清原和博 服役の必要性ない執行猶予付き判決!今後再犯 兆候を見分ける注目点は?



清原和博被告に対して判決が2016/5/31に出ました。

 

東京地裁が出した判決は

懲役2年6月、執行猶予4年」という

執行猶予付き判決でした。

 

清原和博氏は、刑務所に服役する必要がなくなりました。

 

清原和博氏については、今後も警察は

再犯すことがないか注目ていくことになるでしょう。

 

 

清原和博氏への執行猶予付き判決の意味は、服役が回避されたといこと!

執行猶予付き判決というのは、

実刑判決と違い、直ぐにでも、刑務所に服役をする必要がありません。

 

清原氏の場合であれば、

「懲役2年6月、執行猶予4年」という判決ですから、

 

4年間の間は、懲役刑が猶予されて、刑務所への服役が猶予されるという風に

解釈ができます。

 

清原氏が再び、犯罪を犯すことがなく、4年間を経過すれば、

懲役2年6月の服役はしなくても済むことになるというのが

 

清原氏がうけた判決の内容です。

 

清原和博氏は今後4年間が正念場!再犯確率は高い!

裁判官は次のように清原氏へ告げました。

「公私両面で厳しい現実がある。覚醒剤をやめることは容易ではない」

「お父さんや親戚、法廷で証言してくれた佐々木(主浩)さん、(嘆願署名してくれた)地元の方々、

全国のファンが更生を望んでいることを忘れてはいけない」

 

清原和博氏の犯罪は一種の病気でしょうから、

再発するリスクは高いです。

 

清原氏も実は自信がないというのが

現実ではないでしょうか?

 

最近までタバコを辞められなかったひとが

1か月後、1年後も禁煙を継続できるかという例よりも

難しい現実があるでしょう。

 

清原和博氏 執行猶予期間中は警察による行動の注目点はや再犯の兆候の見分け方とは?

警察官は薬物中毒の犯罪者を行動を見るだけで

見分けると言います。

 

具体的に警察が清原和博氏に注目するポイントは次のようなものです

 

  1. 挙動不審な行動はないか?
  2. 落ち着かない行動はないか?
  3. 警察をみた瞬間に180度、逆方向に逃げようとしてないか?
  4. 何かを隠すような行動をしていないか?
  5. 歩き方が飛び跳ねるようになっていないか?

 

などです。

 

挙動不審や、警察を見たら歩いていた方向と逆方向へ

引き返そうとする動きは怪しい行動であることが理解できます。

 

清原和博氏のような薬物中毒者は、

なぜか、飛び跳ねるように歩く傾向があるといいます。

 

清原氏の行動には今後も再犯をしていないかの

警察の監視の目があることは

変わりありません。

 

無事に執行猶予期間の4年を乗り越えられるのか

注目が集まります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析