携帯・スマホの GPS機能で会社は営業社員の動きを注視!注意点を説明



入社1年目の営業マンでも会社から携帯(ガラケーでもスマホでも)支給されている

かと思います。

 

会社名義の携帯を支給するのは、仕事上必要であるだけではなく、

GPS機能を利用して、外出が多い営業社員の動きを注視しているのです。

 

会社名義の支給されている会社員が注意すべき点は

どんな点でしょうか?

 

 

不動産大手のある会社は社員の動きを携帯のGPSで管理しているという噂が?

会社名は言えませんが、不動産会社でも全国的に名前が知られている

会社は社員に配布している携帯で勤怠管理をしているといいます。

 

勤怠管理といえば、朝何時に出社して遅刻をしていなか、

何時に帰ったのかなどのイメージなのですが、

 

携帯のGPSでわかるのは、毎日リアルタイムで社員がどこに今いるのか

どのように移動をしているのかを管理部門が監視することが可能になっています。

 

 

会社の管理部門では、画面上で社員の動きを確認している

例です。

 

営業社員のサボりが携帯でばれる!1日の行動を報告する日報とGPSデータと食い違いに注意!

営業社員は1日、どんな仕事をしているのかを

会社へ日報のようなもので報告をしているはず。

 

会社側には報告を受ける前に、GPSでどういう動きをしていたのかが

把握されていますから、

 

サボっていたり、嘘の報告はばれます。

 

例えば、暑い夏の日なら、木陰に車を止めて

寝ていたいですよね。

 

勿論、昼休みに該当する時間ならいいわけが立ちますが、

3時間も寝てたらまずいでしょうね。

 

サボっているときに限って、上司から電話が入るという時は、

注意した方がいいでしょう。

 

営業をしていて、会社から携帯を持たされている

営業社員は念のために注意をして

 

会社への報告と食い違いが内容に注意をしないと、

虚偽の報告で会社から罰せられる可能性があります。

 

携帯のGPSで行動を管理しているとされるある会社の社員の働き方はどうなのか?

某大手不動産会社では、社員の行動を形態のGPSで

管理しているのを、社員も噂で知っているようなのです。

 

結果として、サボるようなことはなくなるというメリットはあるのですが、

生き生きと仕事をしているようには見えないのは

気のせいでしょうか?

 

1日が終わって、会社に業務日報を報告する見栄えがいいような

仕事をしているふりをする行動になっている

ようにも気がしないではありません。

 

本来なら行かなくてもいい場所へ、

会社への報告上、また、携帯で監視されている手前、

 

成果が出る行動というよりも、

会社側が喜びそうな場所へ行ってみるという

意味のない行動になっている場合もあります。

 

外部の目から見て、会社にいい報告をするための

活動なんだろうと感じてしまいます。

 

会社名義の携帯を持つ社員はGPSで会社から監視されていると思って仕事をする

会社側は携帯のGPSデータと社員からの報告の食い違いをついてきます。

 

会社にとっては、証拠をつかんでる為に、業績が悪化したときや、

定期的な人員整理の時のリストラの正当な理由として活用します。

 

営業社員で外出することが多い人は、

会社から弱みを突かれないような行動の仕方をまず

心がけることが必要です。

 

本来は一日の終わりに業務報告書として

日報を書いていると思うのですが、

 

間違いない報告ができるように、時間と場所については

メモを取っておくくらいの方がいいかもしれません。

 

勿論、業務中に仕事以外のサボりをするべきではないのは当然です。

 

その上で、業績も上げていく必要があるでしょう。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析