秋元梢 相撲取りだった父なぜ早死に?九重親方のすい臓がん原因は食べ方や食べ物か?



元横綱千代の富士は名横綱であり、小柄な力士が

横綱にまで登りつめた相撲取りとして

多くの人から称賛されてきました。

 

小柄だった九重親方は体を大きくするために

多く食べることに専念してきた経緯があるのは、

間違いないでしょう。

 

秋元梢さんは、まなざしや趣味なども親である九重親方によく似ているので

すい臓がんで早死にしてしまった原因を教訓に健康管理に注意をして欲しいです。

 

相撲取りが早死にする事例を九重親方は作ってしまった!

九重親方は、61歳という若さですい臓がんの為に早死にしてしまいました。

相撲取りは早死にする例はがんばかりではありませんが、

病気で現役中に亡くなっている力士もいるくらいです。

 

千代の富士のライバルで最強の横綱北の海理事長も62歳の若さで、

2015年に亡くなったばかりです。

 

また、元大関貴ノ浪も2015年に43歳の若さで急性心不全の為に、

亡くなっています。

 

力士が必要以上に肥満体質であることで、いかに体に負担がかかっているかが

わかる事例です。

 

相撲取り九重親方がすい臓がんになった原因には食べ物や食べ方が原因している!

九重親方 すい臓がんで激やせも画像は笑顔!ワーストランキング北海道の遺伝子が原因?

の記事では、北海道のすい臓がんの発症率が高いことを

コメントしています。

 

ですから、すい臓がんの原因は遺伝的なものもあり得ます。

 

遺伝以外として考えられるのは、九重親方が

大好きだったアルコールでしょう。

 

がん細胞は糖分を好むことが知られているので、

アルコールの糖ががん細胞の増殖を促進してしまうかもしれないのです。

 

相撲取り特有の過食も早死にの原因に!「病気を治す食べ方、食べ物」で予防を

 

病気を治す食べ方、食べ物」という本を石原結實医師が書いています。

著書の中で次のように、述べています。

30年余年の医師生活で気付いたことは、「たとえ健康食とされるものでも

食べすぎれば病気になるし、生活習慣病の元凶であると忌避されつつある

肉や卵や乳製品でも、小食にすれば、健康を保てる」ということだ。

なぜなら、少食なら少々悪食でも、胃腸、肝臓、などで完全に消化・解毒してしまい、

体に害にならないからだ。

出典:病気を治す食べ方、食べ物

 

石原結實医師はやや、過激なタイトルの本で注目されていますけれども、

相撲取りは、短命になりがちな理由がわかる気がします。

 

食べ方以外にも、食べ物が変化している点にも注意をする必要があります。

 

次に畜産食品に目を向けてみよう。肉類、卵類、乳類などの畜産食品は戦後急激に

増えている。

昭和 30 年と平成 22 年を比べると

肉類が約7倍に、

卵類が約 3 倍に、

乳類が約 8 倍に増えている。

野菜や魚が減らず、肉、卵、乳などの畜産食品が急増した

ということは、日本人が大食いになったのであろうか。

表 3 の一番上の行を見ると日本人の摂取エネルギーはほとんど変わっていない。

やや減少気味である。つまり食べている量は増えていない。

これだけ畜産食品の摂取量が増えているのであるから何か

が大幅に減らないと合わない。

これが先に述べた米離れである。

出典:数値からみた食生活の変化 国民健康・栄養調査に基づいて お茶の水女子大学

 

石原結實医師は著書の中で、ヨーロッパから入ってきた肉料理などの

食べ物についても警告をしています。

 

ヨーロッパ人と日本人では、同じものを食べても

体質的にあっていないと指摘しているのです。

 

ケーキなどの洋菓子なども、日本で大流行していますが、

乳製品たっぷりの食べ物には、

 

日本人として注意をしていく必要はあるでしょう。

 

ガンでなくなる人は、昭和30年から平成22年を比較すると、

2倍以上になっています。

 

秋元梢は父親に似ているので注意を!

秋元梢さんは、鋭い眼光やまなざしが父親によく似ていると言われていますし、

洋服が黒を好むあたりも、

 

父親に似た性格であることが分かります。

 

父親は相撲取りという職業病でたまたま若くして亡くなってしまったのであるとも

言えるのですが、

 

家族は食生活の習慣が似てきますから

満腹になるまで食べるようなことは

石原結實医師の説からしても避けるべきでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析