小林麻耶の病気は水分の摂りすぎが原因!雨で頭痛がするのも特徴!



2016/11/2の関東地方は12月上旬並みの寒さになりました。

天気も曇り時々雨という感じでした。

 

そんな中で、小林麻耶さんがブログを更新して、

頭痛がするので、皆さんもご自愛くださいと

コメントしています。

 

体調不良で長期休養をしているのですけれども、

病名をこれだと決めつける西洋医学の考え方ではなく

 

漢方的な見方では、小林麻耶さんは水分の摂りすぎなどで、

体内の水分が多いことで体調不良を起こしている

病気とみることができます。

 

小林麻耶 雨で頭痛がするのは妹の麻央と同じで体内に水分が滞っている!

小林麻耶さんの妹で乳がんの闘病中の

小林麻央さんは雨が降ると頭痛がするようになったと

いうことです。

 

麻央さんのように出産がきっかけで雨が降ると

頭痛を発症する人が多いのは確かです。

 

参考記事⇒小林麻央 産後は雨で頭痛!治し方は五苓散という漢方?

きっかけはどうあれ、雨が降ると頭痛がするというのは、

体内に水分が滞っている証拠で、

漢方では水毒という風に言われているのです。

 

小林麻耶 病気の原因はコーヒー好きも影響か?

小林麻耶さんは倒れて病院に搬送されて以来、

コーヒーが飲めなくなったなどの症状がでました。

 

コーヒーは体を冷やす効果があるので、

コーヒーが飲めなくなったというのは

体の防衛反応が正常に働いている証拠です。

 

参考記事⇒小林麻耶 カフェインを断つ!コーヒーの飲み過ぎはパニック障害に悪影響!

コーヒーが飲めていた時は、

コーヒーには独特のうまみ成分があるせいなのか、

ついつい、1杯、2杯と飲んでしまいがちです。

 

コーヒーが好きな人なら、1日に1杯だけという人は少ないはずで、

5杯以上は当たり前という人も多いはずです。

 

結果的にコーヒーを飲むことで、体内の水分量が多すぎてしまい、

水毒の症状になってしまうわけです。

 

しかも、コーヒーは体を冷やすので

利尿作用があるのも当然の働きです。

 

小林麻耶の病気は水分の摂りすぎや冷えから来ている!その理由とは?

小林麻耶さんの病気は体内に水分が多いことが原因しているように

推測されます。

 

その理由についてみていきましょう。

 

パニック障害は水分の摂りすぎや冷え性も原因!

最近の小林麻耶さんのブログではエレベーターに乗れないことも

克服しつつあります。

 

一人でエレベーターに乗車中に人が入ってきて、

ややパニック的な症状を覚えたりするのも

 

体内の水分が滞っていることと、

冷え性(低体温)などが原因しています。

 

パニック障害で脈があがったりするのは

体温を上げようとする体の働きです。

 

ですから、パニック系のうつ病の予防や

治療のためには体を冷やす水分を多くとることを

控えること、

 

食べ物や飲み物にしても体を温めるものを

食べることが大切です。

 

小林麻耶は頭痛持ち!体の痛みは水分の摂りすぎや冷えからくる!

小林麻耶さんは麻央さんと同様に雨が降ると頭痛になる

体質です。

 

雨で頭が痛くなるのは体内の水分が過剰になっていることが

影響しているのは先ほど述べたとおりです。

 

しかも、漢方の考え方ではあらゆる痛みというのは

水の流れがうまくいかないことが原因であると

考えています。

 

水分を多くとる人が下半身デブになり、膝の関節が

いたくなったなどは典型的な例です。

 

また、手の指の関節にしてもキーボードのたたき過ぎなどの

職務上の原因もあり得るのですけれども、

 

秋や冬で寒い時期にも関わらず、体を冷やすような

飲み物を多く飲んでいるようなことも、

原因になる場合があり得ます。

 

小林麻耶 手足のしびれで握手会もサインもできなかったのも水毒!

麻耶さんは出版した「まや道 向かい風でも笑顔の理由 」の握手会が

体調不良でできなかったこと、

 

サインも手足のしびれでできなかったことを

ブログでお詫びしています。

 

そして、手足のしびれというのは東洋医学の世界では、

体の中に水分が多い状況になっているサインなのです。

 

パニック障害という病気だから手足がしびれるというのは

説明が簡単につきませんから。

 

水毒を治すにはどうしたらいいのか?

麻耶さんのように雨になると頭痛がする、

あるいは、パニック障害などの病気を予防したい、

 

アレルギー症状を改善したい、

手足のしびれを治したい

下半身デブで膝が痛いなど、

 

多くの人が水分の摂りすぎが原因で

漢方でいう水毒になっています。

石原先生は東洋医学の専門家でもあり、

医学博士です。

 

「水分の摂りすぎは今すぐやめなさい」

という本が最も説得力があり、

 

誰が読んでもわかりやすくて、

直ぐに実践できる体を温める飲み物や食べ物を

知ることができます。

 

頭痛や関節痛などのあらゆる痛み、アレルギー、水太り、パニック障害、

頭痛などから、解放されるノウハウが満載の本として、

お薦めです。

 

水分を多くとる必要があるのは、それだけ運動をしたりして、

汗などで水分を出した時など、

必要な分を補充することが大切です。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析