指の第二関節が痛いときはキーボードの引っかかりや戻りの悪さが原因かも?



指の第二関節が痛いので冬場の寒さの為に

寒さの為に手がかじかんでいたために

 

関節の動きが悪いのかと思って

放置していました。

 

春になって益々痛みが強くなってきたので

湿布薬などを貼るようにまでなりました。

 

指の第二関節だけではなく第一関節にまで

痛みがでてきて痛みが増すごとに

 

利用しているキーボードのキーに引っかかりがあって、

戻りが悪いことに徐々に気づきました。

 

指の関節が痛む時にはリウマチなどを疑うことが多いようですが、

仕事上、キーボードを利用することが多い人は

 

キーボードがほこりなどの原因でかすかな引っかかりが

原因している場合もありえます。

 

指の関節の痛みを解消する為にもキーボードの戻りの悪さを

解決するためにとった掃除や買い替えについてお知らせします。

 

 

キーボードを利用してまだ2年、指の関節の痛みがキーボードのキーの引っかかりが原因だと思っていなかった

冬場は寒いので手がかじかみます。

 

指の動きも軽快ではなくなりますので

キーボード操作をしていて指の第二関節などが痛むのは

キーボードの動きが悪いとは気づきませんでした。

 

たまたま購入したPCに付属しているキーボードで

ホームポジションからそれぞれの場所へ指を動かすのに

 

若干遠い感じもしていましたから、

指に付加かがかかっているとも感じていました。

 

指の痛みは主に右の小指と左の小指、

右の中指の第二関節でです。

 

痛みが強くなるにつれて痛い指がタッチしている

エンターキー、ローマ字のAの部分は左右の小指で

 

打つ場所の「戻りが悪くなってきました」

 

キーボードのキーが引っかかるようになって

やっと指の痛みの原因がキーボードのキーの引っかかりや

 

戻りの悪さが原因であることに気づきました。

 

指の第二関節が痛いのを解消するために引っかかるキーボードのキーを掃除して戻りの悪さは解決した?

 

キーボードのキーはクリップなどを隙間部分に入れて持ちあげると

直ぐに取り出すことができます。

 

確かにキーの下は埃があったりしたので、つまようじや

綿棒を利用して引っかかりのあるキーを掃除をしてみました。

 

結果として一時的にはよくなるのですが、

掃除の仕方が中途半端なせいもあるのか

 

キーボードのキーの戻りの悪さが気になります。

 

痛みも解消できないので

思い切って買いかえることにしました。

 

指の第二関節が痛いのを解消する為、キーボード買い替え!新しいキーボードと古いキーボードを比較した結果は?

価格コムでキーボードの価格や口コミを確認して

新しいキーボードをヨドバシドットコムで注文しました。

 

ヨドバシドットコムにした理由は2番目に安い価格であることと配送料が無料で

翌日12時までに到着すると明示してあったからです。

 

実際にヨドバシドットコムから翌日午前10時前には

約束通り、到着しました!

 

スリムなキーボードなのにやけに箱が大きいです。

 

新しいキーボードを開封して打ってみると、

キーの戻りが軽快で指に負担がかかりません。

キーボード

キーボード

 

 

古いキーボードのエンターキーやAのキーの戻りだけが

引っかかっていてきになっていたのですが、

 

新しいものとのキーを打った時の感触を比較すると

古いキーボードは全てのキーボードに引っ掛かりがあることが実感できました。

新キーボード

新キーボード

 

新品に買い替えて比べてみるまで気が付きませんでした。

 

古いキーボードの引っかかる感じは

非常にかすかな感触なので手がかじかんだり、

 

自分自身の指の動きが悪くなっているのかと

自分を責めていました。

新旧キーボード比較

新旧キーボード比較

 

キーボードでの文字入力には

やけに入力に時間がかかるし

 

左の小指第二関節、右の中指の第二関節、右の小指の第二関節を

中心に痛みが強くなっていた理由が

 

新しいキーボードにして理解できました。

 

キーボードのキーの引っかかりや戻りが悪いことで

指の関節に負担がかかると

 

湿布代や下手をすると整形外科への通院費用まで

かかってしまいます。

 

キーボードは掃除をして動きが軽快にできれば

それもいいのでしょうけれども、

 

新しいものに買い替えることで直ぐに解決してしまいます。

 

指の関節の痛みがあってマウスやキーボード操作のし過ぎかなと

思っている方はキーボードの動きがギシギシしているのに

 

気付いていない場合もあるのでご注意をしてください。

 

私の場合は指の関節が痛くなってから3~4か月も経過してから

キーボードの劣化に気付いて

 

痛みを堪えてきました。

 

早めに気づいて買い替えるべきだったと

反省しています。

 

新しいキーボードにしてから軽いタッチで入力可能で、

前よりも素早く入力ができて指に力が入らなくても

 

文字入力ができることに改めて気づきました。

 

 

指の関節が痛む人の中には、

文字入力を多くする人はキーボードフィンガーと言われる

 

キーボードのたたきすぎにも原因があるかもしれませんが、

キーボードを酷使する人は指の健康を考えて

 

キーボードの引っかかりがないのかを

確認してみるといいでしょう。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析