井上竜夫 酸素ボンベ役立たず!肺気腫の呼吸困難を漢方薬で治す方法とは?



お笑いタレントの井上竜夫さんが高度肺気腫のために、

なくなりました。

 

肺気腫(はいきしゅ)の症状は、簡単にいえば、

息切れや呼吸困難です。

 

肺がタバコなどの吸い過ぎなどで機能しなくなってしまい、

正常な呼吸が難しくなるのですが、

治療方法がありません。

 

その為に、井上さんも酸素ボンベを付けていたと

考えられます。

 

しかし、呼吸困難の肺気腫は漢方薬を使うことで、

酸素ボンベから解放されて症状が嘘のように、

よくなる場合があります。

 

魔法のような漢方はどんなものなのでしょうか?

 

井上竜夫さん、高度肺気腫だった

「おじゃましまんにゃわ」などのギャグで人気を博し、

“たつじい”の愛称で親しまれた吉本新喜劇の俳優井上竜夫(いのうえ・たつお、本名龍男)さんが

高度肺気腫のため亡くなったことが7日、

分かった。74歳だった。

亡くなる前日は家族とテレビを見ながら談笑し、

「また明日」と告げた後に容体が急変したという。

出典:吉本新喜劇、井上竜夫さんが死去 74歳 たつじいの愛称、おじゃましまんにゃわ

 

平均年齢が男性でも80歳を超える時代に、

元気そうな人が74歳で亡くなるというのは

非常に残念です。

 

しかも、がんや糖尿病のような成人病ではなく、

肺気腫です。

 

呼吸をすることは生きるための基本ですあるにもかかわらず、

肺気腫の医療に対する治療方法が

確立されていないのが残念です。

 

呼吸困難になる肺気腫には治療法がない!対処法として酸素ボンベを使う!

井上さんは酸素ボンベを利用していたといわれていますけれども、

井上さんに限らず、肺気腫と診断された人は、

酸素ボンベで定期的に酸素を吸い込むように

医師から指示されます。

 

つまり、治らないから、機械を使って、

息をしてねということです。

 

ちなみに、酸素ボンベを製造しているメーカーはの1つが、

帝人です。

 

天下の帝人も、肺気腫を治療する医療機器として、

酸素ボンベしか思いつかないとは残念。

 

酸素ボンベを辞めて、肺気腫を治す漢方とは?

肺気腫は99.9%の医師は治らないと断言すると思います。

 

なぜなら、肺にある肺胞が壊れて機能しなくなっている状況で、

もう元にはもどらないという知識があるからです。

 

治らないなら、酸素ボンベを付けて呼吸を楽にするという

対処療法がとられるのは自然なことです。

 

しかし、肺気腫で酸素ボンベを付けていた人が、

ある漢方薬を服用して、

 

酸素ボンベから解放されて元気になった人を

見たことがあります。

 

今までできなかった運動もできるようになって、

あたかも肺気腫が治ったかのようなのです。

 

医学の世界では壊れた肺胞は元には治らないし、

肺気腫は治らないと信じられているのに。

 

現実に漢方薬を服用しても、肺が治ったのではなく、

症状がよくなったというだけかもしれません。

 

しかし、酸素ボンベなしに、薬の服用だけで、

できなかったスポーツや運動、旅行などが

自由にできるようになる意義は大きいです。

 

肺気腫の人が酸素ボンベから解放された漢方薬とは?

肺気腫の人全員に効果があるものではないことを前提に、

参考にしてほしいのですが、

 

苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)という

漢方薬によって、呼吸困難から解放された人がいます。

 

主に、中高年の喘息に効果を発揮する妙薬です。

 

肺気腫の人は、痰もでますから、苓甘姜味辛夏仁湯という

漢方薬によって、痰が収まるだけでも、

息切れや呼吸困難が楽になるという効果もあるのでしょう。

 

喘息だけではなく、心と体の障害を立て直してくれる

漢方薬です。

 

肺気腫で困っている人がいたら、

医師に相談のうえで、

服用が可能か相談してみてもよいのではないでしょうか?

 

漢方包材はツムラや、小太郎漢方から

販売されています。

 

呼吸困難は肺気腫が原因だけではないかもしれません。

 

呼吸器内科の名医については、

⇒呼吸器内科のベストドクター木田厚瑞先生は日本医科大学 呼吸ケアクリニック在籍の名医!
をご参照ください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析