なぜ日南市の人達は血管年齢が若いのか?理由は「魚うどん」が動脈硬化を防いでいるから?



2015/9/15放送される「たけしの健康エンターテインメント!」

では、ご当地健康法に学ぶ「脳・足腰・血管」若返り法を

 

テーマにしたユニークな食文化などが紹介されます。

 

特に血管年齢を若く保つという視点で、

名医が全国のご当地グルメをチェックしました。

そこで注目されたのが、

 

宮崎県日南市魚うどんです。

宮崎県日南市 鵜戸神宮の海

宮崎県日南市 鵜戸神宮の海

 

魚うどんを普段、食べている人達の

血管年齢は大抵の場合、実年齢より若い

ことが番組で紹介されます。

 

 

食べるだけで血管年齢を若く保つとは、

言いすぎですけれども、

 

血管年齢と食習慣が関連している

ことを教えてくれる例です。

 

では、なぜ魚うどんを食べる習慣がある

日南市の人達は血管年齢を若く保って

いるのでしょうか?

 

その理由を具体的に見ていきます。

 

 

魚うどんには動脈硬化を防ぐDHAが含まれるから、日南市の人達は血管年齢が若い?

 

血管の状態を示す

血管年齢は健康状態を反映

すると言われます。

 

血管が硬くなって動脈硬化が進行すると

血液の流れが滞るようになり、

 

生命の危機に関わるような

病気になってしまう

可能性が高くなります。

 

松方弘樹さんの脳腫瘍の原因はタバコや食生活による動脈硬化の影響

があると思われます。

 

血液の流れをスムーズに

しておくことが

 

介護を必要としない、

健康寿命を延ばす秘訣

の1つです。

 

普段の食生活や食習慣の

乱れが原因で、

 

高血圧、高血糖、高悪玉コレステロール

が続くと、

 

動脈硬化が進んでいき、

血管年齢も老化していきます。

 

動脈硬化を予防する「魚うどん」を食べている日南市の人達の血管年齢が若い?

 

では、血管を若く維持する食事には、

何が必要なのでしょうか?

 

青魚には、DHAやEPAが

豊富に含まれていることが

知られています。

 

DHAやEPAは動脈硬化の原因となる

中性脂肪や悪玉コレステロールを

減らす作用があります。

 

つまり、宮崎県日南市で食されている

ご当地グルメ「魚うどん」は、

 

魚をうどんの原料にすることで、

DHAやEPAが豊富に含む

と考えられるので、

 

魚うどんを食べる習慣のある日南市の

人達の血管年齢が若いのではないか

と考えられます。

 

魚うどんに学び、血管年齢を若く保つうどん調理法とは?

 

魚うどんは商品化されていますので、

購入することもできるのですが、

 

魚うどんをヒントにして

うどんを食べるときには

 

どのようにして調理をすると動脈硬化を防げる

ようになるのでしょうか?

 

 

具体的なレシピは皆さんにお任せします

けれども、調理上のポイントは

次の様になります。

 

 

うどんは「魚うどん」のように魚のすり身を混入されるのは

不可能ですから、

既製品を使うことになります。

 

うどんのツユですが肉をベースにしないで、

青魚を出汁にして

作ることが大切です。

 

うどんに入れる具材としては、

  • 肉類ではなく青魚
  • 野菜(例:ほうれん草、小松菜、白菜等)

 

をお好みに合わせて

選択して入れます。

 

青魚と野菜を具材としてミックスする理由は、 

青魚を入れることでDHAを取得できますし、

 

野菜を入れることで動脈硬化の原因になる

コレステロールの増加と血糖値の増加

を防いでくれます。

 

 

ですので、魚うどんを折角購入しても、

油がギトギトの麺つゆで食べると

意味がありませんね。

 

宮崎県日南市 日南線

宮崎県日南市 日南線

 

一度宮崎県日南市に行ってみて、

本場のご当地グルメを

試してみたいですね。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析