秋田県三種町 ふるさと納税でジュンサイが返礼される産地!絶滅した地域は水質がやばい?




野菜や農業生産物を作るときにはやはり、

綺麗な空気と、清流のある綺麗な水質のある

 

農村地帯で造られたものを食べたいと思うのですが、

スーパーで買えるものは生産地が現実は限られます。

 

秋田県三種町ジュンサイの生産が日本一で、

ふるさと納税をすると、返礼品として

ジュンサイをもらうことができるユニークな地域です。

 

ジュンサイは水が綺麗な場所でなければ

生育できない性質があって、全国で絶滅

危惧されるようになってきました。

 

ジュンサイは北海道から沖縄まで生育できる植物なのですが、

絶滅している地域は水質に問題がありそうです。

 

 

ジュンサイ生産日本一の、秋田県三種町はどこにある?

秋田県三種町のある場所を地図で確認してみましょう。

三種町は秋田県でも北部にある農村地帯です。

 

三種町がある山本郡はじゅんさいの生産が

日本一であることが知られています。

 

ジュンサイはみそ汁に入れると美味しい

つるっとした独特の触感で、世界的にも

食品として食べているのは日本と中国だけという状況です。

 

つるっとしたジュンサイの食べ方はみそ汁の具に使うと

美味しいです。

 

ジュンサイのぬるっとした触感はムチンという成分です。

なめこもぬるっとしていますが、

 

同じ成分ですから、なめこ汁をみそ汁では

定番の様に、ジュンサイを入れるのも

 

美味しく食べる方法の1つです。

 

 

ジュンサイが絶滅した埼玉県は秋田県三種町との人口密度の違いが水質の違いを生んだのか?

本来は日本全土で生育できていたジュンサイですが、

このところの水質の悪化などが原因で

絶滅している地域もあるようです。

 

 

秋田県三種町の面積は247.98㎢

人口17591人(2016/4/30現在)

で人口密度は70.9人/㎡です。

 

埼玉県さいたま市の面積217.43㎡、人口約126万人

人口密度5830人/㎡

 

と比較すると、さいたま市よりも広い土地があって、

人はさいたま市の70分の1であることがわかります。

 

埼玉県にも農村地帯や山間部はありますが、

最近はぼっとん便所から水洗トイレになって

 

浄化槽を設置する場所も増えているからでしょうか、

川や沼の水質が汚染されているのでしょう。

 

埼玉県でジュンサイが絶滅したという点は

水質を改善する必要があることを示しているかもしれません。

 

埼玉県は絶滅したジュンサイが再び育つように、

また、農作物生産の品質向上の為にも、

 

浄化槽の機能を向上させるか、

下水処理の在り方を改善していく必要性があるでしょう。

 

じゅんさいが絶滅した県は?

ジュンサイが絶滅した地域は埼玉県だけに限りません。

 

絶滅した地域を列挙すると次のようになります。

  1. 埼玉県
  2. 東京都
  3. 神奈川県
  4. 沖縄県

となっています。

 

沖縄も日本では例外的に人口が増えている場所です。

 

沖縄以外の3つは首都圏の千葉以外の地域である点も

やっぱりといった顔ぶれです。

 

東京に沼があったら、無駄だから保育園にしろとか

言いそうですね。

 

保育も大切ですが、自然環境も大切です。

 

ジュンサイが生きていけない場所に快適に

人が住めるのでしょうか?

 

秋田県三種町のCM動画では収穫をアピール!ふるさと納税の返礼品が楽しみな地域

動画では、三種町には3つの幸せが宿る町として紹介されています。

3つとは、「芸術、喜び、収穫」

と表現しています。

 

ジュンサイが取れてもお金持ちになれないかもしれませんが、

収穫できる幸せっていうのも

都会にはないものには違いがありません。

 

ジュンサイはスーパーでちょっと買ってくる

というほどありふれていませんから、

 

ふるさと納税を利用して返礼品として

いただくという方法もありです。

 

三種町で収穫できる農産物としては

ジュンサイの他には、

 

りんご、なし、お米、メロン

などがあって、ふるさと納税を活用して

返礼品としてゲットすることが可能です。

 

ジュンサイが絶滅した千葉以外の首都圏よりも

収穫をするという点では充実感があるでしょう。

 

綺麗な水と空気のある場所で育った野菜や果物

を食べて生活ができるというのも、

お金では簡単に買えない大切なものです。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析