コバックで車検見積もり!評判を決める接客力はカーディーラーと比較してどうよ?



車の車検は一度に10万円単位の出費になるので、節約したいという

人も多いはずです。

 

本来なら乗車しているカーディーラーでの車検整備は最も信頼できるのですが、

背に腹は代えられない時もあります。

 

車検を節約するには、コバックが1日車検を低料金で

提供する車の整備屋さんです。

 

実際には大手カーディーラーとの比較では

評判はどうなのでしょうか?

 

 

コバックの車検料金は安いという評判は正しい!

コバックの車検整備については早くて安いので、

車検整備代金を節約したいという場合には

代替する会社は少ないのが現状です。

 

あったとしても、見つけるのが大変そうですね。

 

コバックの車検整備をする上での、コースが3つ

設定されています。

 

  1. スーパークイック車検
  2. スーパーテクノ車検
  3. スーパーセーフティ車検

 

の3つです。

 

車検証に表示されている総重量が1000㎏以下の

小型車の場合でのコバックの車検手数料は

 

  1. スーパークイック車検  9500円(法定24か月点検、完成検査、登録申請)
  2. スーパーテクノ車検  15820円(1に加えて軽い整備と調整、診断カルテ付き説明)
  3. スーパーセーフティ車検 28162円(2に加えて、100項目点検)

 

という風に設定されています。

 

どのコースでも自賠責保険、重量税、印紙代という法定費用は

かかりますので、現状で法定費用は小型車の場合で、45340円です。

 

  1. スーパークイック車検 最低費用  9500円+45340円=54840円
  2. スーパーテクノ車検  最低費用15820円+45340円=61160円
  3. スーパーセーフティ車検 最低費用28162円+45340円=73502円

という風に、計算が成り立ちます。

 

1~3のどのコースを選んでも10万円を割り込んでいるので

不要な整備をできるだけしなければ、

安いという評判は間違ってないでしょう。

 

3のスーパーセーフティ車検に限り、5000円程度の割引が受けられる

場合があります。

 

ですから3つのコースごとに、54840~68502円(=73502円-5000円割引)程度が

最低限の費用としてかかるというのが現実の車検に必要な総コストになります。

 

コバックの車検は安いという評判通りとは

言えるでしょう。

 

コバックの車検の問い合わせについて、電話でどう対応力は?

コバックへわざわざ行くのも面倒な場合には電話で

最低限かかる費用はいくらなのかを知りたいと思うのは誰でも同じです。

 

実際に電話で連絡してみると、

3つのコースがあることを説明なく、

 

スーパーセーフティコースを前提として、

割引も入れてなのでしょうけれども、

 

69000円位ですという回答がありました。

 

電話での問い合わせについても車検費用はいくらなのかを問い合わせて

きたユーザーに対して、

 

潜在的に何を望んでいるのかをヒアリングできていません。

 

見積書を作成してご郵送できますという事務的な

結論でした。

 

コバックの車検を検討するときに価格がいくらになるのかというだけではなく、

費用を節約する方法はないのかという疑問もあるはず。

 

であるなら、3つのコースごとに車検料金が違っていることを

丁寧に説明するべきなのです。

 

うちは車検が安いですよというだけの運営だけではない

きめ細やかな対応が本来は必要とされているのです。

 

ちなみに、業種はちがっていますが、

自動車保険のコールセンターへ保険の費用について

相談した時には懇切丁寧に説明があり、

 

電話での問い合わせにきめ細かく対応して

「ご親切にありがとうございました」と

言わしめるほどでした。

 

電話での問い合わせを軽く見てはなりませんね。

 

コバックは店頭でも客のニーズに対応する姿勢があるともっとよい!

