海老蔵 温泉で休暇を小林麻央と乳がん治療!「体を温めると病気は必ず治る」を実践?



海老蔵さんが妻の小林麻央さんの乳がん治療のためにも

家族旅行で、異例の長期休暇をとることになっています。

 

家族と過ごす夏休みは伊豆の温泉であるとされていますが、

がん治療にあたっては、温泉で過ごすということは

免疫力を高めるいい方法ではないかと思われます。

 

石原結實医師は「体を温めると病気は必ず治る」という本や

その他多くの著書で知られています。

 

海老蔵さんが、石原結實方式を採用した

というわけではないでしょうけれども、

 

温泉で過ごす長期休暇は麻央さんの乳がん治療にとっても

大変効果的な方法ではないでしょうか?

 

 

海老蔵 小林麻央の為に休暇を温泉で

女性自身によると、海老蔵さんは、歌舞伎役者としてほとんど休みが取れない状況の中を

異例の長期休暇を取得したことが報道されています。

 

「麻央さんは、フランス南部にある温泉地に行きたがっていたようです。

ただ、長時間のフライトや医療施設の問題で、国内の旅行に変更されました」

これまでも海老蔵夫婦は、がんを克服するために懸命の治療を続けてきた。

麻央の抗がん剤治療について、東京・複十字病院の乳腺センター長の武田泰隆医師がこう語った。

「麻央さんは手術をまだ受けていないそうですが、一般的に、その場合は術前抗がん剤治療を半年間行って、

1カ月ぐらいかけて効果をチェックします。そうして次のステップとして、

手術するか再度の抗がん剤治療にするかが決められるのです。

つらい治療を再び始める前の体もひと息ついている時期に『旅行に行きたい!』という方も多いです」

今回、麻央との家族旅行は、8月半ばから9月半ばの間で考えられているという。

最終的には家族が大好きな伊豆の温泉旅館に決めたそうです。

亡父の團十郎さんや先代の祖父も利用した“隠れ家”のような旅館。

なんといっても2人の新婚旅行が温泉でしたからね。

出典:女性自身

前向きに乳がんを克服しようとする素晴らしい姿勢が

海老蔵さんから感じられます。

 

小林麻央の乳がん治療にとって温泉は免疫力を高める優れた方法!

石原結實先生は「体を温めると病気は必ず治る」

という著書で知られています。

 

海老蔵さん家族が伊豆の温泉にいって休養することは、

麻央さんが温泉で体を温めることで、

免疫力がアップして

 

がん細胞も死滅させる原動力にできる可能性が

あるのではないでしょうか?

 

普通のお風呂よりも温泉というのは体の芯から温まるので、

なおさらです。

 

石原先生も著書の中で、

体温が1度上がると免疫力は5倍強化されると強調しています。

 

大橋巨泉は平熱、体温が低い体質だった!

大橋巨泉さんが、11年間のがんとの闘病生活を経て、

最終的には誤投与などがあって、2016年7月になくなりました。

 

巨泉さんのガンは当初胃に発見されました。

 

それから11年もの間生きながらえて81歳まで生きたことは、

巨泉さんなりの哲学、考え方で医療を使いこなして

延命治療をしてきた成果です。

 

巨泉さんが頑張ってがんと闘ってきたのは、世の中に希望を

与えたいという思いもあったかもしれませんが、

 

お母さまが50代前半の若さでがんの為になくなっていることも

影響しています。

 

巨泉さんのガンの原因というのは、母親からの遺伝も

あったかもしれません。

 

一方で、巨泉さんは平熱が35度代で低いという

体質も持っていました。

 

「体を温めると病気は必ず治る」の著者石原先生によると、

体温が低いことのリスクを書いています。

 

現代日本人の死亡原因の第一位である「がん」。

これも、体温がさがるのはがんにとっても好都合だ。

なぜなら、がん細胞は35.0度で一番増え、

39.3度以上になると死滅してしまうからである。

出典:体を温めると病気は必ず治る

 

麻央さんにも効く?石原結實先生も薦める乳がん治療方法とは?

石原先生が「体を温めると病気は必ず治る」という本の中では、

具体的に野菜ジュースの作り方や食事の仕方まで詳細に記載されているので、

がんに限らず、腰痛やあらゆる病気で悩む方は一読をお薦めします。

 

体を温めるという観点では、石原先生は次のように

アドバイスをしています。

入浴、サウナ、ウオーキングなどのスポーツで体温を上げる

出典:体を温めると病気は必ず治る がんにならない

 

つまり、麻央さんにとっては、伊豆への温泉旅行というのは、

普段よりも体温を上げる機会が増えて、

免疫力をアップしてがん細胞を死滅させるチャンスではないでしょうか?

 

秋田県の玉川温泉での岩盤浴ががん治療で有名ですが、

体を温めるという意味でも有効なのでしょう。

 

乳がん対策に体を温める方法は?

石原先生は、「野菜だけで病気を治す」という著書の中で、

乳がんについても対処法を紹介しています。

 

乳がんの予防や再発予防には、日ごろから乳房のマッサージや

大胸筋をよく動かす体操やスポーツをするとよい。

出典:野菜だけで病気を治す

 

野菜だけで病気を治すという本でも洋食ではなく、

和食中心にすることからスタートして、

 

漢方薬として、葛根湯が上半身の血行をよくする

役割があることで、乳がん予防になることなども紹介されています。

 

医師は一般的には、病気の原因や対処法については、

明確な科学的医学的な根拠がなければ

 

助言を控える人が多い反面、

石原先生は東洋医学の発想に則って、

明確な回答を出してくれています。

 

麻央さんにも、麻央さんのように難病で苦しんでいる人や

予防をしていきたい人には是非、一読して

生活の質を変えていく機会になればいいのではないでしょうか?

 

海老蔵さんは体を温める方法で、がんに効きそうなものとして、

酸素風呂に興味津々のようですね。

 

酵素浴もいい方法ですね。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析