福山雅治 マンションはコンシェルジュと警備会社セキュリティ付き!玄関キーを預ける危険性とは?



福山雅治さんの妻・吹石一恵さんが自宅マンションに帰った時に、

管理会社のコンシェルジュと鉢合わせになって、

 

侵入されてしまったのですが、分譲マンションに住む

福山雅治、吹石一恵さん夫婦はなぜ、

 

玄関キーを管理会社へ預けていたのかという

疑問を誰しも持っているかと思います。

 

なぜなら分譲マンションは自分の持家ですから、

本来なら、管理会社へ鍵を預ける必要などありません。

 

福山雅治さんのマンションンは最近の築浅物件で、

警備会社によるセキュリティ付きマンションであることが

 

管理会社コンシェルジュによる侵入につながってしまい、

安全性を高める効果が逆に、危険な事態につながってしまいました。

 

 

福山雅治 自宅はコンシェルジュと警備会社のセキュリティ付きマンションだった?

従来の分譲マンションでは、管理会社へ鍵を預けるという

行為はありませんでした。

 

最近のマンションでは防犯性を高めるために警備会社のセキュリティが

ついているものが主流になりつつあります。

 

万が一分譲マンションへ誰かが侵入するようなことがあった時の備えとして、

入居時に鍵を管理会社か警備会社へ預け入れるという

 

システムがとられています。

 

本来は厳重に管理されるべき分譲マンション住民の

鍵ですが、

 

福山雅治さんの自宅へ管理会社コンシェルジュが侵入してしまったことで

必ずしも警備会社のセキュリティが安全ではないことが分かります。

 

マンションのコンシェルジュの仕事内容は?

コンシェルジュの本来の仕事とは、

マンション管理人が行う管理業務ではありません。

 

住民の生活の利便性を高めるサポートをしています。

具体的には、

 

宅配便の手配をすることでコンビニや宅急便へ荷物を持ち込む手間を省いたり、

クリーニングをクリーニング店へ持ち込む

手伝いなどもしています。

 

その他、生活していく上で、必要な手配をコンシェルジュが窓口になって

マンション住人の生活をサポートしています。

 

コンシェルジュサービスはちょっと贅沢な暮らしを演出するマンションならではの

サービスでしょう。

 

勿論、マンションの管理費アップの要因にはなります。

 

福山雅治さんの分譲マンションで玄関キーの保管上の問題は?

コンシェルジュは管理会社が雇用する社員やパート社員です。

 

一人一人の社員の質や管理会社による教育不足や

コンシェルジュのモラル不足は問題です。

 

玄関キーの保管を管理会社がしていたとすれば

鍵の保管の仕方や警備会社との連携の仕方については

 

安全性を高める必要があります。

 

マンションに不法侵入されたことを検知する警備会社のセキュリティの為に玄関キーを預ける必要があるのか?

マンションへの不法侵入を警備会社のセキュリティシステムが

検知した時の為に、なぜ玄関キーを預ける必要があるのでしょうか?

 

鍵を使っての侵入は警備会社のセキュリティ上は

検知されなかったことは問題ではないでしょうか?

 

警備会社のセキュリティが働くのは

部屋の鍵を使わないで侵入した時に

 

働くようになっているとすれば、

そもそも、鍵が壊されている可能性もあるので、

 

鍵を預ける意味がなくなります。

 

⇒福山雅治マンションに合鍵で管理会社に侵入された危険性は賃貸物件なら誰でもある!

 

管理会社と警備会社の連携や鍵の保管について

改善をするだけではなく、

 

警備会社が不法侵入を検知した時に

本当に鍵が必要になるのか

 

住民には説明していく必要があるでしょう。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析