電話では実際に知りたい情報が得られなかったので、

コバックの店舗に行ってみました。

 

そこで、はじめて、

  1. スーパークイック車検
  2. スーパーテクノ車検
  3. スーパーセーフティ車検

の3コースがあることがわかりました。

 

単に金額が安ければいいといのではなく、

車検を通すうえで必要な整備はしたいと

誰でも思っているはずです。

 

ところが、

  1. スーパークイック車検

の場合では、車検を受けたついでに、

オイル交換はできないといいます。

 

その理由は

ユーザーの車検のイメージが

車の整備をしたうえで、車検を通すこと

であるのに対して、

 

低価格のスーパークイック車検では、

車検の検査と手続きしかしないために、

 

正式な車検証が発行されるまでは

整備をしてはならないという

法律に抵触するからというごもっともな解釈の仕方です。

 

つまり、コバックのスーパークイック車検を利用するには、

事前に整備をしておいてから

 

60分以内に終わらせるスーパークイック車検に

再度出向く必要があります。

 

車の整備状況が良ければ適切な車検のコースと言えるでしょう。

 

ユーザーが望むのは、お金が節約できることだけではありません。

 

何度も店に出向いたりする必要がない時間の無駄も

省きたいと考えています。

 

コバックが売りたい車検のコースを販売するのではなく、

ユーザーの希望に合わせてコースをうまく運用していく姿勢が

もっと必要でしょう。

 

コバック車検に見積もりを依頼に店舗に訪問!大手カーディーラーとの比較で接客力は?

トヨタなどのカーディーラーの接客の在り方は、

あらゆる営業店のお手本になっている気がします。

 

トヨタのカーディーラーへ車検の見積もりなどに行くと、

車のキーを渡したあとは、席に座っていると、

 

お茶をメニューの中から、選んでくださいとお茶の提供をすぐさまするお店もありますし、

 

最近ではすべて自販機のようなもので、

セルフで対応しているお店もあります。

 

いずれにしても待っている間には、

テレビがあったり、新聞雑誌があったり、

 

お茶がすぐ出てきたりして、客を退屈させずストレスを感じさせない努力をしていることが

感じ取れます。

 

コバックでは、店舗自体が小さいですから、テレビまではおいてないケースが

ほとんどではないでしょうか?

 

勿論、客としても、大手カーディーラーのようなサービスは求めていないのですが、

車検の見積もり依頼をしにいって、

 

すぐにカウンター席へ誘導されたのですが、

お茶が出てくるタイミングが遅すぎますね。

 

大手カーディーラーのように、コーヒーも何種類もあったり、

品質が良かったりすることは希望していません。

 

あくまでも、客に対して「よくきてくださいました」

という感謝やおもてなしの気持ちを込めた対応は必要です。

 

その意味で、お茶は選べる必要もないのですが、

どんなものでも、まずくても、すぐさま出てくることが大切な気がします。

 

金になる客なのか、空振りになる客なのかを見極めてから

お茶を出すようでは接客の基本姿勢が疑われるのではないでしょうか?

 

コバック車検の評判まとめ

店舗は清潔感がありますし、基本的な電話の受け答え、

来店時の挨拶や接客、帰る時のお見送りなど、

 

大手カーディーラーとの比較でも劣っていません。

 

また、車検整備の品質も十分であると感じます。

 

ただし、ブーツが切れている場合には、

部品を取り寄せるためでしょうか、

 

車検整備に時間がかかるなど、

よりスピーディーな対応力は求められます。

 

ただし、マニュアルでもあるのだろうかと感じさせる接客の仕方で、

とにかく車検の予約を暫定的にでも入れようとするあたりは、

 

積極性の表れでもありますし、

杓子定規な運営とも取れます。

 

電話で問い合わせをしてきた客が、店に行かなくても

疑問を解決できたり、

 

店に行ったら違和感を感じない接客があったり、

ほんのわずかなところなのですが、

 

努力目標はお店ごとにはあるのでしょう。

 

コバックがよりよい大手フランチャイズになることを

期待しています。

 

また、コバックに対抗するような勢力も

業界の水準を上げていくうえでも期待されます。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析