カフェ「みなと喫茶部 夜間部 手芸部」自宅改築開業は駐車場8台分がポイントだった!



2016/4/30「人生の楽園」でカフェみなと喫茶部 夜間部 手芸部」が

紹介されます。

 

自宅を改築して小学校の木造校舎をイメージして

オープンしたといますが、

 

店主がカフェをオープンするには

塩尻市の広丘駅近くの物件を中心に

 

賃貸物件や土地、中古戸建など、

物件探しをしてきた結論です。

 

自宅を改築してカフェ「みなと喫茶部 夜間部 手芸部」をオープンする

きっかけになったのは

自宅前にある土地で駐車場を確保できたからです。

 

 

カフェ「みなと喫茶部 夜間部 手芸部」がある場所を地図で確認

カフェ「みなと喫茶部 夜間部 手芸部」があるのは

JR篠ノ井線線広丘駅の東口にある駅からも近い場所です。

 

住所は長野県塩尻市広丘野村897−15

で、地図でも確認しましょう。

広丘駅東口から東方向へ一直線に伸びる商店街が並ぶ

超一等地ではありませんが

 

駅までわずかに6分でアクセスできるいい場所です。

 

カフェ「みなと喫茶部 夜間部 手芸部」自宅改築開業で弱点は来客用駐車場2台だけだったこと!

広丘駅東口のメイン通りからは一本入りこんでいるので

口コミやファンが付けば成功しそうな立地です。

 

塩尻市は地方の街ですから車社会です。

 

カフェ「みなと喫茶部 夜間部 手芸部」を開業するに

あたっては駐車場が必須です。

 

地図で見てわかる通りカフェ「みなと喫茶部 夜間部 手芸部」

の敷地だけでは十分な広さがなくて

 

来客用の駐車場が確保できていません。

 

本来は自宅を改築しての開業は不可能だったはずです。

20160430塩尻市 カフェ 地図

20160430塩尻市 カフェ 地図

 

地図画像で見るとわかる通り

カフェの敷地の大きさは一般住宅並です。

 

お店に行きたいと思っても

駐車場が敷地内の2台程度のスペースでは

商売が成り立ちません。

 

自宅を改築して念願だったカフェをオープン

できたのは自宅の前にある

 

倉庫敷地の一部を駐車場として5~6台分のスペースを

賃貸できることになったのが決め手になっています。

 

カフェをオープンしたいという希望を持つ人が

多いかもしれませんが、

 

地方では駐車場が確保されない店舗は確率高く失敗します。

 

その点ではカフェ「みなと喫茶部 夜間部 手芸部」店主は

カフェへの思い入れ、手芸への思い入れも強いでしょうけれども、

 

商売を繁盛させるための店舗物件に駐車場を確保するというポイントを

しっかりと抑えていた点が素晴らしいです。

 

不動産投資でも1階部分が店舗のマンションでは

駐車場の台数が確保されているかが

 

入居者が付くかどうか、商売が長く

継続するかの分かれ目になります。

 

 

実際のメニューであるケーキも

美味しそうで評判がいい感じです。

 

カフェ「みなと喫茶部 夜間部 手芸部」 営業時間 店舗情報・駐車場8台分有

カフェ「みなと喫茶部 夜間部 手芸部」の基本情報は次の通りです。

 

  • 所在地:長野県塩尻市広丘野村897−15
  • 電話:0263-54-1989
  • 定休日:月曜日 火曜日(GW中も同じ)
  • 駐車場:有 敷地内2台、近隣5~6台(計最大8台分)

 

電車でのアクセスは先ほどの地図をご参照ください。

広丘駅東口から徒歩6分です。

 

⇒田舎暮らしで長野県安曇野市へ地方移住した元パート主婦は独立し仕事を自ら作った体験とは?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析