宮城県栗原市で桃のシャーベット販売「もぎたてフルーツ工房 土里夢」を移住者が創業!



人生の楽園では、宮城県栗原市へ移住してシャーベットを製造販売する

仕事を創業したご夫婦が紹介されます。

 

栗駒山に魅せられて、栗原市の土地を購入後東京から移住したということですが、

やはり、田舎の良さは外部の人の方が分かることある例です。

 

今や栗原市の桃のシャーベットを買いに、

栗原市内だけではなく市外からも来店するというのですから

大したものです。

 

栗原市はどんなところなのか、移住したくなるほどの栗駒山の

自然とは?また、東京からのアクセスや移住する際の土地購入法は?

 

また、移住先で、創業した「もぎたてフルーツ工房 土里夢

について紹介していきます。

 

 

宮城県栗原市の栗駒山に魅せられて東京から移住した夫婦が人生の楽園で紹介!

宮城県栗原市が舞台。移住した集落で無駄になってしまっている果実を利用して、

シャーベット作りを始めた渡辺信雄さん(67歳)と妻の生子さん(65歳)が主人公です。

 

自然に触れることが好きだったお二人は、

美しい栗駒山に魅せられて、栗原市に土地を購入

東京の住まいとの二地域居住を楽しみながら、地域の方々との交流を深めました。

 

信雄さんが退職した2014年に栗原市に完全移住しました。

田舎暮らしを楽しんでいたある日、

桃の収穫を手伝っていると形が悪い実を廃棄していることを知りました。

何かに加工できないかと考え、思いついたのは保存がきくシャーベットでした。

 

このアイデアを応援してくれたのは、二人が参加していた生産組合。

その仲間たちの全面協力のもと、2015年7月、地域活性化を目指して

もぎたてフルーツ工房 土里夢(どりーむ)」はオープンしました。

お店では、家庭の庭先に植えられ、あまり利用されていない自家用の果実もシャーベット

に加工しています。季節の果実や野菜などを使って作られるシャーベットは、

常時10種類以上。開店から一年、地元の人たちだけでなく、

市外からもお客様が訪れるようになり、地域は少し賑やかになって来ています。

里の恵みを生かすシャーベット工房。

仲間たちと夢を追いかける渡辺さんご夫婦の暮らしをご紹介します。

出典:宮城・栗原市~ 里山の果実シャーベット ~

 

移住先で桃のシャーベットで創業できるとは

地元の人に大きな刺激になるでしょうね。

 

廃棄する桃をシャーベットへ

確かに、桃は形が悪いとか、少々痛みがあるなどのことで、

出荷ができないデリケートな果物です。

 

私がバイトをしたことがある桃農家では、廃棄をするのではなく、

桃のジュースを製造販売する会社に

引き取ってもらっています。

 

果汁100%ジュースっていうのは仕入れコストが

安いですからそこそこ儲かる商売です。

 

ジュースは回転率が求められますが、

シャーベットにするとゆっくり販売できるので

賢い選択です。

宮城県栗原市までの東京からのアクセスは?東京から「くりこま高原駅」まで2時間!

ところで、東京から移住したのは宮城県の中でも仙台よりも北にある

栗原市なのですが知名度がないのであまりしられてないかもしれません。

 

というのも、栗原市は、平成の大合併で、10の町や村が合併してできた

市であるからです。

 

合併したのは、2005年4月1日で

築館町、若柳町、栗駒町、高清水町、一迫町、瀬峰町、鶯沢町、金成町、志波姫町、花山村

の10の町と村の集合体が栗原市です。

 

栗原市には新幹線到着駅の「くりこま高原駅」があって、なんと、

東京から2時間でアクセスが可能です。

正確に言えば、2時間5分で東京駅からくりこま高原駅まで

アクセスできちゃいます。

 

桃のシャーベットで栗原市を活性化している主人公が

栗原市に移住したように、東京からも予想以上に

身近な場所であることがわかります。

 

「古川駅 ⇒ くりこま高原駅⇒ 一ノ関駅(岩手県)」

という順番に北上しますので、くりこま高原駅は、

宮城県最後の新幹線停車駅です。

 

栗駒山周辺は一大観光地!

栗原市の地図を見ると、新幹線が通過しているエリアは田園が多くて、

平たんなのですが、西側の内陸部は山が多い場所です。

 

栗駒山はちょうど、宮城県、岩手県、秋田県の県境に位置する

山になっています。

 

栗駒山 国道342栗駒山荘~須川温泉

栗駒山 国道342栗駒山荘~須川温泉

 

写真は栗駒山付近の写真ですが、岩手県一関市と秋田県東成瀬村の

境付近の様子です。

 

 

 

 

栗駒山へ向かう国道342東成瀬村

栗駒山へ向かう国道342東成瀬村

 

栗駒山へ向かう秋田県東成瀬村を

走る国道342号線の写真です。

 

 

 

 

栗駒山は秋田県東成瀬村、岩手県一関市、宮城県栗原市方面へ道路が出ていますので、

それぞれ、観光ルートとして、眺めが素晴らしいですね。

 

栗駒山麓 紅葉

栗駒山麓 紅葉

 

秋の紅葉シーズンは栗駒山麓は

多くの観光客を集めます。

 

栗駒山に魅せられて栗原市へ移住しようとする

気持ちが芽生えるのもわかる気がします。

 

 

栗駒山に魅せられたということですが、栗駒山麓には、

岩手県一関、秋田県東成瀬村か湯沢市、宮城県栗原市という

選択があったはずですが、

 

東京からのアクセスの良さや太平洋側であることで、

秋田県側より若干、冬場は暮らしやすい点が

 

メリットだったのでしょうか?

 

⇒栗駒山麓 皆瀬ダムの小安峡湖は湯沢市紅葉の穴場スポットを画像で紹介!

の紅葉写真もご参照ください。

 

桃のシャーベットを購入できる「もぎたてフルーツ工房 土里夢」へのアクセス方法や連絡先

栗原市で桃のシャーベットを製造販売しているもぎたて

「フルーツ工房 土里夢(どりーむ)」

へのアクセス方法を確認してみましょう。

 

桃のシャーベットを販売する「「フルーツ工房 土里夢」は

「あやめの里」という「栗っこ農業協同組合」が運営している直売所に入っています。

 

所 在 地:宮城県栗原市一迫真坂字清水田川4-1

あやめの里 直売所 連 絡 先

  1. 電話:0228-57-6151
  2. FAX:0228-57-6152

営業時間 9時30分~18時

定休日:

  1. 4月から12月:毎月第1,3火曜
  2. 1月から3月:毎週火曜日
  3. 年末年始

あやめの里URL:http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/noenkan/cyokubaijyo-k-ayame.html

を見ていただければ、四季折々の地元の食材が

購入できることが分かります。

 

あやめの里は新幹線駅「くりこま高原駅」から約12㎞です。

 

栗原市へ移住し土地を購入するのは格安で取得可能!

移住するために家が垂れられる土地を購入する場合は、

アットホームのような不動産検索サイトでみてみると

 

売り土地が多く出てきます。

 

場所にもよりますが、約100坪の住宅用地が150万円で販売されていたりするので、

栗原市の土地や、中古一戸建ては買いやすいです。

 

仙台市は今は東日本大震災後の復興で、

不動産バブルが発生していますが、

 

栗原市は地震の影響が少ない地域で、

住宅用地などの売り物件の取り合いは起きていません。

 

ましてや、ローンなしの東京に家をもっている人なら、

売却して住み替えるには田舎の安い土地のおかげで、

資金計画がたてやすいかもしれませんね。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析