苦手な英語を克服して大学受験を突破する辞書でアンカーがお薦めな理由とは?



大学受験を目指すには理系、文系問わず、英語を制覇する必要が

あります。

 

英語で得点力をつけるには時間がかかるために、

苦手にする人が多いのが現実です。

 

しかし、いい英和辞典を使うことで、辞書で英単語を

調べるごとに、実力がついて、ポイント、

重要な表現やイディオムをマスターしていくことができます。

 

中学生や高校生にお薦めな辞書としては学研が出版している

アンカーです。

 

 

英和辞典アンカーの出版社学研は受験参考書を多数発刊していて大学受験のノウハウが多い!

学研が出版しているスーパー・アンカー英和辞典ですが、

歴史が長い辞書としてお薦めです。

 

ザ・アンカーから、名称が変遷して、現在はスーパー・アンカーという

名称になっています。

 

アマゾンでのレビューも5つ星が並んでいます。

 

学研は東証1部に上場する学習参考書に関する出版社ですが、

最近では進学教室の市進学院や市進予備校を運営する

市進HDの筆頭株主にもなっています。

 

長年の受験参考書の出版経験から学研の辞書には、

見やすく、単語以外の需要な連語、イディオムなども

 

ゴッシックで表現されているので、

大学受験を目指す高校生を応援する姿勢が感じられます。

 

勿論、高校生だけではなく、中学生でも英検2級レベル以上を目指す

人なら、利用したい辞書になります。

 

辞書を引くたびに実力がつくのがアンカー!大学受験で出題される英単語の意味が見やすい!

大学受験の英語をマスターするには、

英単語には一般的に知られている意味以外にも

 

別の意味で用いられることがあることを知る必要があります。

例えば、名詞のworkの意味は仕事ですが、

 

作品という意味で利用される場合もあって入試では

よく出題されます。

 

1つの単語には多くの意味があるのですが、

重要で覚えておきたい意味はアンカーの場合には

太字で明確に強調されています。

 

大学受験でも問われそうな意味については太字で、

出題頻度が少ない意味と区別して掲載されています。

 

辞書を引くたびに、重要ポイントとして覚えておくべきであるということが

非常にわかりやすく表現されているので実力がつきやすいです。

 

辞書で英単語を調べるごとに、英語の言い回しや受験で出題されるフレーズが身につく!

大学受験でよく出題されるのは、連語、イディオムと呼ばれるものです。

ことわざなども出題されることがあります。

 

つまり、単語を調べるごとに、大学受験や英検で出題される

重要な決まり文句やフレーズが見やすく

使い方を解説しているのがアンカーです。

 

淡々と、意味を並べて、イディオムもついでに掲載しているという

感じではなく、

 

重要な連語の意味や使い方を見やすく解説している

という点では参考書にも近い辞書と言えるでしょう。

 

英語が苦手な人にも見やすく、単語の性質が見やすくなっている

英語を苦手にする人が多いのは、地道に辞書を引く作業の

積み重ねが苦痛だからでしょう。

 

しかし、辞書を引くたびに英語力がついていくのが分かると、

前向きに取り組めるようにもなるものです。

 

その意味では、受験に出題される可能性が高い部分を

重点的に見やすく編集している辞書を利用することが大切です。

 

例えば、英語が苦手な人に多いのが、動詞に自動詞と他動詞の

違いがあることを理解してない点が1つ挙げられます。

 

辞書を引くときに動詞が目的語を直接とれる動詞なのか、

前置詞が必要になる動詞なのかという違いを明確にしていく必要があります。

 

アンカーでは、自動詞、他動詞の区別も見やすく表現されています。

 

また、連語についても自動詞か他動詞かの区別をしています。

 

「WORK   OUT」という連語は「努力して・・・を作り出す」

という意味ですが、

 

直接目的語を持ってこれる他動詞であることが

明記されています。(見やすく表示されている)

 

連語の意味と用法だけが掲載されているものよりも

親切に丁寧に説明されています。

 

英単語の語数を多数収録した英文科の学生が利用する辞書として

専門家に作られたものではなく、

 

大学受験を目指す人に役立つように語数は限られていますが、

マニアックなものは省いて、かつ、

 

受験英語を制覇するために作られている点でも

英語が苦手だとい人にはお薦めです。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析