心筋梗塞の危険性もある熊本地震で災害以外のストレス原因に何がある?




お笑い芸人で振付師の芋洗坂係長のお母様が

熊本地震で被災されたことがきっかけになって、

 

ストレス性の急性心筋梗塞でお亡くなりになりました。

大きな災害にあうと、お年寄りだけではなく

 

知らず知らずのうちにストレスがたまります。

 

精神的なストレスが原因で病気や死に至ることもあるので、

熊本地震をきっかけにして災害以外には、

どんなストレスがかかるのかその危険性に注意をしていく必要があります。

 

 

災害によるストレス性心筋梗塞が熊本地震でも!

芋洗坂係長さんのお母様は2016/4/15にストレス性の

急性心筋梗塞で亡くなってしまいました。

 

熊本地震による建物の倒壊ではなく、2016/4/14に益城町では

震度7、熊本市でも震度6の恐怖がありました。

 

災害にあうというだけで精神的なストレスは大きいと

自覚しておきましょう。

 

ストレスを解放するために意識的にリラックスしたり、

意識的にエンタメを楽しんで笑ってみたりなどが

有効かもしれません。

 

芋洗坂係長は母を熊本地震で亡くした!家族の死はストレスが大きくなる

家族の死を経験するとストレスがかかります。

精神的にショックです。

 

芋洗坂係長さんは当面、元気が出ないかもしれません。

それだけ、家族の死を体験するとストレスがかかります。

 

熊本地震では多くの人が亡くなりました。

 

ご家族の方はとても辛い思いをしているかと

察します。

 

辛いときは我慢しないで泣いてしまうことも、

ストレス解法になるかもしれません。

 

家族を亡くした人の周囲の人も、

元気を亡くしている人の体調管理には気を配ってあげましょう。

 

災害で家族を亡くして精神的なストレスが大きい時に、

仕事であっても、更に、精神的な付加をかけないように

 

配慮してあげたいものです。

 

熊本地震で妻や夫を失う「配偶者の死」のストレスは非常に高い!家族はうつ病になっていないかを注意すること

家族を災害で失う中でも、配偶者を失ってしまうことは非常に辛いことです。

 

愛する夫や妻を熊本地震でなくしてしまった方については

相当なストレスがかかっています。

 

特に、夫婦二人暮らしで暮らしていた人が

配偶者のどちらかが被災して亡くなったような場合では

 

残された配偶者が、うつ病などを発症していないかを

注意してあげる必要があります。

 

熊本地震では職場から解雇された人のストレスも大きい

熊本地震で廃業寸前になって、仕方なく、会社や職場で

従業員の解雇が発生しています。

 

大地震は会社のせいでも従業員のせいでもないですが、

解雇は将来の転職や、収入の不安があるので、

 

精神的なストレスは小さくないです。

 

厚生労働省は手厚いセーフティーネットを設けていますけれども、

解雇されてどうしようもない状況を

 

少しでも改善できるように周囲の人たちが

バックアップしていきましょう。

 

東日本大震災では大槌町に神奈川県鎌倉市の

カレーショップがお店を開業して雇用促進をしたり、

 

大手では三菱商事が被災地へ理容室などの

お店を出店して雇用を創出しようとしました。

 

仕事を作る試みも大切ではありますが、

解雇されて精神的なストレスを抱えている人の

 

精神的なケアにも気を配っていきたいものです。

 

東日本大震災では離婚が増えた!離婚は大きなストレスになるので避けたい

東日本大震災はやや特殊な例で、放射能を避けて、

県外への非難をするか、

地元に残るかなど夫と妻の考え方の違いなどがでて、

 

離婚に至るケースが多く出てしまいました。

 

熊本地震でも、今後、家族どうやって災害を

のり越えていくのか、意見の相違などがあるかもしれません。

 

或は、配偶者の失業などで、経済的にダメージをうけて、

離婚に至るということも想定できます。

 

離婚をすることが相当なストレスになります。

 

夫が失業したことも妻にとっては相当なストレスに

なるでしょうけれども、

 

夫の失業⇒離婚というのは

ストレスが二重に重くかかります。

 

今の、災害は一時的なもので、なんとかなります。

 

解決できる困難が目の前にあるだけですから、

うまく乗り切ることが大切です。

 

短気を起こさずに、ストレスから身を守って

いきたいものです。

 

 

以上、どんなストレスがかかるかを想定しておけば、

ショックも和らぎますし、

 

日頃からストレスに注意を払う様になります。

 

みんなで助け合うことが大切です。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析