服部幸 獣医が猫専門動物病院で繁忙なのは国際猫学会ゴールドの信頼!




「東京猫医療センター」の院長である服部幸獣医が都内で

だけの動物病院を経営しています。

 

動物病院は全国各地にあって需要は増え続けているのですが、

猫だけの動物病院だけで繁忙だというのですから

 

東京で猫をペットとして買う人がいかに多いかが

わかります。

 

また、猫も人間と同様にガンを発症したり、

重篤な症状になるケースが増えている点も見逃せません。

 

服部幸獣医の猫専門動物病院は

国際猫学会でもゴールド認定を受けているいます。

 

 

服部幸獣医が院長の「猫専門病院 東京猫医療センター」はどこにあるのか?

「猫専門病院 東京猫医療センター」の住所や連絡先は次の通りです。

住所: 〒135-0004 東京都江東区森下1丁目5−4

電話:03-6240-2271

地図で見てわかる通り、最寄り駅は都営新宿線と都営大江戸線が

交差している「森下駅」から徒歩1分の場所にあります。

 

一般的には動物病院は地域密着型のかかりつけ医のようなものですが、

交通の便もいいので評判次第では都内全域から

 

来てもおかしくないですね。

 

実際に、服部幸獣医の高い評価は

国際猫学会ゴールドレベルでした。

 

服部幸獣医が経営する猫専門病院はISFM(国際猫医学会)で認定されたゴールドレベルとは?

ISFMとは、国際猫学会(International Society of Feline Medicine)

の頭文字をとった名称です。

 

ISFMは「猫が健康で幸せな一生を過ごせるように」

というスローガンを掲げて、

 

猫の年齢に応じた健康管理のガイドラインを

設けています。

 

国際猫学会では猫の医療についての研究発表会が

毎年行われています。

 

世界中から猫の獣医が集まるのですから

猫が世界中の人たちから愛されていることが分かります。

 

 

服部幸獣医も国際猫学会に加盟をしていて、

熱心に研究結果を学び続けています。

 

よく医療の場では患者さんの為にという

言葉が使われますが、

 

猫の医療の場でも「猫のために」

という気持ちで研究が行われていることが分かります。

 

しかも、服部幸獣医の猫専門病院は

国際猫学会のゴールド認定を受けています。

 

国際猫学会ゴールド認定とは

国際猫学会に加盟している動物病院の中でも、

 

国際基準において一定のレベル以上の病院を

「キャット フレンドリー クリニック」(=Cat Friendly Clinic)として、

ゴールド、シルバー、ブロンズの認定をしています。

 

猫、猫の飼い主、獣医と病院の3者の関係が良好でなければ

国際猫学会ゴールド認定は受けられないでしょう。

 

服部幸院長が猫専門獣医になるきっかけは父親が獣医でキャットショーの審査員だった

お父様が獣医だから自然に獣医であって

獣医の仕事とは別にキャットショーの審査員まで勤めていたことで、

 

猫が普通の人よりも好きなことは間違いないです。

キャットショーでチャンピオンになった

猫の子供は高値で売買されています。

 

それだけ猫の愛好家にとっては血統や

毛並みにまでこだわる人たちがいます。

 

猫1匹に15万円、20万円と支払いをする人たちが

注目をするキャットショーの審査員を務める父親がいれば

おのずと猫に対する興味や愛着も半端ではなかったのでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析