ゴールデンウィーク 穴場「新緑 関東ドライブコース」5ルートを紹介!



ゴールデンウィークが到来します。

高速道路はどの方向に動いても

混雑しますし、ドライブコースとしては最悪の状況です。

 

ゴールデンウィークにどこかに行くという

発想ではなく、新緑を楽しめる季節ですから、

 

緑豊かな新緑を楽しめて渋滞から逃れられそうな

関東穴場的なドライブコースについてみていきます。

 

 

ゴールデンウィークの穴場ドライブコースの1つ「奥武蔵グリーンライン」~関東地区埼玉編

奥武蔵グリーンライン」聞いたことありますか?

埼玉県にあるドライブコース、サイクリングコースなのですが、

 

関東の人でも99%の人は知らないのではないでしょうか?

一応ウィキペディアはあるのですが、

 

詳細は記載されていません。

 

奥武蔵グリーンラインは埼玉県毛呂山町から

秩父市に至る、林道です。

 

車の通行量は多くありませんしゴールデンウィークでも

穴場になるでしょう。

 

なぜなら、特別な観光施設や名所があるわけではないからです。

 

奥武蔵グリーンラインがどんなコースなのかは

奥武蔵グリーンラインのドライブコース全貌を地図ツイッターで紹介!

でスタート地点から具体的に説明をしています。

 

何も名所がないですが、自然を愛する人たちなら

走っているだけで爽快な気分になれます。

 

ところどころにある富士山が見える絶景ポイントや

町が見下ろせる眺望がいいポイントで

 

夜景がキレな場所もあります。

 

奥武蔵グリーンラインはあまり知られていませんが、

非日常的な風景として天文岩のような巨大な岩をみたりできます。

 

人が多く集まるわけではないですが、

ドライブコースの穴場としてゴールデンウィークに

 

ゆっくりと景色が楽しめる場所です。

 

ゴールデンウィークに関東から山梨方面へ雁坂峠を通行する穴場ドライブコース秩父~甲府ルート

国道140号線は埼玉県と山梨県を通る道路です。

途中には雁坂峠(かりさかとうげ)もあります。

 

山梨方面は中央高速道路が大混雑します。

都内近郊からの目当ては、山中湖や河口湖などの富士五湖周辺が

1つのターゲットになっています。

 

中央道や国道20号線という混雑するルートを避けて、

山梨県に到達するルートして

 

秩父を走る国道140号線を走って

山梨市や甲府へ入るルートがあります。

 

 

埼玉県と山梨県の峠にあたる

雁坂トンネルを秩父方面から越えると

 

山梨市や甲府市へアクセスできます。

 

秩父周辺では三峰神社、滝沢ダムなどの絶景を楽しんだ後に

山梨方面へのドライブというのもあまり知られていない

穴場ドライブコースです。

 

山梨県に入れば「勝沼ワイナリー」

で食事をするのもいいでしょう。

 

 

ドライバーはダメですが、甲州ワインの味は肉料理と一緒だと

最高に引き立ちますね。

 

 

山梨県は観光スポットが多すぎますが、

穴場とするなら

 

「愛宕山こどもの国・山梨県立科学館」周辺は高台で甲府市の町が一望できる

場所で夜景も綺麗に見える場所です。

 

 

景色を見にドライブに行くのにも適してますし、

子供が公園で遊ぶにも適してます。

 

山梨県の観光スポットといえば富士五湖や清里高原など、

混雑しそうなスポットも多いのですが、

 

「愛宕山子どもの国」は完全に穴場ですね。

 

秩父から国道140号線をドライブしながら

雁坂峠を越えて山梨市や甲府市へのドライブコースです。

 

天気が悪くなければ山梨県のいろんな場所で

富士山が見えるのも楽しい点です。

 

ゴールデンウィークに北関東の群馬方面の穴場は高山村~四万温泉ドライブコース

群馬方面は関越自動車道が通っていますから

新潟方面への帰省や群馬新潟方面への観光客で混雑します。

 

ただし、関越自動車道から外れると割と交通量は少ないものです。

 

例えば群馬県に高山村があるのを知っていますか?

 

知っている人の方がすくないのでは?

