高島礼子 世田谷区の自宅売却の理由は夫と共有名義で離婚!不動産買取業者の利用もあり?



高島礼子さんの夫が不倫関係にあった女性と

薬物依存症の為に摘発されてしまいました。

 

高島礼子さんも薬について疑いをかけられたために、

尿検査も受けさせられました。

 

結果的には夫との離婚をしたことで、

薬を購入するお金を高島礼子さんのもとから

流出させる動きはとまりました。

 

さらには高島礼子さんは夫との愛の巣であった

共有名義の世田谷区の自宅売却するうときがあるとされています。

 

売却理由はもちろん、離婚です。

 

 

薬物依存症が芸能人に多いのはお金持ちが多いから?

元プロ野球選手の清原もタレント活動をしているさなか、

裁判所に執行猶予付き判決をうけるなど

薬物依存症に陥っていました。

 

芸能人だから依存症になるというよりも

お金を持っているから、反社会的勢力に狙われていると

考えた方がいいかもしれません。

 

清原和博氏は自宅マンションも売却、

高級車も売却して、

 

あらゆる資産を失っています。

 

薬物中毒は有り金すべて使い果たすだけの

強い依存症になります。

 

まさに、富裕層から反社会的勢力への資金の流れを作るという意味で

狙い通りなのです。

 

清原氏が売り払った資産の代金は

反社会的勢力へ流れていったのではないでしょうか?

 

 

 

夫を介して高島礼子のマネーが反社会背力へ吸い上げられている!

高島礼子さんの夫は高額な薬物を

無職でありながら、高島礼子さんの稼ぎで

支払っていたと考えられます。

 

夫が支払う薬の代金は違法な行為を行う反社会的勢力へ

流れていくことになります。

 

国も反社会的勢力へは一切、資金提供をしないことために

排除の5原則を示しています。

 

  • 反社会的勢力を恐れない
  • 反社会的勢力を利用しない
  • 反社会的勢力に資金を提供しない
  • 反社会的勢力と交際しない
  • 反社会的勢力と取引しない

出典:反社会的勢力排除の5原則

 

この5原則は不動産取引で注意喚起されていることですが、

あらゆる分野で、反社会的勢力は排除していくべきです。

 

離婚をすることで反社会勢力へのマネーの動きを止められる

高島礼子さんは離婚ということについて、

妻としての責任、不倫されたことについての怒りなど、

 

いろいろなことから迷っている節もあるのですが、

 

基本的に夫を介して反社会勢力へお金が流れてる現状が

ある以上、離婚はするべきです。

 

勿論、離婚後は一切、お金については提供はなしということで

縁を切るべきなのです。

 

離婚をしないと資金提供者という共犯的な

立場にもなりかねません。

 

高島礼子のような世田谷に自宅を持つようなお金持ちが反社会勢力から狙われる

高島礼子さんは世田谷区に一戸建てを、

新築しています。

 

都内でも人気の高い芸能人が多く住む場所には

土地の値段が高いので、

それなりの資力がなければ新築することはできません。

 

そういった富裕層のマネーを吸い上げようと

狙うのが、反社会勢力です。

 

高島礼子 自宅を売却か?理由は離婚!

不動産を売却したいと思う人の理由、動機になるものとして、

離婚があります。

 

そもそも、離婚する前は、二人の愛の巣だったはずなのですが、

新たな人生を再スタートするにあたっては、

いやな思い出の塊になってしまうことが多いのです。

 

高島礼子さんの場合であれば、夫の為に新たなビジネスを

スタートさせるなどいろいろ力になってあげたにも関わらず、

 

夫は薬物におぼれ、高島礼子さんの自宅寝室で、

不倫をしていた可能性すらあるわけです。

 

裏切られた妻として精神的に堪えます。

 

裏切られた夫と楽しく暮らすはずだった自宅は、

思い出すのも嫌な場所になってしまった可能性は高いです。

 

高島礼子さんだけの事情ですから、第三者にとっては

家の間取りや立地、外観や築年数などをトータルに考えて、

 

価格的に魅力があれば購入したい人は十分に出てきます。

 

離婚をした夫婦の自宅が売却される理由は共有名義にも!高島礼子と夫も共有名義

離婚をした夫婦の自宅が売却されることが多いのは、

夫婦の共有名義で所有する場合もあるからです。

 

共有名義で購入するなんて、自宅購入時は仲睦まじい様子であることが

わかります。

 

逆に離婚をするような状況になると、別れたのにローンを支払うことが

ばかばかしくなりますし、

 

共有で所有する意味もありません。

 

高島礼子さんの場合も、2003年11月に2億5千万円で購入した世田谷の

自宅は夫との共有名義です。

 

購入代金のうち、高島礼子さんが出した2億弱の金額以外は、

夫が金融機関から7500万円の借り入れをしています。

 

勿論、高島礼子さんは妻として、共有名義者として、

夫の連帯保証人に設定されているはずです。

 

今後、夫の高知さんは住宅ローンの支払いはできないでしょうし、

支払う気もないでしょう。

 

支払いが滞るようなら高島礼子さんに請求がきますので、

売却して住宅ローンの関西をしてすべて清算をしたいという

決断をするのは当然の動きです。

 

 

自宅の売却理由が離婚の場合に注意する点は?

自宅の売却を考える時に価格をいくらに設定するかという問題が

あるのですが、住宅ローンの残高がきれいに消えるのならば、

 

さっさと売却してしまいたいという気持ちが

強い傾向があるのではないでしょうか?

 

高島礼子さんのケースでは、夫が警察ざたになったことや、

不倫をされ裏切られたことなどを早く忘れたいという

気持ちから、

 

安くてもいいから早く売ることを優先しがちです。

 

あるいは、じっくりと3か月程度かけて仲介業者に依頼して

売却すれば高く売れるものを、

 

早く手放したいということで、買い取り業者に

破格の値段で安く手放すケースもあり得ます。

 

それだけ、嫌な思い出とはきっぱりと縁を切りたいという

思いが強くなっています。

 

なかなか売れないと焦りが出ますので、

早急に売却する手段として転売目的の不動産業者の

買取という仕組みを利用しがちになります。

 

買い取り業者が再販して得る利益の分だけ

焦ると安く売却してしまうことにもなります。

 

とにかく自宅を安くても売却したい人には買取業者の利用もありか?

マイホームの売却では、高く売るのが目的ではなく、

処分するという意味合いで安くてもいいから時間的に

早く、短時間で売却したいという発想も理解できます。

 

大手の買い取り業者で、買い取り再販件数のランキングでは

次のような業者があります。

 

  1. カチタス(未上場 全国対応)戸建て中心にマンションも買取
  2. フジ住宅( 東証一部上場 大阪府中心)
  3. インテリックス(東証一部上場 東京都渋谷区)首都圏のマンション中心
  4. 大京クループ(大京は上場企業)中古マンション買取
  5. トータルエステート 東京神奈川中心にマンション買取
  6. イーグランンド マンションも戸建ても買取
  7. リプライス カチタスが買収した会社
  8. エフ・ジェイネクスト マンション中心
  9. 長谷工リアルエステート マンション買取
  10. スターマイカ 賃貸人がいるマンション物件の買い取り

 

その他にも、大手不動産フランチャイズのハウスドゥや、

ケイアイスター不動産などは、マンションや戸建てに限らず、

土地なども買取を行っています。

 

⇒ハウスドゥってどうよ?就活生、投資家もリースバックと業績推移に注目!

 

仲介で売れる価格よりも、買い取り業者の利益や仕入れ経費の分値段は安くなるのですが、

早く売るということについては、即現金化できるメリットがあります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析