名医とよばれる漢方医を探す方法とは?真武湯の効果は疲労困憊した人へ!



風邪から、重病にまで漢方薬の応用が功を奏する場合があります。

病気ではなく、耳鳴りなどの不定愁訴

 

或は不妊治療をしたいなど、いろいろなニーズに対して、

名医と呼ばれるような漢方医を探すことができれば、

 

中々治らない症状が解決する場合があります。

 

真武湯という漢方薬の効果を知る日本全国にいる

名医とよばれる漢方医を見つけていく方法を紹介します。

 

 

名医と呼ばれる漢方医をネット発見する方法

一般的には困っている症状名を入力して検索するかと思います。

 

病名や症状だけでは漢方医だけではなく、

あらゆる分野の情報がでてきます。

 

漢方の名医なら知っているワード=真武湯

を使う方法があります。

 

真武湯で検索して効果を発揮した症例、治療実績がある漢方医を探す!

真武湯(しんぶとう)という漢方薬があります。

真武湯を用いる病状は次のようなものです。

 

【病症】(symptoms) 次の病症どれかのある方に本処方は適合します。

●体力が衰え見るからに生気がない。
●疲労感、脱力感。
●手足の冷え、痛み。
●めまい、心悸亢進。
●腹痛、下痢(泄瀉)(水様性の下痢(泄瀉)でしぶり腹にならない)。
●発熱はあるが冷やすことをいやがる(真寒仮熱)。
●浮腫、尿量減少、尿は透明でうすい。
●食欲は割合にある。

出典;ツムラ真武湯 病症

 

真武湯という漢方薬は風邪薬としても使われますが、

葛根湯などと比較しては使われる頻度は少ないですし、

知名度も低いです。

 

漢方医でも真武湯を様々な症状に対して応用できる先生は

かなり漢方薬に熟達している可能性が高いので、

 

名医と呼ぶにふさわしい方がいらっしゃる

可能性があるのです。

 

ですから、真武湯で入力してみて検索して、

出てきたクリニックや病院の先生が出てきたら

 

相談をしてみるというのも

1つの方法です。

 

真武湯はマイナーな病気に効果を発揮する!経験豊富な漢方医が利用する処方

真武湯は具体的にどんな病気や症状に応用されているかといえば、

 

  • 水のような下痢をしたときの下痢止め
  • 虚弱体質な人の耳鳴りやめまいの完治
  • 朝どうしても起きられなくてふらふらする人(低血圧)
  • 体の冷えによる耳鳴り、風邪
  • 冷えや倦怠感が強い人の下痢や耳鳴り、動悸

などが具体的に真武湯が効果を発揮する

病状や症状です。

 

痩せている人で、倦怠感があって、

食後に何らかのきっかけで水下痢になるような人は

 

まだ軽い症状ですが

真武湯で下痢が止まることがあります。

 

キーンとなる耳鳴りがとまったりするのも、

水のような下痢になるのも、腎臓の機能

が弱っている証拠でもあります。

 

以上のようなかなりマイナーな症状に対して、

解決策を講じてきた居る実績がある先生は

 

漢方医として名医と呼べるかもしれません。

 

勿論、真武湯の症状とは無関係の様々な病状を

持つ方でも、

 

ネットに真武湯と入力をしてみて、

真武湯を処方して治療効果を発揮してきた

先生なら一定の水準を越える経験をお持ちかと推測できます。

 

⇒カレーで有名な「丁宗鐵」医師が漢方のスペシャリストになった経歴とは?

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析