山梨県甲州市 農家レストラン「桃娘農園カフェ」のメニューやアクセス方法は?



2016年春に開業したばかりの、山梨県甲州市塩山農家レストラン「桃娘農園カフェ」が

人生の楽園で紹介されます。

 

山梨県にとって、桃はブドウと並ぶ主要な農産品です。

農園のオーナーが農家レストランを開業したことは、

地元の新聞山梨日日新聞でも、紹介されています。

 

「桃娘農園カフェ」がある甲州市は東京、埼玉、神奈川、静岡、長野方面からも

アクセスがいいです。

 

メニューなどについてみていきます。

 

人生の楽園で桃農家レストラン「桃娘農園カフェ」が紹介される

葡萄や桃の産地として知られる山梨県甲州市。

代々続く桃農家を継ぎ、桃の魅力を広めたいと、

今年の春から自宅で、「桃娘農園カフェ」を始めた堀川清美さん(52歳)が主人公です。

甲州市出身の清美さんは、3姉妹の次女として生まれました。夏休みも放課後も、

畑を手伝うのが当たり前の子ども時代を過ごしました。

地元の短大を卒業後、市役所に勤め、

28歳で甲府市出身の会社員、敦さんと結婚し二人の男の子を育てます。

清美さんは、子育てや共働きの間にも、忙しい時期になると実家の桃農園を手伝っていました。

その後、母が体調を崩し、一人で働く父の姿を見て、自分が桃畑を守ろうと一念発起。

46歳で、後を継ぎ、父と二人三脚の桃農家になりました。

清美さんは、地元のベテラン桃農家に教えを請い、努力を重ねてきました。

今では清美さんの名前で桃の出荷をしています。

そして今年、専業農家になって6年、たくさんの人に桃の美味しさを知ってもらいたいと、

自宅のリビングをリフォームし、

桃を使った料理や限定デザートを提供する「桃娘農園カフェ」を始めました。

出典:山梨・甲州市~ 桃農園のもぎたてカフェ ~

 

関東で桃狩りといえば、山梨県です。桃狩りに出かけたことがない人でも、

山梨県産の桃は食べたことがある人が多いでしょう。

 

8月いっぱいの夏は桃農園は短期のバイトを募集するくらいの

収穫期になります。

 

繁忙期の夏はカフェへは予約を入れてから行くようにした方が無難です。

 

農家レストラン「桃娘農園カフェ」 メニューは?

カフェでは、コーヒーや、堀川さんの畑で収穫した桃のシロップ漬けを添えた

ソフトクリームを出している。

予約制で桃が具材に入っているカレーも出す。

今後はカフェを拠点にした農業体験などのイベントも計画している。

出典:桃畑で味わう桃料理 甲州の農家がカフェ

2016年3月に開業後、4月には山梨日日新聞でも紹介されています。

 

メニューは、

  • コーヒー
  • 桃のシロップ漬けを添えたソフトクリーム 桃パフェ
  • 桃娘パスタ
  • 桃が具材に入っているカレー(予約制) 桃娘カレー

などです。

 

山梨県甲州市「桃娘農園カフェ」は、東京、埼玉、長野、静岡からもアクセス良好!

農家レストラン名称:「桃娘農園カフェ」(ももこのうえんかふぇ)

所在地:山梨県甲州市塩山下粟生野381-3

電話:0553-33-9352

定休日:不定休(予約制)

営業時間:午前10時~午後5時 ※季節によって営業時間が変わります

 

首都圏や静岡、長野からもアクセスがいいことが

わかりますね。

 

甲州市の近くに山梨市牧丘町があります。

⇒上杉農園ジューンベリーは栄養豊富!ジャムが山梨市牧丘町で購入できる!

週末のお出かけには合わせて楽しめますね。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析