青森県産米新品種「あさゆき」 マエダで購入可能で通販もOK!テレビでも紹介!



日テレ「満天☆青空レストラン」では、

青森県田舎館村で栽培される

 

新品種となる「あさゆき」が紹介されます。

 

東北地方の人なら、青森県にあるスーパー「マエダ」

購入することが可能です。

 

遠方の方は通販も可能です。

 

 

青森県産米新品種「あさゆき」前評判は?満天☆青空レストランでも紹介!

青森県が開発した新品種「あさゆき」の前評判は、

ブランド米「晴天の霹靂」と同じくらいに美味しいという

ものです。

 

青森県内では、2016/10/8に青森県内のスーパーで

発売が開始されるのですが、

 

同じ日に、テレビ番組「満天☆青空レストラン」では、

青森県田舎館村で栽培される新米「あさゆき」が

紹介されます。

 

青森県産米新品種「あさゆき」マエダで購入可能!

青森市の農家でつくる粋生(いきいき)農園「五ツ星グループ」が作付けした

県産米新品種「あさゆき」が8日から、

県内のマエダストア全30店舗で販売される。

冷めても食味が低下しにくいのが特長で、

同グループは「青天の霹靂(へきれき)に負けないおいしさ」

とPRしている。

出典:青森県産米新品種「あさゆき」8日マエダで発売

 

あさゆきが買えるマエダとは?

スーパーのマエダは青森県内で多くの店舗展開をしている会社で、

マエダストア ○○店という名称がついています。

 

10月は紅葉シーズですし、ドライブを兼ねて、

マエダストアに立ち寄ってみるのも

 

青森県ならではの特産品が購入できる

メリットがありますね。

 

青森県産「あさつゆ」の美味しさの理由は?

「あさゆき」は、茨城で開発された、ミルキークイーンの品種改良して

生まれたお米です。

 

品種改良だけされて美味しくなっただけではなく、

お米の味を左右するのは土と水です。

 

青空レストランで紹介された田んぼアートでも知られている、

田舎館村は5000年前、一帯が湿地帯だったため

肥沃な土壌が形成されているのです。

 

田舎館村は、

北に、梵珠山(ぼんじゅさん)

西に、岩木山

東に、八甲田山と櫛ケ峯(くしがみね)

 

があり、山からの良質なミネラルを含んだ雪解け水が

流れてくるので、土や水がいいので、

 

お米も美味しくなります。

 

あさゆきの通販は可能か?

あさゆきは生産量が非常に少ないために、

まだ、通販を手掛けている企業はみあたりません。

 

 

 

 

地元の米問屋さんが、アマゾンで販売しているので、

遠方の方はアマゾンを利用するという方法もありでしょう。

 

群馬方面に行く予定がある方は、

⇒群馬県川場村 ブランド米「雪ほたか」が道の駅で購入可能!値段は高くテレビで紹介!

もご参照ください。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析