小林麻央 乳がんは子供二人と3人目には遺伝するのか?



小林麻央さんは今、乳がんと命をかけた戦いをしています。

 

都内の大学病院に通院して最先端の治療を受けているはずですから、

助かる確率は十分にあるかと思います。

 

そして、小林麻央さんが手術も成功して、

乳がんを克服できれば、今後は麻央さんは

自分の子供のことも心配になるかと思われます。

 

乳がんを患ってしまった母親として子供に

癌が遺伝していないか心配なことかと思います。

 

元気になって3人目(=第三子)の出産についても

乳がんを患った身として子供に遺伝しないだろうかと

心配があるかもしれません。

 

麻央さんの子供ががんの体質を持ってしまったのでしょうか?

 

 

小林麻央さんは海老蔵さんと子供が二人!長女は乳がんを患う可能性は高いのか?

小林麻央さんの最初の子供は長女(麗禾さん)が生まれてから、

次に長男(勸玄さん)が生まれています。

 

漢方の視点で見ると、

  • 麻央さんの子供の長女は父親の海老蔵さんに似ている
  • 麻央さんの子供の長男は母親の麻央さんに似ている

 

ということが推測されます。

 

最初に生まれた子供が女の子の場合には基本的には

お父さんの体質を受け継いで生まれてきます。

 

つまり、小林麻央さんの長女は麻央さんと

海老蔵さんのDNAを引き継いでいるのは間違いないですが、

 

小林麻央さんの長女は父親か母親かといえば、

父親の海老蔵さんに似ているといえます。

 

海老蔵さんがガン家系でなければ、麻央さんの長女は

乳がんになる確率は低いと推測できます。

 

あくまでも傾向的なものなので絶対ではありませんので、

参考までに。

 

小林麻央さんの長男は母親似!男性でも乳がんやその他のがんに注意が必要

小林麻央さんの子供は二人いて、後から生まれのが

長男の勸玄君です。

 

麻央さんと海老蔵さんの子供は二人のDNAをそれぞれミックスして

生まれてくるのでどちらかの遺伝子だけひきついているとは言えません。

 

ただし、長男が麻央さんと海老蔵さんのどちらに似ているかといえば、

基本的には麻央さんの体質をひきついていることが多いのです。

 

男性ですから乳がんにはなりにくいのですが、絶対ではありません。

 

長男の勸玄君については、長女よりもちょっとだけ

健康管理に気を付けてあげる必要があるでしょう。

 

そして、長男はアレルギーを発症しているといわれているのですが

アレルギーというのは母乳が不足しただけの場合もあるのですが、

 

基本的には遺伝性のものが多いです。

 

その意味では、麻央さんもアレルギー体質である可能性はあるでしょうね。

 

小林麻央 乳がんから復活後、3人目に癌の遺伝を心配する必要があるのか?

もう一度麻央さんと海老蔵さんの子供について整理すると

第一子が女の子→父親似

第2子    →母親似

 

3人目の第3子は順番からすると父親似となります。

 

つまり、小林麻央さんが仮に乳がんの体質を持っているとしても、

第3子については海老蔵さんに似た体質の子供になる可能性が高いです。

 

全く遺伝がないとはいいきれないでしょうけれども、

母親と父親のどちらかに子供は似ているものです。

 

どちらに似ているかという観点では

第3子について女の子が生まれたとしても

あまり心配がないかもしれないのです。

 

それに、遺伝がすべてではありませんし、

その後の環境や食生活のほうが大きなウエイトを占めます。

 

麻央さんには早く乳がんとの戦いに勝って、

第3子の誕生も期待したいと思います。

 

⇒小林麻央 乳がんステージは深刻か?母親や父が癌家系なら毎年検診で早期発見を!

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析