避難指示解除後、気候がよい楢葉町再生に向けて帰還しない理由とは?



 

2011/3/11の東京電力福島第一原発事故から

4年以上経過した2015/9/5午前零時に、

 

福島県楢葉町避難指示解除

になりました。

 

2011/3/11東日本大震災の発生から、

4年半も時間かかりました。

 

楢葉町の住人全員が町外へ避難

するという

 

考えられないような出来事を経て、

楢葉町の再生が2015/9/5にスタートした

といえるでしょう。

 

ところが、現実には、

楢葉町の人口約7400人弱のうち

 

帰還する予定の人はわずかに100世帯程度で、人口にして

僅か3%の人達しか戻る予定がありません。

 

楢葉町に対する故郷への思いとは裏腹に、

帰りたくても帰れない実情があります。

 

楢葉町を今後どうやって再生していくかは、

 

故郷に帰れない理由を検証する

ところから始まるでしょう。

 

帰還できない理由を踏まえて新生・楢葉町を

活性化して再生する方法がないか?

考えてみました。

 

 

福島県浜通りの気候は最高!楢葉町の再生のポイントは雪が少なく温暖な環境と海の幸?

 

なぜ楢葉町出身の人たちが避難指示解除後すぐに、

故郷へ帰還できないのでしょうか?

 

その理由を列挙すると、

 

  • 避難先に生活の基盤ができた
  • 放射線に対する健康面の不安
  • 近所の人が戻らない
  • 帰還してもご近所づきあいができない

 

  • 4年以上経過して家が劣化しすぎた
  • 夜、町がまだ暗いという防犯面
  • 病院がまだない
  • 商店が少ない

 

  • 職場がない
  • 学校の再開は平成17年春
  • 子供が避難先の友達と離れたくない

 

など人によって様々です。

 

楢葉町の南方位に隣接するいわき市

非難する人が多いと思いますが、

 

いわき市に避難する人が多かったため、

いわき市内の中古住宅や

 

新築をする為の土地が値上がりして、

いわきバブル」などと

呼ばれてきました。

 

いわきバブルが起きたように、

住宅の取得を町外で決めた人などは

 

避難指示が解除されたとしても、

生活の基盤が避難先に出来上がって

いますので、

 

すぐに楢葉町に帰ることができない

人たちが多いのが実情です。

 

その一方で希望もあります。

 

いわきバブルは3.11のために、

避難する人たちのニーズによって

発生しました。

 

双葉郡から近いということの他に、

同じ福島県の浜通りで、

 

住みやすい気候が似ているという理由で

いわき市に移住者が多かった点も

見逃せません。

海 波

海 波

 

楢葉町がある福島県「浜通り」

の地域は

東北地方の中では

 

冬も割と温暖で雪も少なく、

夏も海風があるせいか

過ごしやすい地域です。

 

関東の連続猛暑日などと比較すると

夏の過ごしやすさの面で、

 

北関東以南の人たちにもアピールできる

暮らしやすい気候があります。

 

 

海の幸、海産物の美味しさは格別で、

積雪の多い日本海側の

山形県や新潟県からも近いことから、

 

楢葉町を含むいわき市周辺地域は

豪雪地帯からの移住先としても

人気がありそうです。

 

楢葉は今が真っ暗闇の時期ですから、

0から作り上げていくことで、

町が再生されて

 

以前よりも活気が増していくことを想像すると

わくわくしませんか?

 

 

 

楢葉町には、

全国的に見ても1年を通じて住みやすい気候があることも

再生の要素になりうるでしょう。

 

自動車と仕事による収入を提供しシングルマザーの移住支援をする島根県浜田市についてはこちら!

 

 

商売も自由にできるようになりました。

他にもいいアイディアがある方は、

 

是非、楢葉町で実践してみては

いかがでしょうか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析