実家を相続、カチタスの買取か仲介で売却か?菅官房長官も空家問題に悩む?



田舎にある実家の両親がなくなってしまい、

相続はしたものの、田舎にある実家には住まずに、

 

空家になって管理に困っている人たちが

増えている現状もあるのではないでしょうか?

 

先祖代々の実家を相続はしたものの、

兄弟姉妹で相談をした結果、売ってしまおうという

決断をする人も多いでしょう。

 

中古一戸建て買取業者のカチタス

買い取ってもらうべきなのでしょうか?

 

対処法を考えてみます。

 

 

日本全国で中古一戸建てを買い取っているのはカチタスだけか?

カチタスは日本全土に支店網がありますから、

かなりの田舎でも買取をする珍しい不動産業者です。

 

全国的に事務所があるのはカチタスだけでしょう。

 

ただし、売却をしようと考えている実家がある地域が

比較的都市部であれば、不動産業者は多くあります。

 

価格など条件によっては買い取ってくれる不動産屋は他にも

あるはずです。

 

ところがネックになるのは買取業者は表立って

買取しますとCMをしている会社が少ないですし、

 

必ずしもネットで見つかるわけでもありません。

 

その意味では、カチタスは大手で安心感もありそうだし、

まずは問い合わせをして買取査定をしてもらうのは

 

売却の方針を決めるうえで一つの目安がわかるので、

査定だけでも依頼してみてもいいでしょう。

 

カチタスだけに相続した実家売却を検討、買取価格は妥当なのか?

さしあたってはカチタスくらいしか、買取業者を知らないので、

買取査定を見てから、実際に売却してしまうかどうかを

検討するとしましょう。

 

カチタスが提示してきた価格が妥当かどうか?

やはり気になるかと思います。

 

カチタスが提示する価格は再販をする必要があるので、

買取業者としての

立場からは妥当価格ですが、

 

一般的には仲介で実家を売るよりも安くなると

覚悟はしておきましょう。

 

実家を相続した人側の傾向としては家を苦労して建てた

苦労が分からない人も多いので、

 

比較的安く処分しがちになる点には注意をしましょう。

 

カチタスの買取価格に満足できない時は、仲介業者にも査定依頼を

カチタスに直接、相続した実家の家を買い取ってもらう時には

仲介手数料が必要ありません。

 

実家を売るときに、仲介業者に依頼をすると、

手数料が3%+6万円(税別)でかかります。

 

それでも、手数料を支払っても不動産買い取り業者の

買取提示価格よりもずいぶんと高く売れる可能性があるなら

 

買取ではなく、仲介業者へ依頼するという選択もありです。

 

実家を処分するときに、価格はいくらでもいいと、こだわりがない人にはカチタスはお薦め

カチタスの買取価格が仮に激安だったとしても、

兎に角、ど田舎で売れないかもしれないとか、

 

仲介業者すらいないといった状況では

買取を依頼する方が話が早い場合もあるでしょう。

 

お金は必要ないけど、固定資産税の支払いや

草刈や実家の室内の掃除などが煩わしいという方には

 

値段はいくらでも構わないという方もいるかと思います。

 

買取価格は問題ではなく実家を片付けて、

処分することが

目的であるという人には買取はいい方法です。

 

⇒カチタス 空家問題解決のビジネスモデルは評判が高い?転職希望者に夢はあるのか?

 

できるだけ高く売りたいという人はカチタスの買取より、仲介業者へ依頼する方法!

買取査定額をみて愕然とした人は、買取をしてもらうのは

本当に売れなかった時に考えることにして、

 

仲介業者で販売力がありそうな不動産屋さんへ

相談する方がいいでしょう。

 

不動産屋さんが思いつかない時は

売却査定サイトもあるので、一括同時査定で、

一度に5社程度から見積もりを受け取る方法もあります。

 

仲介業者の話を聞いてみて、カチタスへの

売却をすることも冷静に考えられるようになる

 

というメリットもあります。

 

また、カチタスと直接、交渉をするのではなく、

間に代理人として、仲介業者を入れることで、

 

取引がスムーズになるメリットもあります。

 

仲介手数料はかかるでしょうけれども、

処分するにあたっての経費と割り切りましょう。

 

菅官房長官も父を亡くした相続人!田舎の実家、空家問題に悩む?

菅官房長官のお父様は2010年に93歳で亡くなっています。

相続人の一人になっているはずです。

 

菅官房長官は秋田県湯沢市秋ノ宮に

実家があります。

地図にあるように、かなりの田舎です。

 

お母さまも高齢でしょうから、今後、

御両親がなくなった時に、

 

自宅は空家になって処分することになる可能性は

高いでしょう。

 

国策で、空家問題を解消したり、過疎化に歯止めをかけるような

施策も考えているでしょうけれども、

 

国会議員といえども簡単ではないでしょう。

 

過疎地にある田舎の実家が空家になってしまう時に

誰でもが直面する処分の問題です。

 

「カツオが磯野家を片付ける日」の本などを参考にして、

 

相続が発生する前から、どのように対応をするのか

兄弟姉妹で相談をしておくことがお薦めです。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析