ドラマーShinyaはチェブラーシカにはまる理由は意外にも女性的で優しい性格だから?



日本テレビ系「有吉反省会

2015/9/12(土)放送

 

に反省人としてShinyaさん

(しんや1978/2/24生まれ37歳 )

 

が出演します。

 

Shinyaさんは、日本のロックバンド、

DIR EN GREYドラマー

として海外でも活躍しています。

 

ドラマーというパワフルで

派手なイメージ

とは裏腹に、

Shinyaは、表情や話し方が

おとなしく、

 

まるで若い女性のような

優しい雰囲気ありますね。

 

そんなShinyaさんは、番組の中で、

キャラクターグッズの

チェブラーシカにはまっていることを

告白します。

 

知る人ぞ知る架空の小動物である

チェブラーシカですが、

なぜ、大の大人で、ドラマーである

Shinyaがはまっているのか?

 

Shinyaの性格を通してその理由

 

を見ていきたいと思います。

 

 

ドラマーShinyaが正体不明なチェブラーシカにはまる理由は、耳が大きくて可愛いから?それとも女性のような性格だから?

 

チェブラーシカというキャラクターは、

わかりやすく例えると、

 

ミッキーマウスを小動物化したような

可愛らしい架空上の動物です。

さる イメージ

さる イメージ

 

一般的には小熊と猿の中間のような外見

をした不思議な小動物である

という風に紹介されることが

多いです。

 

チェブラーシカの物語での設定は

「正体不明」で天涯孤独

というちょっと寂しがり屋さんです。

 

 

シンヤ(=Shinya)はなぜ、この小動物

チェブラーシカが

好きなのかと言うと、

 

『耳が大きいのが「可愛い」から』

と言っています。

 

チェブラーシカをミッキーマウスに

似ていると説明したのも、

その特徴を備えているからです。

 

シンヤはもう一つの特徴として、

「チェブラーシカは体が小さいので、

かっこいい?」

とも言っていますね。

 

 

シンヤがこの小動物チェブラーシカを

可愛いという表現をしたり、

 

実際に可愛いと思っている

あたりも、若い女性の感覚に

似ている気がします。

 

⇒ロックバンドLUNA SEA真矢 収入源のドラマー講師についてはこちら!

 

 

シンヤが女性のような性格であることが、

お笑いタレントの有吉さんからいじらやすい

 

可愛さがあって、ドラマーShinyaとの

ギャップの大きさが

人気の理由です。

 

女性のような感覚の持ち主で

教育評論家の尾木直樹氏は、

テレビ番組でさんまさんに、

 

「尾木ママ」

と呼ばれるようになってから、

 

ブレイクしました。

 

 

これからは、シンヤや尾木ママのような

女性的な雰囲気がある

 

優しい、カワイイ性格が

受けるのかもしれませんね。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析