風邪の初期、喉の痛みを治すにはボルタレン?駆風解毒湯は教えたくない漢方?



風邪の初期段階では、人それぞれですが、

喉の痛みを感じる人も多いです。

 

特に季節に変わり目で、朝起きたら、

喉が痛くなっていたなっんてことが多いです。

 

でも、喉の痛みくらいと思いながらも実は

本人しかわからない辛い症状です。

 

一般的な痛み止めといえば、ロキソニンやボルタレンですが、

喉の痛みには即効性が体験的にはないと感じています。

 

風邪薬にはいろいろなものがありますし、

病院やクリニックへ行って医師の処方した

薬を飲めば治るというものでもありません。

 

それだけ、喉の痛みを治すというのは実は

難しいことです。

 

薬局店主でも知らない風邪の初期に喉の痛みを

とる漢方薬「駆風解毒湯」をご紹介します。

 

 

風邪で喉の痛みを緩和する方法として何がある?

風邪で喉の痛みを早期に治そうとする方が

痛みを緩和する方法としては次のようなものがあります。

 

  1. イソジンでうがいをする
  2. 緑茶でうがいをする
  3. マフラーやスカーフで首を温める
  4. クリニックで風邪薬をもらう
  5. 肺経と呼ばれる経絡上のツボをマッサージする
  6. 風邪の初期にあう漢方薬を飲んでみる
  7. 体を温める為にカイロを貼る

 

⇒使い捨てカイロ貼る場所で風邪予防効果があるのは場所についてはこちら!

 

私も喉の痛みが出た時に、まずはうがいをしてみるのですが、

イソジンだろうが、緑茶だろうが

 

喉の痛みを緩和しているかもしれませんが、

治すところまではいきません。

 

また、風邪の初期の漢方薬では

誰でも知っている葛根湯などが有名で、

 

まずは飲んでみるという人もいるでしょう。

 

初期の風邪で鼻水があるような場合の

風邪を治すという意味では正解ですが、

 

葛根湯で喉の痛みを速攻で治すことはできません。

 

時間がある人ならかかりつけのクリニックで

診断してもらい、薬を出してもらうのが安心感が

 

高いのですが、喉の痛みをとる特効薬(新薬)も

出してもらった記憶がありません。

 

頭痛に対してはボルタレンという特効薬がありますので、

⇒ボルタレンは風邪で熱がある頭痛に効果がある点がロキソニンと違う!

をご参照ください。

 

ボルタレンが痛みをとるなら、喉の痛みにも効くのではないかと

思い、試してみましたが効きません!

 

あまりに喉の痛みが辛いのであちこちいろんな

病院や薬局に行ってみて、

 

ある漢方薬局を経営する老人から薦めてもらったのが

駆風解毒湯という薬でした。

 

漢方薬局店主は同業者には教えたくないといった妙薬「駆風解毒湯」で喉の痛みが治った!

駆風解毒湯の読み方は「くふうげどくとう」と読みます。

 

風邪の毒を駆逐してくれるというようなネーミングなんでしょう。

 

その名に恥じないような効果を実感しました。

 

「駆風解毒湯」を漢方薬局 店主は「同業者には教えたくない妙薬」

と言っていただけのことはありました。

 

お湯に「駆風解毒湯」を溶かして飲むと、

苦くて不味くて、吐き気がするほどですが、

 

当分の間我慢しなければならないと覚悟していた

喉の痛みが治っていくのがわかりました。

 

駆風解毒湯はあまり販売しているお店がないので、

時々、喉の痛みを感じるときの為に

 

常備薬としてストックしています。

 

第二類医薬品として、ネット通販で

比較的手軽には利用できるのですが、

 

念のために、風邪以外の症状がある場合には

助言を受けることはお薦めします。

 

⇒名医とよばれる漢方医を探す方法とは?真武湯の効果を知る先生に相談?

の記事を参考にして名医を探してみてください。

 

また、駆風解毒湯を服用してみるとわかりますが、

喉元を通るときの苦さは半端ではありません。

 

しかも駆風解毒湯の飲み方は、うがいをするようにして

飲み込むということですから、

 

効果が期待できますが、辛いものがあります。

 

どうしても苦いのは無理という方は、

駆風解毒湯トローチがあります。

 

サトウ製薬といえば、ユンケルで有名ですが、

ここ一番にこんな薬が欲しかったという

 

妙薬を製造するのが上手いですね。

 

駆風解毒湯は中国が生んだ風邪による喉の痛みを治す漢方処方

駆風解毒湯は中医学書「万病回春」(1368-1644の明朝時代)

で紹介されている漢方処方です。

 

中国の長い漢方の歴史から見ると最近の処方です。

 

駆風解毒湯の成分は

  1. 防 風(ボウフウ)
  2. 牛旁子(ゴボウシ)
  3. 連 翹(レンギョウ)
  4. 荊 芥(ケイガイ)
  5. 羌 活(キョウカツ)
  6. 甘 草(カンゾウ)
  7. 桔 梗(キキョウ)
  8. 石 膏(セッコウ)

の8つの生薬から構成されています。

 

駆風解毒湯の成分の一部である、

桔梗石膏という漢方薬も風邪を引いた時に

 

咳をとる薬で、咳がとれないときに飲むときがあります。

 

桔梗石膏だけでは咳はとれても、

喉の痛みがとれません。

 

駆風解毒湯が喉の痛みを治すというのは

正に妙薬で、不思議です。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析