つんく♂の妻 夫が好きな肉料理と外食減らし余命を伸ばすへレシピ変更!



つんく♂さんは、喉頭がんのため2014年10月に声帯を全摘出して、

家族のため自分の為にいきることを選択して声を失いました。

 

ガンは再発する危険性が高いために、今後も健康管理には

注意を払う必要があります。

 

幸い、つんく♂さんには料理上手な奥様がいらっしゃいます。

 

料理上手で夫思いなの注意点は夫の好きなものを料理して

食事をたのしむのではなく、

夫の健康を考えて、レシピを考えることです。

 

その意味でつんく♂さんの余命を長くするも短くするも

奥様の料理にもかかっていることを妻の加奈子さんは

理解して、実践しています。

 

 

つんく♂ 妻への感謝の気持ちで結婚記念日には外食

2016/6/8はつんく♂と奥様の10回目の結婚記念日で

久々にご夫婦で外食を楽しんだことがわかりました。

 

つんく♂さんへの妻からのサポートは精神的にも、

食事の面でも大変重要な役割を果たしています。

 

結婚記念日に二人で久々に外で食事をするのは

日頃の妻への感謝にほかならないでしょう。

 

つんく♂さんの妻が実践したことは肉料理と外食を減らしてがん再発防止と余命を伸ばす健康レシピへの変更

咽頭がんになるまでは、つんく♂さんは肉料理中心で外食が多かった食生活を

摘出手術後は奥様が率先して改めています。

 

⇒肉食系男子、今井雅之、大腸がん原因は?加工肉は危険!

 

つんく♂さんが好きな料理をだすのではなく、

夫の健康と再発予防を優先して、

 

健康にいいものを調理して外食を改めた点は

どの家庭でも見習うべき点です。

 

特に夫が結婚以来、「幸せ太り」しているのは

奥様の料理がおいしいのもあるでしょうけれども、

 

夫が好きなものを中心に料理をしているかもしれないのです。

 

あるいは、外食の頻度が高いとどうしても、

濃い味付けでギトギトしたものが多くなりがちです。

 

家庭での料理を見直すだけではなく、外食の頻度についても

見直す必要があるという例です。

 

がん患者は余命宣告されなくても再発のリスクにさらされている!

鳥越俊太郎さんはがんを克服していることで

講演で啓蒙活動を行っています。

 

2016年の春の桜を見たときに、鳥越さんは今年も桜が見れた

と感慨ぶかく感じたそうです。

 

その背景には、がんという病気は手術後に経過がよくて

余命宣告されていなくても、

再発するリスクが高いという認識があるからです。

 

再発を予防するための食生活の改善は

とても大切な意味があります。

 

つんく♂の妻から学ぶ 家族を健康にする夫への料理の作り方とは?

夫が好きな牛肉を、百貨店で高いけれども高品質なものを買って

料理をすれば、お肉が好きな夫は喜ぶかもしれません。

 

妻の側としても、夫がおいしいって言ってくれるのがうれしいという

気持ちもあるかと思います。

 

夫を思う気持ちは否定する考えはありません。

 

 

ただし、夫が楽しみにしてくれるおいしい食事は

偏っていると、

メタボになったり、度が過ぎると重病を引き起こしかねません。

 

⇒泡立つオシッコで隠れメタボのチェックができる?高血糖の改善法とは?

 

特に、夫がちょっと太ってきたと思ったら要注意です。

 

家族や夫が好きな食べたいものを中心に料理をするのではなく、

できる限り、健康を考えて、

 

食事を組み立てていきたいものです。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析