岡村咲 謎の病気は遅延型食物アレルギーで倦怠感の原因だった!



プロゴルファーの岡村咲さんは倦怠感、頭痛、抜け毛に

悩まされてた時期があったのですが、

 

病院での検査には異常がなく、結果的に

遅延型食物アレルギーという病気あるために

 

体調不良を起こしていた

原因であることが判明しています。

 

アレルギー反応は、有名なところでは、花粉症などもアレルギーですから誰でも持っています。

遅延型食物アレルギーとはどのような病気なのでしょうか?

 

 

岡村咲が発症した謎の病気=「遅延型食物アレルギー」とは?

岡村 咲(おかむら さき)さんは、徳島県板野郡出身で

1992年8月7日 生まれの女子プロゴルファーです。

 

身長168センチ 体重58キログラムと

しっかりとした体格ですから今後パワフルなショットを見せてくれるでしょう。

 

ゴルファーにとって体調管理と力をつける意味で、

食べることも大切な仕事の1つになります。

 

そんな岡村咲さんは遅延型アレルギーを発症してしまったことで

便秘、倦怠感、血便、血尿がでるようになって、

まとまった抜け毛がでるようになってしまいました。

 

岡村さんにとってのアレルゲンは

  • 小麦
  • 乳製品(牛乳、チーズ、バター、マーガリン、ヨーグルトなど)
  • 醸造イースト
  • 発酵調味料(味噌、しょうゆ、みりん、酒など)

です。

 

遅延型食物アレルギーの注意点は?

食物アレルギーには2種類あって、すぐに症状が出る即時性アレルギーと

食べ物を食べてから、数時間~数週間後にアレルギー反応が出る

遅延型アレルギーの2種類あります。

 

つまり遅延型と呼ばれる理由は即座にアレルギー反応が出ず、

後発的に出てくるからです。

 

後からじわじわと食物アレルギーが出るので、

食物アレルギーと気が付きづらいことが注意点です。

 

直ぐにアレルギー反応がでるものにはアナフィラキシーショックがあります。

⇒叶美香、「咳止め薬」アレルギーの呼吸困難で入院!アナフィラキシーショックを予防する方法は?

を参照ください。

 

遅延型アレルギーの症状は岡村咲さんのような便秘だけではない

遅延型アレルギーの症状では、

岡村さんははじめ、便秘になったということですが、

 

下痢や腹痛を引き起こす場合もあります。

 

消化器系に障害が出てくるのが特徴で

血便もでてしまったと推測できます。

 

また、岡村さんのように倦怠感もでてきますし、

慢性疲労やむくみがでてきますので

 

腎臓や泌尿器系への影響も出てしまいます。

 

血尿が出たというのは腎臓や泌尿器系へ

食物アレルギーが作用してしまった証拠です。

 

食物アレルギーのもとになるアレルゲンは

まるで薬の副作用のような怖さですから、

 

なんとなく体がだるいとか、謎の体調不良があるときには

遅延型アレルギーなども疑ってみる必要があるでしょう。

 

岡村咲さんが病気を公表したのも同じ病気に苦しむ人たちに

少しでも役立ちたいという思いからです。

 

気を付けていきましょう。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析