らせるように”って、内装にもすごくこだわっていて。

引っ越しを楽しみにしていたんですが、まさかその直前に息子が逮捕されるとは…」

出典:高畑裕太容疑者、業界内で広まっていた悪癖 母は新居建築中

 

とんだ災難も、息子の不法行為は人災ですし、

都内に新居を建築するというのも、自らの選択で偶然の出来事ではありません。

 

高畑淳子 都内一等地に新居建築中も空回りか?

高畑淳子さんは、都内の一等地に新居を建築中ということで、

家族の幸せを求める動きと対照的に息子のやらかしたことの

不運さがクローズアップされています。

 

母として大女優として高畑淳子さんは家族のより良い家を

億単位のお金を使って建てようとしたのかもしれませんし、

 

メディアでは豪邸とよばれているのです。

 

そのために悩みが多いとされるのですが、

息子さんが不祥事を起こさなくても、

 

いずれ、子どもは親と一緒に暮らすことはなくなり、

豪邸は不要になる可能性はあるものです。

 

なぜなら、

長女のこと美さんは1986/11/22

生まれでアラサーです。

 

長男の裕太さんは1993/9/13

生まれで立派な大人です。

 

子供の成長を支える豪邸ならば、生活環境、学習環境を整えるという意味では

家を建てるのはいい投資になる場合もあるでしょうけれども、

 

子供が独立して別所帯を持とうとする段階で

家族の豪邸を建築するというのも

 

高畑淳子さんの家族に対する思い入れが

やや暴走し過ぎていたのかもしれません。

 

60歳を過ぎて立派な住宅を建築する意欲は素晴らしいですが、

都内とは言え、たった40坪(132㎡)の土地を購入して家を建てても、

満足できる住宅は建築できない気がしますね。

 

⇒高畑淳子 渋谷区大山町の自宅なぜ住替え?新築する理由は南側の日当たりの悪さか?

 

マイホームの新築というのはお金がある人ほど、

慎重さが必要なのかもしれません。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析