PCデポ 店舗接客の評判は株価水準でわかる!



PCデポ株価が急落しています。

 

業績も好調な企業の株価が下落する原因は、

目先的には、評判が悪化して業績悪化を織り込んでいく動きを株価が先取りしているようです。

 

PCデポの株価急落のきっかけになったのは、

ツイッターで高齢者に対するサポート契約と解除料金が高額だった

というつぶやきが拡散したことによります。

 

しかも1件ではなく、似たような事例がやはりツイッター上で報告されたことから、

企業業績の大幅な悪化を見通すような株価下落となっています。

 

PCデポは最近東証1部にも指定替えされた優良企業のお墨付きを

もらったはずなのですが実際のところはどうなのでしょうか?

 

 

PCデポの評判と連動する株価下落のきっかけは?

「PC DEPOT」のパソコンサポートサービスを巡っては、

「高齢の家族が不必要に高額なサポートサービスに加入していたので、

解約しようとしたところ、高額の契約解除料を支払うことになった」

といった不満が今月14日にツイッターに投稿されて、

ソーシャルメディアなどで批判が相次いでいました。

これを受けて、店舗を展開している神奈川県の「ピーシーデポコーポレーション」は17日、

自社のサイトで、「顧客の使用状況にそぐわないサービス提供があったことを重く受け止める」

として今後の具体的な対応策を発表しました。

出典:PCデポのサービスに批判 会社が対応策発表

 

高額の契約解除料金は20万円を請求されたものが、

高額過ぎるという主張に対して、店舗側が10万円を負担して、

消費税込み、108000円を支払って解除したというものです。

 

PCデポからすれば、契約書通りに請求しただけなのですが、

契約者であった高齢者は認知症も患っていたことで、

契約の無効すら訴えられる可能性がある事例です。

 

PCデポ株を買わない理由は業績ではなく、評判を決める接客力

PCデポの特徴はPCやスマホ、タブレットやITC関連商品の販売だけではなく、

サポート契約を行うことで収益を上げてきました。

 

これからも需要があるいいサービスです。

しかし、運用の仕方が悪いと今回のツイッター炎上騒動のように

評判を落としてしまいます。

 

2016.8.9に発表した2017年3月期の第一四半期(2016/4/1~6/30)の決算については、

営業7割超増益の好決算を発表して、

株式を1株を1.2株に分割する株式分割も合わせて発表し

分割後も配当は従来と同じとしたことで、実質的な増配も発表しています。

 

いい企業は顧客から支持され、業績も向上して、

増配や株式分割を実施することができますが、

PCデポについては、好業績の発表があっても、

当面、投資対象としたり、PCデポで買い物をすることはないだろうと感じていました。

 

PCデポの評判を決める接客ってどうよ?

 

つまり、2016/8/14の炎上が起きる前から、

PCデポについては接客の悪さを感じていました。

 

PCデポの接客の状況が分かる内容については、

レノボデスクトップpcのコスパや耐久性ってどうよ?

をご参照ください。

 

私自身、この5年くらいでPCデポでのPCを2度購入

しているのですが、店頭に足を運んでみて、

 

相談した時の対応の在り方について違和感を感じ、

当面、PCデポでの買い物は控えようかと感じていました。

 

好業績を発表したPCデポですが、

長期的な成長が継続する企業のビジネスモデルを感じることもできず、

PCデポの株価が安くなったら購入したいとも感じていませんでした。

 

 

PCデポ 株価下落の理由は評判が低下していることを認識すべき

8/14にツイッターに高額な解約金のレシートが投稿されてから

2016/8/15以降に株価は急落し始めるのですが、

 

今のPCデポの企業価値はやはり株価水準が映し出しているという風に

考えることができるでしょう。

 

PCデポはメーカーではなく販売仲介業の立場にあるわけですから、

評判が売上や利益に関連します。

 

今回の炎上問題をどのように解決するのか?

 

企業として顧客にどういう風に対応をしていくのかで、

今後の株価水準は決まるでしょう。

 

将来、PCデポへの投資を検討している人は、店頭での接客力を

見て、感動的で親切な対応が認められるようであれば、

「買い」という判断を下してもよいでしょう。

 

感動的な接客をするPCデポが見習うべき企業とは?

PCデポのライバルは大手家電販売店もライバルにはなるのですが、

今では、ネットショップも競合相手です。

 

ネットショップは人が運営する以上、やり方によっては

感動を呼ぶことができます。

 

ヨドバシドットコムは商品が到着するスピード感に対して、

消費者に感動できるレベルです。

 

ヨドバシドットコムにキーボードを発注して到着した箱には、

ご注文からお届けまで、スピード対応を目指しています。

と明記されているくらいです。

 

商品購入後のサポート対応が優れているのはブラザーやエプソン、キャノン

などです。

 

プリンターなどは購入後のサポートが重要です。

 

PCデポも修理や購入後のサポートを売りにしているわけですから、

必要とされる企業になるには、プリンターメーカーレベルの

親身な接客姿勢が必要なのでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析