大手不動産会社の評判を決める離職率にマイホーム購入者も投資家も注目!



住宅の購入や住み替えをするときに、

新聞の折り込み広告やネット広告で問い合わせをする

場合が多いかと思います。

 

実際に問い合わせをしてみて、大手不動産会社なら大丈夫とは

いいきれませんが、安心感はあります。

 

賃貸ではなくマイホームの購入の場合では

購入後も安心して問い合わせができる会社であることがポイントです。

 

不動産会社に仲介してもらいマイホームを購入したけれども、

担当者がその後やめていなくなっているというケースは

よくあります。

 

できれば、離職率の低い大手不動産会社に

相談するのがベターです。

 

大手不動産会社の今後の評判を決める要素として

従業員の平均勤続年数や年間休日日数が影響してくるでしょう。

 

 

マイホーム購入後のアフターケアで担当者が会社を辞めた!離職率が高い不動産会社には要注意!

不動産会社の仲介で新築の建売や中古一戸建てやマンションなどを

購入して念願のマイホームを購入後、

 

購入したときの担当者、営業さんが会社を辞めてしまっていた

ということはよくあるのではないでしょうか?

 

住宅を購入にあたって支持してくれたお客様のためなら、どんなことがあっても

本来は会社を辞めるべきではない

 

という気持ちを持っていて

ほしいです。

 

担当者が会社を辞める理由が独立など前向きな場合はいいのですが、

会社内での労使間の紛争があって退社したような場合もあるでしょうから、

 

離職率が高い不動産会社は要注意になります

 

大手不動産会社の評判もいろいろあるけれど、離職率が高い会社は投資対象としても不適格!

不動産会社の評判は実際に取引をしたユーザーからの

口コミなど氷山の一角です。

 

不動産会社の評価を決める1つの要素は離職率であるでしょう。

 

不動産業界という離職率が高いといわれている業界で

従業員の定着率が高く、離職率が低い企業は

 

大手不動産会社で離職率が低い会社なら

投資対象としても問題がありません。

 

離職率の高い会社は新入社員をはじめから教育する

コストが多くかかるので本来は不要な経費がかさみます。

 

投資家として不動産会社を見るときにも

離職率は低いほうが収益力の面で

いい会社となります。

 

大手不動産とよばれる企業には2種類ある!

不動産会社の中でも、大手不動産会社と呼ばれるものには2種類あります。

 

1つは上場している本物の大手不動産会社やその系列会社の場合。

例えば、三井不動産、三菱地所、住友不動産などは大手不動産会社や

 

その子会社や系列会社です。

 

 

もう一つは、大手不動産フランチャイズと呼ばれる企業で、

 

フランチャイズ本部は上場をしていても、

フランチャイジーは中小零細企業である場合です。

 

大手不動産フランチャイズには

センチュリー21、スターツ(ピタットハウス)、ハウスドゥ

などがあります。

 

離職率が低いのは上場している大手不動産会社!

マイホーム探しをするときには、必ず、会社のHPを参照するかと思います。

どんな会社なのか、を会社情報や企業概要などのページで参照して、

 

スタッフ紹介でどんな人たちが従業員として働いているのか

気になります。

 

大手不動産会社と呼ばれる上場しているような不動産会社の社員は

転勤があるものの、

 

離職率は中小零細企業と比較して低い傾向がHPを読み込むとわかってきます。

 

マイホームを購入するという人生の大イベントで離職率が低い会社を選ぶ理由は?

マイホーム購入は人生を左右するともいえる大イベントです。

 

住宅の購入の意思決定をするために助言を仰ぐ

営業マンや不動産会社には継続してサポートをしてほしいと願っています。

 

離職率が高い会社には何らかの問題が潜んでいます。

 

不動産会社では勤務時間が長時間になって、

仕事が続かないということはありません。

 

上場している大手不動産会社では不動産業といえども

完全週休二日制になっています。

 

福利厚生や収入面でも心配が少ないので、

結婚をして家族を持つことも当たり前のようにできます。

 

大手不動産会社という安心の基盤で働いて、

充実したライフスタイルを持っている

 

家族の気持ちがよくわかる人たちからの助言を受けて、

マイホーム購入の意思決定をしていきたいものです。

 

大手不動産会社の安心感はコンプライアンス重視で労使関係もブラックではないので離職率が低い

もしも、ブラック企業で社員への残業代の支払いもしない会社と

法令をしっかり守る会社とどちらの会社で

 

住宅購入の仲介をしてもらいたいですか?

 

法令を守らないで、社員に対しても法令上の義務を果たせない会社は

顧客に対しても同じような姿勢になるリスクが高いです。

 

不動産会社には個人情報を多く提供していきます。

個人情報についての法令をしっかり守られるかも心配になります。

 

大手不動産会社は上場している以上、社員に対しても、顧客に対しても

法令をしっかりと守る義務があります。

 

 

その意味では、社員が大切にされて離職率が低い大手不動産会社は

顧客にとっても優しい会社といえるかもしれないのです。

 

不動産会社の中から適切なお店を選んでいくときに、

不動産業界の営業経験が長いというだけではなく、

 

勤続年数についても注意を払ってみていきましょう。

 

大手不動産フランチャイズを選ぶときには社員の平均勤続年数から離職率の推測を

ハウスドゥ、ピタットハウス、センチュリー21などの大手不動産フランチャイズは

直営店はごく一部です。

 

大手不動産フランチャイズのブランド名を利用して営業している

中小零細不動産会社です。

 

営業しているお店がすべて経営がバラバラですから、

マイホーム購入時には

よくHPやスタッフ紹介を見てみましょう。

 

  • 転勤先もないのに従業員がよく入れ替わっていないか?
  • 勤続年数は短くないか?

 

などに注意をしていきたいものです。

 

大手不動産会社の評判を決めるのは今後、

従業員の勤続年数や平均年収、1年間の休日日数など

 

世間一般のライフスタイルが実現できているのか

という点も重要な要素になるでしょう。

 

充実したライフスタイルを送っている人が、

住宅購入希望のある顧客を満足させられる土台を持っているからです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析