世田谷マンションでバラバラ事件、1階物置経由の侵入!手狭になったら断捨離を!



 

碑文谷公園バラバラ事件の犯人が世田谷区野沢3丁目の

マンションへの侵入経路として、

1階の物置に足跡がついていたことがわかりました。

 

基本的には専用部分は室内だけであって、

1階部分の共用部分には物置をおいてはならないことになっている

マンションが多いのではないでしょうか?

 

物置を1階部分の専用庭などに置きたくなるのは、

部屋が手狭になるからです。

 

規約を守ってマンションで生活するには

思い切った断捨離が必要です。

 

 

世田谷マンションバラバラ事件の犯人が侵入したのは1階物置から!

 捜査関係者への取材で、マンション1階部分にある物置の上から

容疑者の靴の跡が見つかっていたことがわかった。(中略)

 1階の物置の上にのぼってフェンスを伝って2階に上がり、

その後3階までよじ登ったとみて調べている。

出典:日本テレビ系(NNN)

報道では、マンション1階部分にある物置の上から

犯人の靴跡がみつかったということですが、

 

そもそも、共用部分に個人的な物置があったとしたら、

問題かもしれません。

 

マンション1階共用部分に部分に物置をおいてはならないのが原則!

 

物置を個人的に共用部分に置くのは通常は

防災上の意味からも許可されていないことが多いはずです。

 

1階の仮に専用庭だとしても、通常の使用では

独占的に使用できる反面、

 

使用方法については管理規約で制限がされています。

 

犯人は物置がなくても上の階へ登って行ったののかもしれませんが、

物置を経由して3階まで侵入し、

バラバラ事件につながっていった点は残念です。

 

マンションが手狭になったら物置ではなく、断捨離を!

マンション暮らしをしていて、

物置を置きたくなる気持ちはよくわかります。

 

60㎡~70㎡の3LDKマンションで、仮に夫婦と子供一人の家族3人で

暮らすことを考えると、

 

ぎりぎりの大きさ、スペースです。

 

一戸建てへの買い替えを検討する人が多いのも理解できる

というものです。

 

生活していくうえで荷物が増えて、

マンションに暮らす人の中にはダメだとわかっていながらも、

 

ベランダ部分やその他共用部分に物置を

おいてしまう人もいます。

(ベランダに物置設置が管理規約上禁止されているとしても)

 

物置を買おうとする前に、物が整理されずバラバラになっていないか確認し断捨離を!

物置を買う前に、できるだけ部屋にあるものが、

本当に必要なものかを確認して、

どんどん、断捨離することをお勧めします。

 

また、部屋の中が整理整頓されていなくて、

ものがバラバラに散らばっている人は

 

特に、部屋の中を片づけを断行したうえで、

手狭さを解消することをお薦めします。

 

⇒会社の資料や書類が捨てられない人が整理せず給与明細から断捨離する方法とは!

の記事で書いたように、使用していない書類や資料を

捨てるだけでも、

 

あっという間に、10リットルのごみ袋2つ分くらいは

でるはず。

 

つまり、物置に入るくらいの利用していない、

必要ではないものが処分できて、

 

物置の購入代の節約にもなります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析