宮城県山元町 復興亘理そば、ソバの花の花見会がテレビで紹介!



宮城県山元町では、2011.3.11の東日本大震災の

津波によって、4300ha(ヘクタール)もの田畑、ブドウ畑などが

壊滅的な被害をうけました。

 

津波被害後に農地を活用して復興のために考えられたのが、

そばの栽培です。

 

そばは短期間で育つことから、復興を果たすには適すると考えられたのも

1つの理由です。

 

山元町で栽培されたそば粉を利用してつくった

復興亘理そば」は新しい特産品です。

 

また、ソバの花の花見会も盛況です。

 

 

宮城県山元町 そば栽培が人生の楽園で紹介される!

 

桔梗さんは、広大な畑でブドウを育てワイナリーを営む農家仲間でした。

しかし2011年3月、ブドウ畑は津波に襲われ、桔梗さんも犠牲になってしまいます。

久光さんは親友のためにと、2年後の夏、ブドウ畑のあった土地に、

綺麗な白い花を咲かせるソバの種をまきました。

それから久光さんは「チームひまわり」の仲間とともに、

復興の力になればと様々な場所でソバを育てるようになりました。

 

出典:宮城・山元町~ 故郷を彩るそばの花 ~

 

 

2011.3.11の東日本大震災から2年後の2013年にはそばを栽培して、

復興の原動力にしようとする取り組みが注目され始めています。

 

山元町で栽培したそばを原料にして作られた、

復興亘理そばが新たな街の特産品になっています。

 

 

山元町産そば粉をつかった「復興亘理そば」が山元町の特産品に!ソバの花の花見会も開催!

東日本大震災の津波で被災した山元町山寺地区の農地で、

8月に植えられたソバの花が満開となった。

生産者や地域住民、支援者らによるソバの花の花見会が12日開かれ、

参加者らは可憐な白い花びらを眺めて楽しんだ。

 主催は、みやぎ生協などで作る「食のみやぎ復興ネットワーク」。

昨年から山元、亘理両町の被災農地などでソバの栽培を支援している。

ソバは今月末から来月末にかけて収穫され、

一部は「復興亘理そば」として県内の生協で販売される予定だ。

出典:宮城・山元の被災農地でソバの花満開

 

復興亘理そばはみやぎ生協を中心にして、販売されます。

県内だけではなく全国販売も行うようになっています。

 

復興亘理そばが食べられるお店は?

亘理産そば粉は宮城県内のそば店にも出荷されているのですが、

わかっている蕎麦屋さんとしては、

 

山元町のそば店「長常」です。

 

店名:そばきり八寸 長常

TEL:0223-37-8788

住所:宮城県亘理郡山元町小平舘63

 

古民家で食べる蕎麦、

贅沢な体験です。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析