青森県のウニ丼なら佐井村 ぬいどう食堂と仏ヶ浦ドライブインが双璧!



東北エリアでも北部に位置する青森へドライブ、ツーリングなど、

レジャーに出かけるにしても遠くて億劫な場所にもなりかねません。

 

しかし、青森県は行きたくなる動機があれば、

長旅も楽しいものです。

 

東北へのドライブコースとして、

ウニ丼をの名店である青森県佐井村にある

ぬいどう食堂仏ヶ浦ドライブインを組み込んでみてはいかがでしょうか?

 

 

青森県佐井村はウニが特産品の海の町!

まずは、青森県佐井村はどのあたりにあるのかを地図で確認してみましょう。

東京から青森県佐井村まで、800キロメートルを超える長旅になります。

 

高速自動車道を通過しても、10時間程度もかかので、

片道だけで1日がかりのドライブになります。

 

青森県の下北半島の西側の海辺の町が

佐井村です。

 

地図で見てもわかる通り海に面して細長い形状を

しているために、集落は海岸線に沿ってしかありません。

 

また、わずかな平たん地が海岸線にあるだけで、

その他はすべて山になるので、

 

山から流れ出るミネラルが海産物を育てるという

特徴も備えています。

 

そのために、青森県は海産物が豊富で、

佐井村はウニの産地としても知られています。

 

佐井村の観光名所は?

恐山の方に仏ヶ浦という観光名所があるのですが、

この「仏ヶ浦」には、年間20万人もの人が訪れています。

 

ウニを食べに行くのと、名所「仏ヶ浦」の絶景を見るというだけで、

十分にドライブやツーリングに行く価値はありますね。

 

所在地は佐井村大字長後という地名になります。

 

 

全国からウニ丼目当てに佐井村のぬいどう食堂へ!東京からのアクセスは?

 

佐井村でウニ丼を食べるなら、ぬいどう食堂が最も

有名で全国からウニ丼、歌舞伎丼を食べに

訪れる名店です。

 

バイクツーリングや車でのドライブで

下北半島をぐるっと回りながら、

 

昼飯には、ご飯の温かさでトロトロに溶けるウニの美味さは至高です!

 

青森県佐井村ぬいどう食堂は各種メディアでも紹介されている!

ぬいどう食堂では、ウニ丼と歌舞伎丼が有名ですけれども、

満足する理由は新鮮なウニがあるだけではなく、

 

店主の気前の良さでしょう。

 

どんぶりに山盛りの新鮮なウニというのは

量が多すぎてなかなか食べられる機会が少ないものです。

 

味の良さと量の豊富さで圧倒的な人気になっています。

 

メディアでも多く紹介されるほどの評判です。

店主の柳田良子さんが紹介されます。

 

佐井村のぬいどう食堂はグルメ雑誌にも掲載されています。

 

ぬいどう食堂の店主柳田良子さんとは?

ぬいどう食堂の店主柳田良子さんは、山盛りのウニを提供するのは、

はるばる遠くから来てくれたことに対する感謝の気持ちだといいます。

 

 

実際にお店に行った人の評判もいい感じです。

 

ぬいどう食堂 店舗情報 アクセスと連絡先 ウニ丼の時期は?

住所:青森県佐井村大字長後字福浦川目83-1

電話:0175-38-5865

ウニ丼の時期:5月から8月頃まで

営業時間:9時~15時まで

 

ウニ丼は1500円で提供されていますけれども、

カード利用はできません。

 

また、電話連絡の上、ウニの入荷があるかどうか、

売り切れていないかなど、

確認の上、行ってみましょう。

 

 

佐井村ではウニ丼はぬいどう食堂と仏ヶ浦ドライブインが双璧!

佐井村には、ぬいどう食堂のほかに、仏ヶ浦ドライブインという

村の猟師が経営する食堂もあります。

 

ウニ丼を食べるなら、ぬいどう食堂か、仏ヶ浦ドライブインということに

なるでしょう。

 

仏ヶ浦ドライブインへのアクセスと連絡先

住所:青森県佐井村大字長後字福浦川目85

電話:0175-38-5825

 

青森県佐井村産 ウニのお取り寄せ

佐井村産のウニを加工してつくった特産品に、

津軽海峡甘塩ウニがあります。

 

アマゾンを利用して通販で

自宅で佐井村の味を堪能できます。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