爪水虫が塗り薬だけで完治する?ルコナック爪外用薬5%が使用開始に!



水虫は暑い夏の季節に長時間靴を履くことによって、

発病してしまう人が急増します。

 

また、場合によっては、引っ越し先で前住人が水虫を持っていたことで、

引っ越しをした家族が全員、

感染してしまったという例もあります。

 

「かかと」や「指の間」など爪以外の皮膚にできる水虫であれば、

塗り薬で完治できます。

 

今現在の常識では爪水虫になった場合には

塗り薬では治らず、内服薬を服用する必要があるというのが

常識になっています。

 

ところが、2016年に新たに爪水虫に効果があるとされる

ルコナック爪外用薬5%」という水虫薬が販売されています。

 

爪水虫が塗り薬で完治する可能性を高める動きとして

注目です。

 

 

爪水虫は塗り薬ではなく、内服薬というのが常識だった!

爪

爪水虫に対して、内服薬で完治できる理由は、

内服薬が爪の根元から白癬菌を駆除していき、

 

爪の伸びと共に、爪全体が生え変わる時間の経過とともに、

完治する仕組みがあるからです。

 

一方で、塗り薬では爪水虫を完治できなかった理由は、

爪の根元から攻撃するのではなく、

 

爪の外側から内部に向かって白癬菌を駆除する方法であるために

白癬菌が爪の根元にはかならず住み着いてしまうという

 

爪白癬菌と戦う上で白癬菌に優位性があったからです。

 

白癬菌を駆除するスピードよりも爪が伸びるスピードが

勝ってしまうと、どうしても白癬菌に勝てずに、

 

水虫薬を外部からぬっていっても、

上滑りに終わってしまいます。

 

しかし、白癬菌に効果があるとされる塗り薬が

従来の1種類から2種類へと選択枝が増えています。

 

爪水虫の塗り薬として2014年以降に承認されているものは2つだけ

 

爪水虫に効果があると言われている塗り薬はいまのところ3つしかありません。

 

水虫の治療にクリニックに行っても、爪ではない皮膚用の外用薬を

出されてても、皮膚は治るでしょうけれども、

爪の部分は治らない点に注意しましょう。

 

爪の水虫に効果があるとされる水虫薬は

次の2つだけです。

 

2014年9月から使用可能になった

外用製剤のトリアゾール系抗真菌薬エフィナコナゾール(商品名クレナフィン)

 

2016年から使用可能になった

イミダゾール系抗真菌薬ルリコナゾールはです。(商品名ルコナック)

 

の2種類です。

 

クレナフィンの特徴

 

クレナフィンは科研製薬で開発された日本で初めての

爪白癬菌の塗り薬です。

 

従来の塗り薬は爪の内部、爪床(そうしょう)とよばれる、

爪がある土台部分まで浸透できるのが特徴で、

 

爪水虫を完治させる機能を有しています。

 

ルコナック爪外用薬5%とは?2016年に新発売される爪水虫の塗り薬で完治できる理由は?

 

ルコナック5%の水虫薬として効果を発揮する成分は、

イミダゾール系抗真菌薬ルリコナゾールと呼ばれるものです。

 

ルリコナゾールは白癬菌に対してこれまでも効果があるということで

使われてきたものです。

 

ですから新たに開発されたものではないのですが、

薬品に含まれる濃度が高くなっている点が違う点です。

 

日本農薬によると、ルリコナゾールは「爪白癬の主要病原菌である

白癬菌について極めて強い活性をしめす」

 

ということで、

根治に向けた期待が持てます。

 

爪への浸透力が高く、皮膚に利用する水虫薬よりも

高濃度であることで、

 

爪水虫に対する攻撃力が高いという点が特徴的です。

 

ルリコナゾールという成分は日本農薬で開発されて、

 

水虫薬ルコナック5%は佐藤製薬とポーラファルマから

製造販売されています。

 

これまで塗り薬では治らなかったという人も、

新薬を試してみてはいかがでしょうか?

 

⇒水虫薬の選び方 治療法と完治後の予防法とは?足がむずむずする人必見!

 

副作用もあるので、医師の診断をうけることは

勿論ですが。







関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