 

群馬といえばゴールデンウィークにターゲットになるのは

関越自動車道水上インターもある

 

水上温泉があるみなかみ町あたりです。

 

沼田あたりに出かける人もゴールデンウィーク中はいちご狩りができるので

多いかと思います。

 

敢えて、沼田やみなかみ町など観光地として有名な場所を外して、

高山村方面の吾妻郡エリアへドライブをするのも

お薦めです。

沼田と高山村の境目付近にはロックハート城があることで

知られています。

 

ロックハート城もある国道145号線は美しい山々の

新緑を堪能しながら、

 

ドライブが楽しめるコースです。

 

高山村の中心部に向かって国道145号線を走っていくとその先には

元総理だった平成おじさんこと、小渕恵三氏や

 

娘さんの小渕裕子さんの出身地である

中之条町に入ります。

 

中之条町に何か観光名所でもあるのかといえば、

四万温泉くらいしかない町ですが、

 

綺麗な山々がある景色には癒されます。

 

中之条町から国道145号線を走って長野原町方面へ

走ると吾妻渓谷もあります。

 

中之条町から国道353号線がで北上すると、

四万の病を治すとも言われて命名された

 

四万温泉があります。

 

いつもは閑散としている場所ですが、

ゴールデンウィーク中は予約なしでは宿泊は

 

できまいかもしれません。

 

ただし入浴だけなら予約なしOKな温泉もありますし、

無料で入浴できる温泉もあります。

 

 

地元の人の無料公衆浴場「御夢想の湯」のようなところが、

四万温泉には他にもあります。

 

タオルなどは勿論持参することが必須です。

 

かなりの穴場なのではないでしょうか?

 

北関東栃木好きなら、ゴールデンウィークのドライブコースの穴場は日光市五十里湖方面も

日光方面へのドライブで注意が必要なのは、

ゴールデンウィーク中の「東武ワールドスクエア」周辺の

 

大混雑です。

 

午前中を中心にして車が動きません。

 

そこで東武ワールドスクエア付近の渋滞をうまく避けながら、

日光中心部を越えて、五十里湖へ走るドライブコースです。

 

日光は観光地として有名ですが日光の中心部を越えて

鬼怒川温泉や福島県南会津町方面へ走る

 

ドライブコースは景色がきれいです。

日光市鬼怒川

日光市鬼怒川

 

鬼怒川の渓谷も綺麗に見えます。

 

更に北上すれば川治温泉もあります。

 

 

 

道の駅 湯西川付近

道の駅 湯西川付近

 

川治温泉もすぎるとその先には五十里湖周辺の

山と湖の織り成す景色に癒されますし、

 

「道の駅 湯西川」もあります。

 

 

 

 

このあたりは、渋滞はゴールデンウィーク中でも渋滞はありません。

 

混雑するのは観光スポットとして有名な日光の東武ワールドスクエアのような

人が集中する場所だけです。

 

 

混雑する場所を避けてきれいなゴールデンウィーク中の新緑を楽しむことを

メインにしたドライブコースなら

 

観光の穴場になるでしょう。

 

 

日帰りドライブなら北関東を越えて

日光から南会津町までドライブすることもできます。

 

⇒山間の町を縫うように走る国道121号「日光市~南会津町のドライブコース」

についてはこちらをご参照ください。

 

日光の「道の駅 湯西川」を越えて

「南会津 道の駅 田島」

 

を目指すのも川と新緑が爽快です。

 

GWには穴場スポット=金精峠が開通する北関東片品村~日光ドライブコース

金精峠(こんせいとうげ)は冬期間は閉鎖される北関東では珍しい峠道です。

 

過去には金精峠は有料でしたが現在では無料で通行ができます。

 

片品村は尾瀬があることで知られていますけれども、

 

群馬と栃木の県境であり、片品村と日光の境でもある

金精峠は知る人ぞ知る穴場です。

片品村役場付近から金精峠がある場所までは国道120号線で

僅かに26km弱ですが、

 

混雑も少ない道路ですし、通行できることも知る人が

少ないので穴場ドライブコースです。

 

勿論、金精峠を日光方面に走ると

綺麗な大自然を満喫できます。

 

なんといっても金精峠がある付近の標高が2024mです。

 

金精峠の標高は長野県松本にある上高地の標高1500mをも

越える高さです。

 

 

金精峠は冬場に通行止めになるだけあって人里離れた

大自然を満喫できます。

 

敢えて混雑が予想される日光の中心部には入らないようにして、

金精峠を通る国道120号線沿いをドライブしたり、

 

丸沼、菅沼、戦場ヶ原、中禅寺湖をや

その周辺の山々を眺めるコースです。

 

以上、5コースをご紹介しましたけれども、

「奥武蔵グリーンライン」+「秩父~雁坂峠~山梨ルート」

 

の様につなぎ合わせて活用もできますね。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析