ESD名医=大圃 研医師はNTT東日本関東病院に!早期大腸癌 内視鏡治療の専門医と病院を探す方法とは?




大腸がんの早期発見や早期がんの治療法として非常に

有効な方法が内視鏡治療という方法です。

 

内視鏡治療にはESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)と呼ばれる方法が

あって方法論は確立されているのですが、

 

胃がんや食道がんの場合では比較的利用しやすい内視鏡療法が

ESDですが、大腸がんは大腸の形状が胃や食道よりも複雑であることや

大腸の腸壁が薄いこともあって技術的に困難な手術方法です。

 

大腸がんなら内視鏡療法が有効であり、ESDという治療方法は

患者さんの負担が小さいので注目されている治療方法です。

 

NTT東日本関東病院内視鏡センター医長である大圃 研先生は

内視鏡療法の中でもESDの名医として知られています。

 

 

早期の大腸がんでは内視鏡療法が有効!

大腸がんの早期発見の為にも内視鏡療法を活用するようになっています。

 

大腸がんを早期発見するポイントは大腸カメラによる

検査を受診することです。

 

大腸カメラを肛門から入れて大腸を一通りカメラによって観察すれば、

ポリープの有無がすぐに発見できます。

 

大腸ポリープは陰性ではなく陽性であっても大腸カメラによって

発見されたならその場で内視鏡療法による切除を行うことも可能です。

 

つまり、大腸ポリープの有無を確認できて、仮に腫瘍が

あった場合は検査と同時に腫瘍の切除もできるのが

内視鏡療法のメリットになります。

 

しかし、内視鏡療法を行うことは一定の技術が必要ですので、

内視鏡療法を行うことができると認定されている病院において、

 

内視鏡医としての専門医であることが認定された

病院で受診する必要があります。

 

ESD治療ができる名医=大圃 研が在籍するNTT東日本関東病院とは?

内視鏡医としてESDの名医として知られる大圃 研先生は

NTT東日本関東病院で内視鏡センター医長を務めています。

 

NTT東日本関東病院であるから安心ということではなく、

内視鏡療法を行う上で日本消化器内視鏡学会が

 

一定の水準の設備を備えている病院として指導施設として

認定されているという点が大切な点です。

 

日本消化器内視鏡学会が指導施設として認定する基準は

設備が充実しているだけではなく、

 

年間の手術の実績や日本消化器内視鏡学会が認定してる

消化器内視鏡専門医として認定されている医師が

在籍している必要があります。

 

大圃 研内視鏡医は手術実績が多いのは、

日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医である医師の

一人であるからです。

 

  • NTT東日本関東病院の所在地:〒141-8625 品川区東五反田5-9-22 
  • TEL:03-3448-6111(代表)
  • 電車:都営浅草線 五反田駅から徒歩5分

 

大腸がん手術で内視鏡治療の1つESDを受診したい場合は病院と医師をどうやって探すのか?

大腸がんの手術でESDを利用したい場合には内視鏡医としての

専門医に相談する必要があります。

 

大圃 研先生にズバリ相談する方法もあるでしょう。

 

東京都近郊であればNTT東日本関東病院は

アクセスは楽なほうです。

 

しかし、北海道から、東北から、九州や四国地域から

東京まで通院するのは大変です。

 

1つの方法は地元の病院で安心して内視鏡療法ができる

医師がいる病院に紹介状を書いてもらうことです。

 

また、紹介状ではなくセカンドオピニオンとして自主的に

相談をする場合には

 

日本消化器内視鏡学会を検索してください。

日本消化器内視鏡学会HPには、指導病院名簿がありますので、

全国の都道府県から検索して病院を見つけてください。

 

大腸がんの死因ワーストランキング1位の青森県では12の病院があります。

大腸がんの死因ワーストランキング2位の秋田県では13の病院があります。

 

東京都の場合であれば117もの病院が指導病院として

認定されています。

 

また、大圃 研先生のように内視鏡療法の専門医として

認定されているかどうかも日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医

の名簿で確認ができます。

 

気になるのは大腸がんの死因ワーストランキング上位の県に

病院はあっても指導病院が少ない点です。

 

少ないだけではなく一定の地域に偏っています。

 

地域によっては指導病院がない地域もあり得るので

通院している最寄りの総合病院で大丈夫なのかを

 

日本消化器内視鏡学会HPで確認してみてください。

その他には名医が語る最新・最良の治療「大腸がん」

という本を執筆している一人に、内視鏡専門医である

 

田中信治先生が執筆した本がありますので、

興味のある方には信頼性が高い本になります。

 

大腸内視鏡検査で手術件数と評判が高い病院の例は?

先ほど紹介しました日本消化器内視鏡学会の指導病院の中で、

大学病院も多く含まれていますが、

 

大腸がんの手術実績では

東京都なら「医療法人社団 俊和会 寺田病院」も有名です。

寺田病院

寺田病院

 

大腸がんに限らず、大腸カメラで

大腸がんや大腸ポリープを早期に発見する意味でも

 

実績のある病院です。

 

寺田病院もNTT東日本関東病院と同様に指導病院として認定されている

病院です。

 

日本消化器内視鏡学会が指定している指導病院で

消化器内視鏡専門医に診てもらうというのが

安心できる1つの選択肢になるのではないでしょうか?

 

⇒塚地武雅は人間ドッグで大腸カメラ検査とポリープ切除手術!痛いと感じさせない名医に出会えるか?

 

NTT東日本関東病院同様に指導病院に認定された病院でのESD動画を紹介!

大阪府にある東住吉森本病院では、ESD治療法動画を公開しています。

 

東住吉森本病院もNTT東日本関東病院同様に、

指導病院に認定されています。

 

ESDに使われているのはITナイフと呼ばれるもので、

日本メーカーではオリンパスが製造販売をしています。

 

 

大圃 研 プロフィール

情熱大陸で紹介される大圃 研内視鏡医のプロフィールを

ご参照ください。

 

大圃 研74年茨城県生まれ。三代医師の家系に育ち98年日本大学医学部卒業後、

医局に属さずにJR東京総合病院に勤務。

月給2万円時代も経験しながら9年間非常勤として勤務の後、

37歳という異例の若さでNTT東日本関東病院内視鏡センター医長に就任。

彼が率いる「内視鏡部」の大腸ESD症例数は年間日本一。

現在は熊本県山鹿中央病院顧問医師など多数兼務。家族は妻と1歳半の娘。

気さくな人柄で派手な花柄シャツを愛する42歳。

出典:http://www.mbs.jp/jounetsu/2016/05_15.shtml

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析